29年911カレラ スポーツクロノPKG、991後期ツインターボ オプション多数 法人ワンオーナー 2,1万Km 極上車

年式:平成29年 / 走行距離:21,341 km / 修復歴:なし / 車検: 令和 4年7月
  • 29年911カレラ スポーツクロノPKG、991後期ツインターボ オプション多数 法人ワンオーナー 2,1万Km 極上車_極上ワンオーナー正規ディーラー車
    閉じる

    極上ワンオーナー正規ディーラー車

  • 29年911カレラ スポーツクロノPKG、991後期ツインターボ オプション多数 法人ワンオーナー 2,1万Km 極上車_旧モデルより更にワイド&ローな印象
    閉じる

    旧モデルより更にワイド&ローな印象

  • 29年911カレラ スポーツクロノPKG、991後期ツインターボ オプション多数 法人ワンオーナー 2,1万Km 極上車_ついに新時代の3LツインターボFLAT6を搭載
    閉じる

    ついに新時代の3LツインターボFLAT6を搭載

  • 29年911カレラ スポーツクロノPKG、991後期ツインターボ オプション多数 法人ワンオーナー 2,1万Km 極上車_まるで芸術作品の様に美しいボデイライン
    閉じる

    まるで芸術作品の様に美しいボデイライン

  • 29年911カレラ スポーツクロノPKG、991後期ツインターボ オプション多数 法人ワンオーナー 2,1万Km 極上車_極端に使用感の薄い極上禁煙インテリア
    閉じる

    極端に使用感の薄い極上禁煙インテリア

  • 29年911カレラ スポーツクロノPKG、991後期ツインターボ オプション多数 法人ワンオーナー 2,1万Km 極上車_3L直噴フラットシックス ツインターボ370PS
    閉じる

    3L直噴フラットシックス ツインターボ370PS

  • 29年911カレラ スポーツクロノPKG、991後期ツインターボ オプション多数 法人ワンオーナー 2,1万Km 極上車_純正オプション20インチスパイダーデザイン
    閉じる

    純正オプション20インチスパイダーデザイン

  • 29年911カレラ スポーツクロノPKG、991後期ツインターボ オプション多数 法人ワンオーナー 2,1万Km 極上車_唯一無二の伝統を受け継ぐサイドビュー
    閉じる

    唯一無二の伝統を受け継ぐサイドビュー

  • 29年911カレラ スポーツクロノPKG、991後期ツインターボ オプション多数 法人ワンオーナー 2,1万Km 極上車_ポルシェファンならずとも瞬時に911と認識
    閉じる

    ポルシェファンならずとも瞬時に911と認識

  • 29年911カレラ スポーツクロノPKG、991後期ツインターボ オプション多数 法人ワンオーナー 2,1万Km 極上車_名言、最新のポルシェは最良のポルシェ
    閉じる

    名言、最新のポルシェは最良のポルシェ

  • 個数
    1
  • 開始日時
    2021.07.26(月)10:10
  • 終了日時
    2021.08.08(日)20:01
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり
  • この商品で使えるクーポンがあります

    利用条件を見る
    ヤフオク!初めての方はログインすると
    (例)価格2,000円
    クーポン利用で

    1,000

    で落札のチャンス!

    いくらで落札できるか確認しよう!

    ログインする
    現在価格
    10,580,000円(税 0 円)
    参考諸経費
    あり

    (内訳)

    • 諸費用
      あり
    • 法定費用
      あり
    • リサイクル預託金
      21,570円 (税 - 円)
    • 諸経費については参考価格です。
    • 詳細は出品者にお問い合わせください。
    • 諸経費は落札金額とは別に必要になります。
  • 入札

    閉じる

    Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

    Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

    Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

    配送方法と送料(

    閉じる
    への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)
    配送情報の取得に失敗しました

    送料負担:出品者

    発送元:兵庫県 西宮市

    海外発送:対応しません

  • 出品者情報

    hide9284さん
    総合評価: 404
    良い評価 100%
    出品地域:
    兵庫県 西宮市

商品説明

自動車基本情報
メーカー名 ポルシェ 車種名 911カレラ スポーツクロノパッケージ
グレード名 911カレラ スポーツクロノパッケージ 排気量 2,981 cc
年式 平成29年 (2017年) 7月 輸入車モデル年式 平成29年(2017年)
走行距離 21,341 km 走行距離の状態 実走行
色系統 シロ系 色の名称 ピュアホワイト(C9A)
車検有効期限 令和 4年7月まで ミッション オートマチック(AT)
ボディタイプ クーペ 型式 ABA-991H1
車両詳細情報
ドア数 2ドア 乗車定員数 4人乗り
駆動方式 2WD 燃料 ガソリン車
点検記録簿 あり 修復歴 なし
車台番号(下3けた) 772 リサイクル預託金 21,570 円
輸入経路 ディーラー車 ハンドル
車歴 自家用 所有者歴 ワンオーナー
引き渡し条件 応相談
装備品
エアコン スマートキー サンルーフ ローダウン
パワステ CD 本革シート 禁煙車
パワーウィンドウ MD 純正エアロパーツ ペット同乗なし
集中ドアロック DVDビデオ 純正アルミホイール 限定車
ABS テレビ 横滑り防止装置 試乗、現車確認可能
エアバッグ ナビゲーション トラクションコントロール 取扱説明書
ETC バックカメラ 寒冷地帯仕様車 新車時保証書
キーレスエントリー 電動スライドドア 福祉車両 スペアタイヤ

コメント

最高の911カレラ スポーツクロノパッケージ 正規ディーラー車が入庫致しました。もちろん修復歴なし、走行距離管理システムOKの極上低走行法人ワンオーナー車になります。当該出品車は弊社の大切なお客様(企業オーナー様)が新車から完全屋内ガレージにて大切に所有されていたお車で、今回は新車992カレラにお乗り換えのためのご売却になります。約300万円のオプションが装備されている希少な1台、主な概要としては「991後期」のためパワーユニットは直噴DOHCフラットシックス3Lツインターボで最高出力は前期NAモデル+20PSの370PS、後期モデルからPASM(センサーの数が大幅に増えた第9世代新型PASM)が標準搭載されております。オプション装備としましては、スポーツクロノパッケージ(QR5 ¥404,000-)、ポルシェダイナミックライトシステムPDLS(603 ¥128,000-)、パークアシスト(リバーシングカメラ付)(638 ¥290,000-)、チルト/スライド式電動ガラスサンルーフ(653 ¥409,000-)、20インチRSスパイダーデザインホイール(460 ¥584,000-)、電動格納式ドアミラー(748 ¥55,000-)、マルチファンクションヒーテッドステアリング(489 ¥85,000-)、シートヒーターフロント左右(342 ¥86,000-)、カラークレストホイールセンターキャップ(446 ¥30,000-)、カロッツエリア地デジTVチューナー、スポーツエグゾーストシステム、レッドブレーキキャリパー、フロアーマット、ボディコーティング、などになります。中でも991のエキゾーストシステムは①カレラ標準エグゾースト、②カレラS標準エグゾースト、③オプションスポーツエキゾーストシステムの3種が存在しますが、当該出品車に搭載されておりますのは最もスポーツ性が高い③(704,700-、クルーズコントロールシステム共)になります。



911カレラスポーツクロノパッケージ(オプション多数搭載車)法人ワンオーナー極上車



新型911カレラ(タイプ991)は2011年8月に正式発表、翌9月フランクフルトモーターショーで世界デビューを飾り、同年11月より日本での受注が開始されました。続いてカレラ4、911ターボ、と毎年上級モデルが順次発表され常に世界中から注目を集め続けていたのもまだ記憶に新しいところです。

991はポルシェ史上大きな転換期を迎えたモデルで、前期カレラでは3,436cc水平対向6気筒350PS自然吸気エンジンが搭載されていましたが、後期モデルカレラである今回出品車は、2,981cc水平対向6気筒ツインターボ370PSへと刷新されております。排気量が小さくなりながら最高出力・トルク共に増大しており更に燃費性能まで12%も向上するという、緻密なデジタル制御技術を要する現代のフラットシックス・パワーユニットへと昇華しております。そしてよく話題になりますが、ツインターボ化により911の魅力は失われてしまったのでしょうか・・・私見になりますがその答えはNOであると言えるでしょう。

1964年のデビュー以来かたくなに「自然吸気の水平対向6気筒」にこだわっていたポルシェ 911カレラ系のエンジンが、ついに今回出品車から「3Lのダウンサイジングターボ」に変更されました。このダウンサイジングターボ化は時代の要請であり、なおかつそれにより性能自体も全体に上がっているわけですが、昔ながらの911の味わいを愛好している人の一部からは「ターボ化された後期型はイマイチ好きじゃない……」という声が上がっているのも事実です。カミソリのごとくシャープなスロットルレスポンスは堕落していないか、目をつぶっていても911と判る独特のハスキーなエキゾーストノートは失われていないか・・・そんな心配はイグニッションキーをひねりエンジンに火が入った瞬間に「安堵」へと変わります。従来型から排気量が削られ、排気系には混合気充填装置であるターボチャージャーが2基加えられたため音量がわずかにダウンした印象は受けますが、いかにもメカニカルで独特なフラット6パワーユニットが奏でる音質は、ポルシェファンならずとも明らかに911の血統を正当に受け継いでいる事を瞬時に理解する事ができます。このニューエンジンの開発目的が「効率の改善」という現代の要請を受けたものであるのは間違いありませんが、それでもポルシェファクトリーの技術者は「ツインターボエンジンの開発で最も留意を払ったのは、従来と変わらずエモーショナルであること」と断言しています。「スロットルオンから加給圧が上昇するまでのタイムラグは避けようがない」というターボエンジンの常識は、ポルシェが送り出したこの新世代ツインターボフラットシックスにはもはや当てはまりません。何の予備知識もなしにこのクルマのステアリングを握ったら、たとえ多くの経験を積んだベテランドライバーでも「ターボエンジン」とは思わないでしょう。つまり最高出力発生ポイントの6500rpmを過ぎても一切頭打ちする事なく、そのままレブリミットの7500rpmまで一気に回りきってしまう、それほどまでにこのエンジンは自然でシャープなレスポンスを実現しており、0-100km/h加速4秒台、最高速290km/hオーバーというスーパースポーツモデルのスペックを生まれながらにして備えているのです。



希少な完全屋内ガレージ保管ワンオーナー極上車、前オーナー様は992にお乗り換えのためのご売却です。



991モデルの最大の特徴は車体への大幅な軽量金属導入であり、これによって997との比較で剛性を高めながら何と60kgもの軽量化に成功しています。主にアルミニウム合金がドアやフロントからボンネットの外装など広範囲に用いられたため、ポルシェ自身が「軽量高剛性スチール・アルミハイブリッドシャーシ」とアナウンスしています。またセンタートンネル近辺には何とマグネシウム合金まで使用、997と比較してAピラーは寝かされヘッドライト間の距離も長くなり、ホイールベース及び全長も延長された事で全体的にワイド&ローの印象が強くなりましたが、実は全高はほとんど変化していません。そしてポルシェレース部門からの要求でホイールベースを延長しフロントトレッド幅も拡大、外観上はこれまで不評だったボクスターとの共通部品はなくなり現代的に刷新されましたが、最大幅(1,810mm)や空気抵抗係数(0.29)は先代997と共通スペックになります。レイアウト的にエンジン搭載位置は変更ありませんが、ホイールベースの大幅延長に伴い後輪の位置が変わった事で、ドライブシャフトとトランスミッションの角度がより好ましいものに修正されている点が特筆されるでしょう。標準ホイールは19インチですが、今回出品車では新車時から純正オプションの20インチRSスパイダーデザインホイール(オプション価格¥584,000-)が装着されています。前期モデルでオプションだったPASM(可変減衰力ダンパー)は、出品車(後期モデル)では更に4つの車高センサーが追加され前期モデルより制御精度が向上した第9世代新型PASMを何と標準搭載、リヤエンジンフードを開けてもエンジン本体は見えずオイル交換や冷却水追加などのメンテナンス用開口部となり、電動可変リヤウイングは20%の軽量化を達成すると共に角度・面積共に拡大され更に効果的にダウンフォースを発生するようになりました。



極端に使用感の薄い完全禁煙極上インテリア



乗り味として997と比較すると更にリヤの安定感が増しており、これはもはや癖のあるRRを意識させないくらいの好印象で、これまでの911とは完全に異なった「ワンランク上のハイパフォーマンスGTカー」を彷彿とさせる領域に到達していると表現する事ができるでしょう。そのためか「911らしくない」などと自動車評論家達が囁いておりますが、ホイールベースの大幅延長によって極端にピッチングが抑制され上質な乗り心地となった副産物として、矢のように突き進む直進安定性や超高速コーナーでのスタビリティが大幅に増大しており、この味付けが「ポルシェレーシングディヴィジョン」からのオーダーであった事を決して忘れてはなりません。そうです、これ等は全て911の古き良き伝統の上に幾重にも重なり合っており、「時代」に翻弄されながらも決して歴史を御座なりにする事なく正常進化を遂げてきた集大成である事は間違いありません。私たちポルシェ愛好家には、これからも911が変貌を遂げてゆく先に何が待ち受けているのかを見届ける責務が課されていると総ずるのは決してナンセンスではない筈です。



オプション装備の各種オペレーションスイッチ付きステアリング、スポーツエキゾーストスイッチ付きセンターコンソール、フロントラゲッジスペースやリヤエンジンフード周りをご確認下さい。



991の内装はセンターコンソールの両側にスイッチ類が並べられる「パナメーラに準じた手法」が用いられています。中央のタコメーター右にはVGAディスプレイが用意され、左右前後方向のGをはじめ様々な情報が表示されます。室内居住空間は、ホイールベースの延長に伴いレッグスペースが僅か6mm拡大したのみで997と同等ですが、唯一後部座席背面の荷物収納スペースが明らかに広くなっており、フロントトランクの容量はやや減少です。その他の特徴としては、燃費改善のため911としては初めてパワーステアリングを電動化、減速時集中的にバッテリー充電を行うエネルギー回生システムとアイドリングストップ機能を導入、運転席ペダル類のアーム断面積が拡大され剛性が高められており、エアコンオペレーションも左右独立温度調整式に変更されています。911初の電動可倒式サイドミラーも出品車にはオプション搭載されており、サンルーフもアウタースライド式となり先代よりも室内スペース確保に寄与、そしてそのサンルーフの状況(開度やチルトアップ状態)に連動してリヤスポイラーの角度と高さを最適位置に自動制御するシステムの採用には驚かされます。数々の新装備や高性能化が果たされ、後期モデル(今回出品車)では新世代3Lツインターボパワーユニットまで新搭載されましたが、2019年12月20日をもって生産を終了し992型へとそのバトンを渡し現在に至ります。



希少な純正オプションの20インチスパイダーデザインホイールをご確認下さい。わずかに小傷がございますが、弊社希望価格にてご落札下さったお客様には、無料サービスで専門業者による本格的なリペアーにより無傷新品状態に仕上げてお届けさせていただきます。



991の新型直噴エンジンは燃費向上のため冷却水の管理温度を従来の85℃から105℃へと高められており、室内メーターには常に90℃と表示されていますが、現実には95~115℃の範囲で管理冷却されています。管理温度が上昇すると更に冷却性能を高める必要があり、991では大容量化のためラジエーターを左右分割して前輪の前に配置しその裏側にエアコンのコンデンサーを設置、更にその後方に強力な吸出し式の電動ファンが左右各1基設けられています。そして連続スポーツ走行などの高負荷時にはエンジン保護のためサーモスタットを強制的に全開口し、その際の水温を85℃に下げる制御が設けられている点は「流石ポルシェ」と言えるでしょう。またホイールベース拡大に伴いエンジンとトランスミッションの角度が最適化された事により摩擦抵抗を低減し燃費を2%改善、100km走行するのに必要なガソリン量を、アイドリングストップで0.6L、エンジン・トランスミッションの温度管理とバッテリー回生システムで0.35L、PDKの空走システムで最大1L、電動パワーステアリングで0.1Lの削減に成功しています。またオイルポンプは997型を改良した可変容量式で、走行条件に合わせた吐出量を無段階調整制御するインテリジェントなシステムとなっています。



溜息が出るほど美しいボディラインを誇る唯一無二のエクステリアは、GTシリーズのアグレッシブかつレーシーな印象とは全く異なる伝統的エレガンスに満ち溢れている・・・と表現する事ができるのではないでしょうか。GTシリーズでもターボモデルでもなくカレラ・・・当該出品車を選択した貴兄は紛れもないポルシェパラノイアであると言えるでしょう。





(ご挨拶)

この度は弊社の出品車両をご閲覧下さいまして誠にありがとうございます。 弊社では「価格を超える価値のある素晴らしい車両状況を誇る極上車」だけを厳選し、一般的な消耗部品点検だけではなく全車診断機により要整備個所を抽出すると共に、熟練スタッフによりあらゆるステージでの充分な実走行テストを繰り返すなど「お客様の立場に立った徹底診断」を実施しており、これらを全てクリアすると共に「社主である私自らが心の底から所有したいと思う特選車」のみをご案内させていただいております。

利益至上主義の中古車販売業者が溢れるこの業界において、仕入れ~点検整備~お届けまで全てのプロセスで「これから長くお乗りいただくお客様の視点」を常に念頭に置く事により、北海道から沖縄県まで全国全てのお客様に感動と喜びをお届けする事を「弊社の社会的責務」と考え、履歴の残っていないものまで含めますと530台を超えるお取引を重ねて参りました。「遠隔県のお客様がインターネットで車両を購入する事」に関するお客様側の全てのリスクを排除し、ご検討~御落札~現車確認~登録納車まで弊社が責任を持ちましてご案内させていただきます。

弊社の経験によりますと「素晴らしいお車との出会い」は「ご縁のものである」と表現する事ができます。中古車は1台1台全て装備や車両状況が異なりますので、車種にもよりますが「同程度の個体を探して欲しい」とご依頼下さいましても、数か月に渡りお待ちいただくケースもございます。お車選びで大切なのは、(1)信頼できる自動車商に依頼する事、(2)ご予算には少々の余裕を持つこと、(3)素早い判断と迅速な決断、の3点に尽きると言えます。

何よりも「お客様が素晴らしいお車と巡り遭われます事」をスタッフ一同切望致しております。どうぞご安心してお車選びをお楽しみ下さい



(お取引条件)

(1)御落札価格以外に必要な費用

スタート価格(御落札価格)は消費税不要・現状でのお引渡し価格です。御落札価格の他には月割り自動車税(~3L、8月登録)29,700-、リサイクル料¥21,570-、が必要となります。弊社の出品車両は全車スタート価格からの売り切り出品になります。状況にもよりますが、スタート価格での即決もお気軽にご相談下さい。

(2)納車にかかる交通費

御落札後、全国どちらまででも有料道路通行料(地域によってはフェリー輸送費)、燃料費(実費)、帰路徒歩交通費(実費)、納車経費¥18,000(東北地方以北及び九州以南は¥25,000又は別途お見積り)にて自走でうかがわせていただきます。当然、現車をじっくりと御確認・御試乗いただいた結果の最終決定で結構です。弊社ではしっかりと現車を御試乗の後に最終決定いただける「自走納車」を推奨し御好評いただいておりますが、車検のついていない一時抹消済みのお車に関してのみ、業者輸送によりお車だけをお届けする方法もございますので別途お問合せ下さい。登録納車先市町村名までをメールにてご通知いただけましたら「乗り出し総額」を御案内させていただきます。

(3)お下取り車につきまして

ディーラーや買取り業者の査定にご満足でしょうか。もちろんお下取り車も大歓迎です。高価買取りで全国のお客様にご好評いただいておりますので是非ご利用下さい。過走行車及び処分車両も引取り抹消サービスなどの対象となりますので是非御相談下さい。

(4)御入札前の現車確認につきまして

出品車両は全て弊社所有車両ですので、現車確認・試乗を御希望のお客様はいつでも遠慮無くお申し付け下さい。(他府県出張などで急な御要望には対応できない場合もございますので、日程には余裕をもってご相談下さい)

(5)オートローンの御利用につきまして

高年式の上質車をお安く提供させて頂くため現金でのお取引を希望しておりますが、弊社が代理店を務めます大手信販会社のオートローン「実質年率3,7%分割お支払い契約」も御利用いただけます。御利用に際しては審査があり、審査合格後オークションに参加していただく流れになりますので、御希望のお客様はお早めに掲載文末尾のアドレスまでメールにてお申し出下さい。

(6)現車確認後のキャンセルにつきまして

万一、現車確認・御試乗の結果としてキャンセルいただく場合、キャンセル料・YAHOO出品料・往復にかかる交通費の一部負担などをお客様にお願いする事はありません。全車テスター診断の実施や入念な実走テストなど、確かな技術と豊富な経験による点検整備を実施した素晴らしい車両状況のお車しか出品しておりませんので、万一現車確認時に気になる点がある場合は「無償キャンセルOK」をお約束させていただいております。

(7)登録名義変更につきまして

原則としてお客様側での自走引取り及び名義変更登録はご容赦いただいております。弊社にて登録名義変更まで格安にて承っておりますので是非御利用下さい。まずはお客様側にて車庫証明を申請していただきます。必要な書類や申請要領書などは全て弊社からお送り致します。とても簡単ですので初めてのお客様でも是非挑戦してみて下さい。車庫証明出来上がり日の翌日以降、平日午前中に管轄の陸運支局駐車場(又はお仕事先付近やご自宅など御相談に応じます)まで自走でうかがわせていただきます。御挨拶の後にしっかりと現車を御確認・ご試乗いただいた結果がOKでしたら、お支払を頂戴してその場でお客様名義に変更登録~お引渡しさせていただきます。希望番号も実費のみで承っておりますのでお気軽にお申し付け下さい。

この出品車・お取引に関するご質問、質問欄ではスペース不足の場合、質問内容・連絡事項に個人情報を含むため非公開としたい場合、オートローンの御利用希望の場合など、どうぞご遠慮なくhide9284@yahoo.co.jp までメールにてお申し付け下さい。

弊社(K's Auto Gallery)ホームページも是非ご閲覧下さい

支払い

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • -PayPayPayPay
    • -クレジットカードYahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
    • -PayPay銀行支払い
    • -銀行振込(振込先:PayPay銀行)
    • -コンビニ支払い
    • -Tポイント
  • 銀行振込
    • -神戸信用金庫