整理番号⑭ SONY 製プリメインアンプ TA-1120F 純正ボックス型ウッドケース入り完動・超美品

  • 整理番号⑭ SONY 製プリメインアンプ TA-1120F 純正ボックス型ウッドケース入り完動・超美品_外観・内部・ケース共々大変キレイです。
    閉じる

    外観・内部・ケース共々大変キレイです。

  • 整理番号⑭ SONY 製プリメインアンプ TA-1120F 純正ボックス型ウッドケース入り完動・超美品_ピンジャックプロテクター・取り説等付属
    閉じる

    ピンジャックプロテクター・取り説等付属

  • 整理番号⑭ SONY 製プリメインアンプ TA-1120F 純正ボックス型ウッドケース入り完動・超美品_大きなキズ・クスミ等無く大変キレイです。
    閉じる

    大きなキズ・クスミ等無く大変キレイです。

  • 整理番号⑭ SONY 製プリメインアンプ TA-1120F 純正ボックス型ウッドケース入り完動・超美品_左側面もキレイです。
    閉じる

    左側面もキレイです。

  • 整理番号⑭ SONY 製プリメインアンプ TA-1120F 純正ボックス型ウッドケース入り完動・超美品_右側面もキレイです。
    閉じる

    右側面もキレイです。

  • 整理番号⑭ SONY 製プリメインアンプ TA-1120F 純正ボックス型ウッドケース入り完動・超美品_背面パネルはサビ・汚れ無く大変キレイです
    閉じる

    背面パネルはサビ・汚れ無く大変キレイです

  • 整理番号⑭ SONY 製プリメインアンプ TA-1120F 純正ボックス型ウッドケース入り完動・超美品_底面もこの通り大変キレイです。
    閉じる

    底面もこの通り大変キレイです。

  • 整理番号⑭ SONY 製プリメインアンプ TA-1120F 純正ボックス型ウッドケース入り完動・超美品_大変にキレイなフロントパネル(左側)
    閉じる

    大変にキレイなフロントパネル(左側)

  • 整理番号⑭ SONY 製プリメインアンプ TA-1120F 純正ボックス型ウッドケース入り完動・超美品_大変にキレイなフロントパネル(右側)
    閉じる

    大変にキレイなフロントパネル(右側)

  • 整理番号⑭ SONY 製プリメインアンプ TA-1120F 純正ボックス型ウッドケース入り完動・超美品_最終音出しチェック中の本機
    閉じる

    最終音出しチェック中の本機

  • 個数
    1
  • 開始日時
    2019.09.16(月)23:02
  • 終了日時
    2019.09.19(木)23:02
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり
  • この商品で使えるクーポンあります

    現在価格
    138,000円(税 0 円)
    送料
    即決価格
    148,000円(税 0 円)
    送料
    今すぐ落札する
  • 入札

    閉じる

    Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

    Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

    Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

    配送方法と送料(

    閉じる
    落札後いずれかの配送方法をお選び下さい
    への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)
    配送情報の取得に失敗しました

    送料負担:落札者

    発送元:神奈川県

    発送日までの日数:支払い手続きから1~2日で発送

    海外発送:対応しません

  • 出品者情報

    kubota4477さん
    総合評価: 552
    良い評価 100%
    出品地域:
    神奈川県

商品説明

カテゴリ
状態
  • 目立った傷や汚れなし
ソニー製ピュアプリメインアンプTA-1120Fの完動・超美品の出品です。
シリアルNo 20442です。

純正ボックス型ウッドケース入りです。徹底的に洗浄・清掃・磨き込みを行い、音出し不具合項目は、下記の通り全て完全に修理済みの品物です。(整備期間 約2.5ヶ月)

主な不具合と修理内容は下記の通りです。

①音出し上は、何ら問題ありませんでしたが、パワーTrの絶縁抵抗測定時、入手品は、4個共、本来1種類であるはずの品番が、(2SD316)と(2SD88A)が2個ずつ使用されており、その内の1個が、絶縁抵抗が低下しておりました。

この為、互換品で世界各国の電源レギュレーターで多用され、信頼性抜群のSTマイクロエレクトロニクス社製 2N-3055・・・4個に交換済みです。絶縁抵抗は、4個共、同一値で大変優秀です。
参考までに取り説等入れてあるクリアーバインダーの巻末に、その実測測定表を入れて有ります。

②トーンSWをキャンセルにすると正常に音出し出来るが、オン側にすると、音量が下がる。

原因は、電源基板のツエナーダイオード(1T243)及び制御用Tr(2SC634A)の不良でしたので、手持ち在庫品の純正同一品と交換し修理完了。

③最終音出しチェック終了後、電源を切った時、Lchのみ(ボンツ!)というポップ音が発生しました。

原因は、トーン基板の前段の差動回路用Tr( JRC製2SA611)の不良でした。手持ちの同一品と交換し修理完了です。


その他、細かな電圧変動・残留ノイズ等対策として下記部品を新品交換しています。

①背面パネルACコンセントのスパークキラーを同一仕様品に交換(この部品のパンク不良は経年品で結構発生します。)

②全基盤のソリッド抵抗(1/2W型)を10個共全て酸化金属皮膜抵抗(2W型)新品に交換。(この抵抗は、基本構造的に経年で抵抗値が大きくなる不具合が多発する、この為、発売後、数年で市場から消えた。)
悪名高い、(ヒューズ抵抗)と同じ運命!!!

③全基盤の(電解コンデンサー)を高品位オーデイオ用新品に交換済み。(全43個)

④音量VR及びバランスVRをアルプス電気製高級デテントVR・新品に交換済みです。(同一仕様品です!!)

このボリュームは、現在、100KΩ以下の抵抗値が標準在庫品で本機に使用されている250KΩは入手がほぼ不可能の状態です。
私は、このTA-1120Fの他にTA-1120A及びTA-2000F等、今後15台程の整備残がある為、予備を含め20台分購入し在庫しています。!!!


以上が主な修理・交換部品の概要です。詳細は、後述する詳細な整備内容と写真を参照願います。

それでは、本機の概要を簡単に記述しておきます。

①フロントパネル及び背面パネルとも大きなキズ・サビ等無く大変キレイだと思います。

②純正ボックス型ウッドケースは、入手時、あまり程度の良いものでは、ありませんでしたが、私の精一杯の整備で一応写真の通りまで仕上げました。
オマケ程度に御考え下さい。

③ボンネットケースは、小さなサビ・クスミ等有りますが概ねキレイです。

④底板は、サビ・クスミ等ほとんど無く、大変キレイです。

⑤シャシー内部は、後述するアルカリ電解水にて洗浄後、清水にてススギ、十分乾燥後、適宜、防錆・ポリッシュ済です。
一度ケースを外して中を見て頂きたい程キレイ!!です。


次に電気的チェックの結果を下記に列記致します。

①マイク入力・フォノ入力・チューナー・AUX・テープ等全入力とも全て正常に音出し、ノイズ・ガリ等無くOKです。
特筆したいのは、フォノ入力は、取り説にも記載が有りますが、超低ノイズの為、MCカートリッジもダイレクトに繋いで完全に実用になります。

②スピーカー出力(メイン・リモート)・ヘッドフォン出力・プリアウト・REC OUT出力とも全て正常出力です。

③ファンクションSW・モードSW・ロー・ハイフィルターSW・トーンコトロールSW・モニターSWの切り替え正常・不快なノイズ・ガリ等無く動作します。

④音量VR及びバランスVRは、アルプス電気製高級デテントVRに交換済みの為、今後何十年もガリ等に悩まされる事は有りません!!!
又、バランスVRは、センタークリック付きの為、非常に使い易いです。

⑤DCバイアス測定用のコネクターを新設し、どなたでも超簡単にテスターにてチェック出来るようにしてあります。
DCバイアスは基準通り25mVにADJしDCバランスは、0mVにADJし、その後、約2時間程試聴後、再チェックしましたが、ドリフト(変動)は、何と2mV以内で非常に優秀でした。

これは、電源回路の優秀さと共に、SKエレクトロニクス製のパワーTrの素性の良さを証明しているものと思います。


以上です。付属品は下記の通りです。

①ピンジャックプロテクター(20個入り)(オーデイオテクニカ製)新品

②入手が難しい(日本語取り説コピー)・(専用詳細カタログコピー)・(その他プロフィールコピー)及び(パワーTrの実測絶縁抵抗測定表)
以上をクリアーバインダーにお入れして御付けします。

特に取り説は、非常に専門的な内容で大変参考になります。差動回路等の専門的な技術説明も記載されています。

③ソニー純正ショートプラグ(2個)

④基板から取り外した古い電解コン・ソリッド抵抗等を参考迄に付属致します。


尚、約50年近い経年品に付き、私の手を離れた後の保障は一切致しかねます。ノークレーム・ノーリターンを遵守出来る方のみの御入札を御願い申し上げます。
但し、到着後、1週間以内で、(電源が入らない)・(音が出ない)・(酷いひずみ音)等、の重大不具合については、元払い発送後、(修理)(返金)に応じます。尚、返金額については、落札金額から入札手数料(落札金額の8%)を差し引いた金額になる事を御了承願います。

発送は、(ヤマト宅急便)又は(ゆうパック)のみの限定です。発送料金の基になる荷物サイズは、120サイズです。

元払い・着払い・配達時間の御指定等、落札者様の御希望に従います。


(入札に関する重要事項)・・・下記4項目に該当する方は入札を御控え願います。たとえ入札・落札されても(落札者都合による削除)処理をさせて頂きます。

①評価新規の方。
②評価の内、(非常に悪い)が全評価の5%以上の方。
③外国人で日本語の読み・書きが出来ない方。
④落札後、2日以内の取引ナビ連絡及び5日以内の御入金手続きの出来ない方


それでは、ヤフオク10枚及びフォトアップ7枚の写真を御覧頂き御入札の参考になさって下さい。


xkcqx

 
↑ アルカリ電解水のて洗浄・濯ぎ・乾燥中の本機 ↑

 

 

 
↑ 徹底的に洗浄・清掃・ポリッシュ済の各ユニット ↑

 

 

 
↑ 電源トランス引き出し線等のコネクター化 ↑

 

 

 
↑ パワーTrの抵抗測定・清掃・高性能グリス塗布 ↑

 

 

 
↑ 音量VR・バランスVRの高級デテントVRへの交換 ↑

 

 

 
↑ スパキラー交換・電源プラグ清掃・バイアス測定用コネクター ↑

 

 

 
↑ 全基盤の全ての電解コン及びソリッド抵抗の高級品への交換 ↑

 

 

・・・ 上記の画像は フォトアップで掲載しました ・・・
 



(追記ー1)主な整備内容について列記致します。

①電源トランス・ヒートシンク・パワートランジスター・底板サブシャシー・プリント基盤取り付け板を外した状態で、シャシー内部をアルカリ電解水にて洗浄・清水にて充分なススギ、その後時々エアーブローしながら自然乾燥。

②レバースイッチ軸のサビ取り及び防錆処理。

③ロータリースイッチの丸型ツマミの取り付けビス(イモネジ)のサビ取り及び防錆処理。

④ボンネットケースをクレ製LOOXにてポリッシュ。

⑤フロント化粧パネル及び各ツマミを(お風呂ルック)にて洗浄後、クレ製LOOXにてポリッシュ。

⑥底板サブシャシー・入力ジャックシールド板・信号基板取り付け板をアルカリ電解水にて洗浄後、クレ製LOOXにてポリッシュ。

⑦ヒートシンク清掃及び絶縁マイカの清掃・放熱用グリス新品交換塗布。(パソコンCPU用高性能シリコングリス使用)

⑧パワートランジスター(2N3055)4個の抵抗測定及び実測表に記載。(付属のクリアーバインダーの最後の方に入れて有ります。)

⑨電源トランス引き出し線及びパイロットランプ引き出し線及びAC入力線等のコネクター化。

⑩各スイッチをエレクトリッククリーナーにて洗浄、その後、接点復活剤を極細筆にて微量を塗布。

⑪ピンジャックホット側を接点復活剤にて清掃。

⑫スピーカーターミナルを極微クリーナーにてポリッシュ。

⑬電源コードを無水アルコールにて清掃及び電極刃を極微クリーナーにてポリッシュ。

⑭背面パネルをクレ製LOOXにて丁寧にポリッシュ。

⑮パワー基板のDCバイアス・バランスを規定通りにアジャスト後、ロックペイント(白)。

⑯パイロットランプを無水アルコールにて清掃。

⑰前述していますが、全基盤の全ての電解コン・ソリッド抵抗・一部の半導体・音量及びバランスVR等を高品位パーツに交換済み。

⑱電源基板のレギュレーター用パワーTr( 2SC895・・・2個)を基板から取り外し、抵抗測定にて劣化ナシを確認及び清掃後、パソコン用高性能シリコングリスを塗布し再組み付け。

以上が主な整備内容です。


(追記-2)ソニーESシリーズの電源トランスの比類なき優秀性について。

①本機の最終音出しチェックを2時間程行っていますが、ヒートシンクの上面に手を当てるとホンノリ温かく感じられましたが、電源トランスの上面に手を当てると冷たいままでした。

②これは、何も本機に限ったことでは無く、私が今まで整備経験のあるTA-1120A(5台)/TA-1120F(18台)/TA-1130(5台)/TA-3200F(6台)とも同じ現象です。

③TA-1120から始まる、これら一連のESシリーズの電源トランスは、一貫してソニーが、(タムラ製作所)に特注していたものです。
特徴は、全て全世界に輸出する前提でのバランス巻きの中間タップ出しで、100V/120V/220V/240V対応とし、カットコア・100%ピッチ詰め・角型ケース入りです。
この頃のソニー製オーデイオ機器は生産量の約9割が輸出向けで国内向けは、ほんの1割前後でした。

④ある(タムラ製作所)の関係者がブログで、ソニーの世界初オールトランジスター大出力アンプ(TA-1120)の電源トランスの一回の発注ロットが、少なくとも3000個でビックリしたと回顧しておりました。

⑤写真では小さく見えるかも知れませんが高さが有る為、立方体としては、かなり大きな物です。
通常のEIコアのトランスに比べカットコアトランスは容量比で約三分の二小さく成ります。


(追記ー3) 全基盤の全ての電解コンデンサーの高品位新品に交換した詳細

①メーカーと種類は、約8割がニチコンのファインゴールドシリーズです。
フォノイコライザー基板に2個使用されている無極性の物は、同じニチコンのミューズです。(フォノイコラーザー基板の写真で緑色の物です。)

②高耐圧の物(オリジナルは100Vです。)は、ニッケミのKMGシリーズの200V耐圧品です。(全部で8個使用)

③コンデンサーの容量値は全てオリジナルと同じ物です。
耐圧は全てオリジナルの2~3倍の物にしています。
理由は、今後何十年もの使用に耐えられる信頼性の確保とオリジナルとほぼ同じ大きさに揃える為です。


(追記ー4) 電源トランス引き出し線等のコネクター化について。

①シャシー内部及びパワートランジスター等の徹底した整備を行う上で、これらユニットを外さないと事実上不可能の為、コネクター化を行っております。

②私は、本機に関わらず、TA-3120/TA-3200F/TA-1120A/TA-4650等、ある時期より全てこの方式で整備しています。

③このコネクター化は、コネクターの選定・圧着工具の選定準備・圧着作業の熟練等、ハンダ付け作業よりも、遥かに難しい面が有り、素人の方は真似をしないようにして下さい。
私は、長年電線加工メーカーに勤務しておりましたので知識と熟練した作業に自信がある為、この方式を採用しています。

④このコネクター化は、単にシャシーの洗浄・清掃・整備の為だけでなく、万が一故障・不具合発生時にもヒートシンク及びパワーTrの取り外し等、手間無く簡単に出来る利点が有ります。


(追記ー5) 音量VRとバランスVRの詳細説明

①ソニーのオリジナルは、音量VRが当然ながらLch.Rch共通で250KΩの特殊Aカーブ特性。バランスVRは、手前側(シャフト側)が、250KΩの(Nカーブ特性)、そして奥側(後ろ側)が、250KΩの(Mカーブ特性)です。
②音量VRの(特殊Aカーブ特性)というのは、ソニーが東京コスモス電機への特注品で、通常のAカーブ特性に比べ、音量出力が、時計の針で11時ぐらいまでは、小音量でそれからは徐々に大きくなるというものです。
③この為、ある販売店から要望が有り、(他のメーカー品は、VRを回すと即、大音量に成るのにソニー製品は、VRをかなり回さないと音が大きくならない。素人的には、ソニー製品は、スペックより出力が小さいという客からの評価が有る。)というものでした。
④この為、ある時期より、中級品以下の製品及び次シリーズのES-Ⅱシリーズのアンプ類は、この音量VRの変化特性を変更しています。

⑤新品交換品のアルプス電気製高級デテントVRの各部寸法仕様は、まるでソニーのESシリーズのアンプに使用されているVRと全てピッタリで、何の苦労も無く、使用出来ます。
⑥但し、バランスVRは、手前側(シャフト側)と奥側(後ろ側)のカーブ特性が、ソニー製品のESシリーズのアンプとは逆の為、御自分で交換される際は、要注意です。
⑦音量VRは、標準のAカーブ特性の為、ソニーのオリジナルと違い、音量出力が時計の針で9時ぐらいから徐々に大きくなります。
⑧バランスVRは、センタークリック付きですので、そのセンタークリック位置で、左右の音量が、完全に同一になり、使い勝手が良く精神衛生上も非常に宜しいです。

⑨このアルプス電気製の音量VR(250KΩ Aカーブ)とバランスVR(250KΩNMカーブ)は、ソニーESシリーズのTA-1120/1120A/1120F及びTA-1130及びTA-2000/2000Fが全て同一仕様です。
但し、プリアンプTA-2000/2000FのバランスVRだけはφ16の小型の為、使用不可!!です。


(追記ー6)TA-1120Fに採用されている電源トランス以外の高性能・高価格の部品について。

①金属皮膜抵抗(通称キンピ・・・超低ノイズ・高精度で当時カーボン抵抗の約10倍以上の価格)がパワー基板に4個使用されています。
昔、真空管アンプ等を自作した経験が有る方は、或いは使用経験が有るかも知れません。当時の形状は薄い四角状でした。メーカーは、進工業(㈱でトレードマークは、(SSM)と印字されていました。

②フィルムコンデンサー(これも安価品のマイラーコンに比べ約10倍以上の価格でした。)
このTA-1120Fには、双信電機製(写真の茶色でキャラメル状のもの)が、20個及び
松尾電機製(写真の橙色で頭部に(NCC)マークが有ります。)が、40個使用されています。

但し、このフィルムコンについては、非常にビックリする事が有りますので、これからTA-1120Fを入手されようとする方の為に、記述します。

それは、このTA-1120Fの生産時期が後期のものの中で、ある生産ロットから松尾電機製フィルムコン(橙色のもの)が40個全てマイラーコンに変更された事です。多分、時期がちょうど第一次オイルショックの頃で、コストダウンの為、犠牲にされたものと思います。

私は、これまでTA-1120Fを20台以上の整備経験が有りますが、このマイラーコン仕様のアンプを入手した時は、本当にビックリしました。
その個体のシリアル番号は、(202668)でした。勿論、丁寧に整備し正直に内部詳細を明確にして、2016年11月に落札売却させて頂きました。
今後、TA-1120Fを入手される場合は、少なくともシリアル番号202xxx以降のものは避けたほうが良いと思います。

このTA-1120Fは、その他にも、パワーTrが、2SD88→2SD88A→TX-183Sと生産ロットによって変更になっています。

③ロータリーSW及びレバーロータリーSWは、アルプス電気への特注品ですが、構造は同じです。
これらスイッチは、可動接片を固定接片が上下からバネ圧で挟み込む構造になっており、何十年もの間の経年変化がほとんど無く、ガリ、ノイズが発生しにくい事です。
切り替えタイミングは、ショーテイング・ノンショーテイングと使用回路ごとに設計・製造しなければならず、全てのスイッチが、特注品です。

支払い、配送

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • -PayPay
    • -クレジットカードYahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
    • -インターネットバンキング
    • -ジャパンネット銀行支払い
    • -銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
    • -コンビニ支払い

配送方法と送料

  • 送料負担:落札者
  • 発送元:神奈川県
  • 海外発送:対応しません
  • 発送日までの日数:支払い手続きから1~2日で発送
  • 送料: