すべてのカテゴリ

  • すべて
  • コンピュータ
  • 家電、AV、カメラ
  • 音楽
  • 本、雑誌
  • 映画、ビデオ
  • おもちゃ、ゲーム
  • ホビー、カルチャー
  • アンティーク、コレクション
  • スポーツ、レジャー
  • 自動車、オートバイ
  • ファッション
  • アクセサリー、時計
  • ビューティ、ヘルスケア
  • 食品、飲料
  • 住まい、インテリア
  • ペット、生き物
  • 事務、店舗用品
  • 花、園芸
  • チケット、金券、宿泊予約
  • ベビー用品
  • タレントグッズ
  • コミック、アニメグッズ
  • 不動産
  • チャリティー
  • その他
閉じる

Pioneer Carrozzeria TSC-1000A改 ツインドライブ・ホームユース 10CM 2WAY コントロール・モニター

匿名配送

このオークションは終了しています

このオークションの出品者、落札者はログインしてください。

商品の情報

現在価格
: 

9,000円

(税0円)

残り時間 :  終了 詳細な残り時間
入札件数 :  0 入札履歴

詳細情報

個数
:  1
開始時の価格 :  9,000 円
落札者 :  なし
開始日時 :  8月 25日(日) 21時 4分
終了日時 :  8月 25日(日) 21時 5分
カレンダーに追加 カレンダーに追加
入札者評価制限 :  総合評価での制限 あり (評価の合計がマイナスの方は入札できません)
悪い評価の割合での制限 あり (悪い評価の割合が多い方は入札できません)
早期終了 :  あり
自動延長 :  あり
オークションID :  x635097378
商品の状態 :  やや傷や汚れあり
返品の可否 :  返品可
1566734657 1566734709

出品者の情報

出品者 ponpe6073
評価 77 - 0)
評価の詳細
支払いについて
・ Yahoo!かんたん決済
送料、商品の受け取りについて
商品発送元地域 千葉県

商品説明

概要及び主な特長
TSC-1000Aを車載採用するまでに、10機種ほどをヤフオクでとっかえひっかえして決定しました。スーパー・ウーファーも増設するなどして車載音響を満足していました。リビングのAVアンプが2世代目SONY STR-V555ES で、センタースピーカ改善策として、車載で実績のあるTSC-1000Aをツインドライブにして採用しました。結果は大満足。この時点で天井に取り付けたセンタースピーカ以外のSS10cm~20cmと多種多様でした。(振り回されていました!!)
隣家のAV支援でAVアンプの入れ替えをすることになって、SONY TA-DA5700ES の設置調整。このAVアンプには驚愕しました(本当に素晴らしい)。3日後、拙宅にも3世代目 SONY TA-DA5700ES が鎮座しました(7CHAMP全てがまとも)。STR-V555ES でのセンタースピーカ再生音に疑問が残っていましたが、TA-DA5700ES では、本来あるべき音のDA変換で満足しました。ここで気になったのは、TSC-1000Aツインドライブ自体の歪感(電解コンデンサ使用中)。秋葉原にて数種のフィルムコンデンサを購入して試聴し、EROのフィルムコンデンサの素直さを認識して、即改善しました。(この時点から全てのコンデンサはEROになりました)
TA-DA5700ES の再現力は留まるところを知らず、これに応える為にTSC-1000Aの全面採用を計画し、最終的に写真を得ました(天井サイドSSも)。フロント・サブウーファーはADDZEST2592(大改造品)ですが、スーパー・ウーファーはADDZEST2590(大改造品)容積120リットル:バンドパス型となっています。TSC-1000A 2Way のフィルタはEROのフィルムコンデンサのみで7.1CH9.1CH再生での位相の狂いを少なくしてあります。スピーカーケーブルの選定は昔より失敗多く、コスト的にもパフォーマンスの高いPIONEERStarQuadCable OFC L1(φ6/L2(φ10)に落ち着きましたが、現在では入手困難が続いています。(新築時数種類のSSケーブルを埋設しましたが幸いなことに、OFC L1100m巻きを購入}でサラウンドを含めた所要10箇所の配線を行っていました。)
概要が長くなってしまいました。TSC-1000Aの特徴は、中域の再現性に優れている事が第一で(ツインドライブ 10CM WAY コントロール・モニターとしてもナンバーワン)高域再生も綺麗、車載用として設計されている為に長寿命です。
CDや放送でのミュージック・ビデオのステレオ再生は、DAコンバーターを介してAccuphase C-280L + P800 で JBLを聴いていますが、Driver #2420 のあるべき音の再現性(広帯域な中高域)は素晴らしいモノがあります。(ネット・ワークが若干ギスギス音の原因、バイワイアリング用のロータリー・スイッチは取り外してOFC L2(φ10)の完全なバイワイアリングに改造しています。埋設ケーブル不採用で、現在ではHDMIケーブル2本と共に床上を這いまわっています)
話のついでに・・・・。30年前頃からスピーカーの切り替えスイッチ(リレーや押し釦スイッチの類)の使用を一切中止しました。これらの接点には構造上、リン青銅の部品等が多用されており、吟味しつくしたSSケーブルの伝送特性を著しく低下させます(まるで別モノに変わってしまう)。面倒なのですが、直接接続⇒再生⇒記憶の繰り返し比較で確認・認識してください。
全て私信であり、お読みになった方々に同意を促すものではありません。
仕様及び商品の状態(参考写真及び図も)
本品出品に至った訳・・・・・2DIN規格の車載デッキをホーム用に転用計画。スイッチング電源や電動アンテナの回路検討etc、想定以上に面倒で箱設計などの多彩な環境を縮小しようと考えました。センター箱以外に2個のSS箱作成が必要、さすがに気力が萎えました。部材は選び抜いた品々ですので、有効に御活用願いたいと思います。
写真:出品対象商品の全てです。
写真:TSC-1000Aウーファー x4 。Z:4Ω(この解説では2個直列接続して、8Ωで使用します。)動作:再確認済、外観は経年変化が見られます。
写真:TSC-1000Aツイーター x4 。Z4Ωとありますが、実際は6Ωです。(この解説では2個直列接続して、12Ωで使用します。)動作:再確認済、実用外観に大きな変化は見られませんが、袴部分はありません。ユニット電極部は、ばらしたOFC L1 に交換してボンドで固めてあります。ドーム・リング部分は清浄してあります。直列接続のコードは10mmほどストリップして側側を絡げて半田付けしてください。(熱収縮チューブを入れておきます)
写真:特別に用意した2wayネット・ワークと金メッキターミナル。コンデンサはEROのフィルムコンデンサ、コイルは在庫のφ1mmエナメル線でインダクタンスの大きなモノを選択しました。端子への接続は全てチョン付けでなく、OFC L1を絡げて半田付けしてください。
写真:ばらしたOFC L1(長短ばらばらですが、1ペア分は賄えると思います)と金メッキ 110205ファストン端子(4セット分)。ウーファーは直列に接続するので、ジャンパーとして15cmくらいのOFC L1の両端に110205ファストン端子を加締めます(2セット)。(錫メッキなどのファストンは使用しないでください)
写真:TSC-1000A 採用のご参考で、出品には含まれておりません。
写真:TSC-1000A 採用のご参考で、出品には含まれておりません。この解説でのベースとなる既存品です。10cmツインドライブとは思えない程の豊潤な帯域を提供します。が、フロント・サブウーファー ADDZEST2592(大改造品)を並列接続(100Hz 18B/oct ローパスフィルタ)しているのは、10cmツインドライブのバスレフダクトから放射される(音階の無い)低音を補う為です。
写真:TSC-1000A 採用のご参考のSS箱ラフ図です。(容積はこれ以上をお勧めします。)縦に配置されたユニットの中心をズラシテあります(左右対称)。ドームリングのバッフル加工は、後面からφ45.6mmで6mmくらいの深さにホールソーで切り込みます。その後前面からφ42mmで切り落とします。バッフル板厚マイナス6mmの部分をドームリング形状に合せて削り取ります。(削り取りの最終調整はドームリングの表面にマジック・インクを塗り付けて、削り取り面に押し当て回転させれば凸部にインクが転写されるので、その部分を漫勉に削ります。削り作業が終了したらドームリングの清浄をしてください)
ドームリングとツイーターの接着:瞬間接着剤を微量ドームリングの内側先端に2か所以上塗布し、ツイーターに合せて仮止めします。仮止めを確認したらドームリングとツイーターの隙間に2液エポキシ接着剤を慎重に流し込みます。(隙間の無いようにしてください)バッフル面(塗装後)への取り付けも2液エポキシ接着剤を使用してください。
写真:おまけ:隙間テープとグラスウールを適量。グラスウールの効果は、低域のダンピング制御と中音域の荒れた分割振動吸収に及びます(滑らかな艶ある音)。写真より大きいのを入れましたので、折半して入れればOKと思います。(箱容積で異なりますが・・・)
以上、完成品の出来栄えを保証するものではありませんが、配線図とその他の注意点は、手書きして配送箱に入れておきます。
注意事項
■メーカー出荷時のような、オリジナルの状態にこだわりのある方、あくまで、完璧を求められる方、神経質な方は、入札をご遠慮願います。経年劣化が考えられる物 (日射焼け、金属部、塗装の劣化等など)これらは、あるものとご理解頂きご入札をお願いいたします。写真を多く掲載していますので、十分に参照お願いします。
■以上ご了承のうえ、商品到着後、致命的な不良(機能を満足しない)以外は、一切ノークレーム・ノーリターンでお願いいたします。致命的な不良があった場合は商品到着後5日以内にご連絡ください。当方で商品状態を確認後、返品対応(ご落札代金+送料)致します。
■新規の方、あまりにも評価の悪い方はご入札を削除させて頂く場合が御座います。大変申し訳ありませんが、ご理解お願い致します。(当方、再プレミヤ会員登録前ponpe60
にて、240の良評価を頂いております。再登録時会員継続できませんでした)
https://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=ponpe60
また、落札日より7日以内での取引終了(ご落札者様が[受け取り連絡]ボタンを押してお取引を完了、当方がご入金を確認できる形にする)を心がけていますので何日も連絡がつかない場合や、ご決済をいただけない場合キャンセル/削除させて頂くことが御座いますので予めご了承ください。

■お支払い金額 = 落札金額 + 送料 になります。
※お振込み手数料が発生する場合は、落札者ご負担でお願いします。

■ご不明な点が御座いましたら質問ください。
 
車載パワーアンプ強化の為の バッテリー電源&信号中継ボックス Junction Box
も出品しております。眺めて頂けたら幸いです。


(2019年 8月 19日 7時 06分 追加)
追加説明(環境依存文字で表記されなかった。すみません)
概要及び主な特長の記入項
TA-DA5700ES の再現性は留まるところを知らず、これに応える為にTSC-1000Aの全面採用を計画し、最終的に写真「7」を得ました(天井サイドSSも)。
仕様及び商品の状態(参考写真及び図も)の記入項
写真「1」:出品対象商品の全てです。
写真「2. 3」TSC-1000Aウーファー x4 。
写真「4」TSC-1000Aツイーター x4 。
写真「5」:特別に用意した2wayネット・ワークと金メッキターミナル。
写真「6」:ばらしたOFC L1
写真「7」TSC-1000A 採用のご参考で、出品には含まれておりません。
写真「8」TSC-1000A 採用のご参考で、出品には含まれておりません。
写真「9」TSC-1000A 採用のご参考のSS箱ラフ図です。
写真「9」:おまけ:隙間テープとグラスウールを適量。
車載パワーアンプ強化の為の バッテリー電源&信号中継ボックス Junction Box


支払いについて

決済方法 Yahoo!かんたん決済
     - PayPay  
     - クレジットカード決済   Yahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
     - インターネットバンキング  
     - ジャパンネット銀行支払い
     - 銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
     - コンビニ支払い

送料、商品の受け取りについて

送料負担落札者
商品発送元地域千葉県
海外発送 対応しません
発送日までの日数 支払い手続きから3~6日で発送
配送方法 ヤフネコ!(宅急便) 匿名配送  サイズ:80
 送料:料金表