★Freeway★c1992-1998 ロイヤル・ドルトン「クラウディア」(H5196) Yahoo!かんたん決済 送料無料 即決価格 新品 注目

  • ★Freeway★c1992-1998 ロイヤル・ドルトン「クラウディア」(H5196)_画像1
  • ★Freeway★c1992-1998 ロイヤル・ドルトン「クラウディア」(H5196)_画像2
  • ★Freeway★c1992-1998 ロイヤル・ドルトン「クラウディア」(H5196)_画像3
  • ★Freeway★c1992-1998 ロイヤル・ドルトン「クラウディア」(H5196)_画像4
  • ★Freeway★c1992-1998 ロイヤル・ドルトン「クラウディア」(H5196)_画像5
  • ★Freeway★c1992-1998 ロイヤル・ドルトン「クラウディア」(H5196)_画像6
  • ★Freeway★c1992-1998 ロイヤル・ドルトン「クラウディア」(H5196)_画像7
  • ★Freeway★c1992-1998 ロイヤル・ドルトン「クラウディア」(H5196)_画像8
  • ★Freeway★c1992-1998 ロイヤル・ドルトン「クラウディア」(H5196)_画像9
  • ★Freeway★c1992-1998 ロイヤル・ドルトン「クラウディア」(H5196)_画像10
  • 個数
    1
  • 開始日時
    2019.07.16(火)21:17
  • 終了日時
    2019.07.24(水)00:13
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり
  • この商品は送料無料で出品されています。
  • この商品で使えるクーポンあります

    即決価格
    14,500円(税 0 円)
    送料
    今すぐ落札する

    10,500円で落札のチャンス!

    Tポイント

    この商品でのご利用例

    • 即決価格
      14,500円
    • 入会特典 4,000pt
      -4,000円
    • 入会特典利用後の価格
      10,500円

    ※残りのポイントは別のお買い物にご利用いただけます

    ※カード審査通過後入会特典4,000ポイントが進呈されます。 ※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。
    Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。

    申し込みする
  • 入札

    閉じる

    Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

    Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

    Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

    配送方法と送料(

    閉じる
    への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)
    配送情報の取得に失敗しました

    送料負担:出品者

    発送元:高知県

    発送日までの日数:支払い手続きから1~2日で発送

    海外発送:対応しません

  • 出品者情報
    シルバー
    tatuonokoさん
    総合評価: 158
    良い評価 100%
    出品地域:
    高知県

商品説明


c1992-1998 Royal Doulton “Claudia”


ロイヤル・ドルトン「クラウディア」


柔らかな現代シノワズリ

旧ドルトン最終盤のアルビオン

人気高くレアな存在

古典&格調。ドルトンらしい


★送料は全国無料。クロネコヤマト便でお送りします。
★常時50点内外を出品中。他のものもぜひご覧ください。
★込み入ったご質問やお問い合わせは次のアドレスへメールしてください。(freeway@deluxe.ocn.ne.jp)


 ロイヤル・ドルトンが1992年から1998年にかけて製作した「クラウディア」(Claudia)のトリオ。新品からストックされた未使用品です。
 「アルビオン」(Albion)と呼ばれる縦長のシェイプ。ティカップですが、よく似たウェッジウッドの「ヴィクトリア・シェイプ」(アジャンクールとミスト・ローズを出品中)と、形・容量ともよく似たシェイプ。旧ドルトン終盤の標準シェイプで、種類もウェッジウッドより多く作られています。
 「ヴィクトリア」に比べ口径、エッジの開きが小さく地味ですが、その分落ち着いていて、かつコーヒー・カップとして使っても違和感ない形をしています。この2種類の縦長カップはいずれも、写真で見て感じるより大きめ。ソーサーは直径15cmあり、ウェッジウッドの通常の14.5cmより大きい。「ヴィクトリア」のソーサーがラッパ状に中心が窪んでいるのに対し、「アルビオン」は扁平。しかも厚く重い。高品質を感じさせる部分です。
 パターンNo.は「H5196」。他のパターンに比してエッジのゴールドが厚めで、これは「高級」と同時に、「クラシック感」を醸し出すのに役立っています。
 このシェイプのシリーズにははっきりしたシノワズリ調の「キャントン」(Canton)があり、こちらは有名ですが、「クラウディア」は、花をアップにしボーダーで済ませ、その花の絵もウェッジウッドの「フィリッパ」の如く、やや現代調にアレンジして、厚いゴールドエッジが加わることでシノワズリの流れを感じさせる程度にしています。ドルトンの売りである「上品さ」「格調の高さ」を両立させた佳品です。日用に使うなら、出品者は「キャントン」よりこちらをお薦めします。

 ドルトンもウェッジウッドも「新生」に移行しているので、今更こんなことを話題にしても虚しいのですが、「ヴィクトリア」と「アルビオン」では、どちらのシェイプが先に出来たんでしょう。
 気になるのは、当方の未使用品取り寄せ先で資料も充実しているUSAの店は、「アルビオン」の形のカップの説明に「オリジナル・シェイプ」と明記しています。こういう表記は他に見たことがない。何を以て「オリジナル」と言うんでしょうか。
 またもや出品者の当てずっぽうですが、これは「アルビオン」が先に出来て、ウェッジウッドが後追いしたのではないか。「ヴィクトリア」は飲み口が大きく広がって、デザイン的には優れています(その分、ティー・カップ色が随分濃くなった)。かなりデザインを変えてはいますが、ドルトンは「うちがオリジナルだ」と当時主張したのではないか。
 他の標準カップが「リー」に負けて劣勢だったドルトンが、主流として開発したシェイプだと思われます。両シェイプで激しいバトルを展開したのではないか。珍しくというか、「アルビオン」の方が種類は多く、秀作も目立つようにも思いますし。

 この頃既に、我々日本のカップ・ファンはウェッジウッドばかりに目が行ってドルトンには関心が薄かったのではないでしょうか。ジノリやコペンハーゲンなど日本人好みの窯も隆盛でしたし。名陶へのリスペクトのココロを込め、今後はこのシェイプの佳品をなるべく多く出品しようかと考えています。
 
 カップの高さ7.8cm、口径9cm。ソーサーとサイドプレートの直径はそれぞれ、15cm、16.5cm。すべて未使用品。

 当方の出品物に関心ある方はHPのレアアイテム「受注リスト」をご覧下さい。お探しのカップに関するお問い合わせもこちらからどうぞ。

HP こちらから、どうぞ


ロイヤル・ドルトン(Royal Doulton)
 ロイヤル・ドルトンは英国を代表する磁器メーカーで、現在はWWRD Holdings Ltdの一翼を担う会社となっています。
 「WWRD」というのはWedgewood、Waterford CrystalとRoyal Doultonのことで、社名を聞いただけでも凄いのですが、Royal Doulton一つをとってみてもRoyal AlbertとMintonを傘下に収めていますので、このホールディングス・カンパニーが英国のその手の製品を全て牛耳っていると言っても過言ではない。(Royal Crown Derbyも以前はRoyal Doultonの傘下にありましたが、同時期に製造工場が閉鎖されてしまいました。同社はその後、Hugh Gibson and Pearsonに移り、そこから製造が再開されています)
 ロイヤル・ドルトンは1815年の創業。創業時にはストーン・ウェア(stone ware:磁器と陶器の間のような焼物)を専門に扱い、我々が普通に「陶磁器」と聞いて思い浮かべるような製品のほか、ボトルやsalt grazeという陶磁器の一種でできた下水管を製造していました。
 創業者はジョン・ドルトン(John Doulton)のほか、マーサ・ジョーンズ(Martha Jones)とジョン・ワッツ(John Watts)の3人でしたが、最も功績が大きかったからなのでしょうか、1853年に社名は「Doulton」となります。
 その後、2代目のHenry Doultonが業績を大きく伸ばします。1871年にロンドンのランべスに工房を創設し、そこから芸術性も飛躍的に高まっていきました。このランベスでは、環境の面から大都市ロンドンで窯業を続けることはできなくなる1956年まで製造が続いていました。
 一方、今の生産拠点であるスタッフォードシャーのバースレムでの製造が始まったのは1882年。このバースレムは「The Potteries」として知られています。そこにRoyal Doultonのほか、Spode、Wedgewood、Mintonという有名な会社が集まっているからで、同地域はClarice Cliff、 Susie Cooper、Charlotte Rhead、 Frederick Hurten RheadやJabez Vodreyといった著名なアーティストを輩出した場所でもありました。
 同社での製品の芸術性が上がるにつれ、同社の製品は英国王室にも知られるようになりました。そして、1901年にエドワード7世からRoyal Warrant(英国王室御用達)が売られました。(単に与えられるものではなく、上納金が必要でした)そこから、Royal Doultonを名乗ることができるようになりました。


ほかにもたくさん出品しています。ぜひご覧ください。


+ + + この商品説明は オークションプレートメーカー2 で作成しました  + + +
No.108.002.001

xkcox

 

 

 

 

 

 

・・・ 上記の画像は フォトアップで掲載しました ・・・
 

支払い、配送

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • -PayPay
    • -Yahoo!マネー/預金払い
    • -クレジットカードYahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
    • -インターネットバンキング
    • -ジャパンネット銀行支払い
    • -銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
    • -コンビニ支払い

配送方法と送料

  • 送料負担:出品者 送料無料
  • 発送元:高知県
  • 海外発送:対応しません
  • 発送日までの日数:支払い手続きから1~2日で発送
  • 送料: