(2枚組LD) インディペンデンスデイ ウィル・スミス , ビル・プルマン (出演), ローランド・エメリッヒ (監督) 中古

  • (2枚組LD) インディペンデンスデイ ウィル・スミス , ビル・プルマン (出演), ローランド・エメリッヒ (監督) 中古_画像1
  • (2枚組LD) インディペンデンスデイ ウィル・スミス , ビル・プルマン (出演), ローランド・エメリッヒ (監督) 中古_画像2
  • (2枚組LD) インディペンデンスデイ ウィル・スミス , ビル・プルマン (出演), ローランド・エメリッヒ (監督) 中古_画像3
  • (2枚組LD) インディペンデンスデイ ウィル・スミス , ビル・プルマン (出演), ローランド・エメリッヒ (監督) 中古_画像4
  • (2枚組LD) インディペンデンスデイ ウィル・スミス , ビル・プルマン (出演), ローランド・エメリッヒ (監督) 中古_画像5
  • (2枚組LD) インディペンデンスデイ ウィル・スミス , ビル・プルマン (出演), ローランド・エメリッヒ (監督) 中古_画像6
  • 個数
    1
  • 開始日時
    2020.04.06(月)23:25
  • 終了日時
    2020.04.13(月)23:25
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり
  • この商品で使えるクーポンあります

    即決価格
    380円(税 0 円)
    送料
    今すぐ落札する
  • 入札

    閉じる

    Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

    Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

    Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

    配送方法と送料(

    閉じる
    への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)
    配送情報の取得に失敗しました

    送料負担:落札者

    発送元:北海道

    発送までの日数:支払い手続きから1~2日で発送

    海外発送:対応しません

  • 出品者情報

    paul329329さん
    総合評価: 12740
    良い評価 99.9%
    出品地域:
    北海道

商品説明

カテゴリ
状態
  • 目立った傷や汚れなし
レーザーディスク (2枚組LD)/ インディペンデンスデイ 
ウィル・スミス (出演), ビル・プルマン (出演), ローランド・エメリッヒ (監督)  中古 

PILF-2383
1996年作品・146分収録  3面 日本語字幕

盤質は、良好です。
内ジャケに 解説が、あります。
 

<発 送方法> 
2枚組のため 定形外送料1,020円にて 発送可能です。 


<M 2016  11-09 193 >

<お支払い方法> 
ヤフーかんたん決済



インデペンデンス・デイ』(Independence Day)は、1996年アメリカ合衆国SF映画。タイトルに現れていないものの、核攻撃さえ効かない強力な兵器と模型の爆破を多用した特撮、異星人を滅ぼす「ウイルス」など1953年の映画『宇宙戦争』との共通点が随所に見られる。
<ストーリー> 宇宙センターで衛星アンテナが奇妙な音をキャッチした。報告によると、質量が月の4分の1もある巨大な物体が地球に接近しつつあるという。その正体は異星人の宇宙空母であった。彼らは人類への攻撃を開始し、主要都市は一瞬にして廃墟と化す。絶滅の危機にさらされた人類は、ついに史上最大の作戦を開始する!

あらすじ

アメリカ独立記念日を控えた7月2日[5]、直径24kmにも及ぶ円盤型の宇宙船(シティ・デストロイヤー)がニューヨークロサンゼルスワシントンD.C.などアメリカや世界中の大都市上空に出現した。混乱に陥る中、ホイットモア大統領率いるアメリカ政府は国民の不安を鎮めるべく、宇宙人との交信を試みるが、ケーブルテレビの技師デイヴィッドは衛星通信にノイズとして隠されていた信号が宇宙人同士の攻撃指令であることを察知する。デイヴィッドは離婚した妻でホワイトハウス首席報道官コニーの助力を得てホイットモアと会見し、それを伝えるも、アメリカ政府が彼らが侵略者であることを理解した時には既に遅く、宇宙船の主砲により主要な大都市は破壊され、廃墟と化してしまう。
7月3日、戦闘機による宇宙船への反撃が開始されるも、宇宙船のバリアーに攻撃を無効化され、ロサンゼルスに向かった海兵隊航空部隊はスティーブン・ヒラー大尉を除いて全滅する。NORADも破壊されたアメリカ首脳部は、宇宙人や小型宇宙船戦闘機(アタッカー)を捕獲して研究を行っている秘密施設「エリア51」に避難する。ヒラー大尉が捕虜にした宇宙人との対話で彼らの狙いが地球人類の根絶やしと地球資源の収奪であることを知ったホイットモア大統領は、核兵器の使用を決断するが、宇宙船のバリアーは核攻撃さえも無効化するものだった。
独立記念日の7月4日、もはや人類に打つ手なしと思われたが、ジュリアスとの会話でデイヴィッドがコンピューターウイルスを宇宙人たちのマザーシップに感染させ、バリアーを一時的に無効化し、その間に全世界で一斉攻撃する反撃作戦を思いつく。ホイットモア大統領もこの作戦に全てをかける決断を下し、世界各国に短波無線のモールス信号でその計画を伝達して協力を取り付ける。
ヒラー大尉とデイヴィッドは捕獲されたアタッカーに搭乗してマザーシップへ、ホイットモア大統領や飲んだくれだったラッセル・ケイスら寄せ集めのパイロットたちはエリア51に接近してくるシティ・デストロイヤーの迎撃に出撃し、最後の戦いに挑む。
アタッカーに搭乗した二人は予定通り、コンピューターウイルスを発信する。一旦は失敗したかのように思われたが、バリアーの無効化は成功し、パイロットたちはシティ・デストロイヤーへの攻撃を開始する。シティ・デストロイヤー側も迎撃のためアタッカーを出撃させ、壮絶な空中戦が展開される。パイロットたちは多数のミサイルを撃ちこむものの有効打は与えられず、ついにシティ・デストロイヤーが主砲を発射しようとした時、辛くも残っていたミサイルを引っ提げてケイスが現れる。だが、ミサイルは機器の装置の故障により発射不可能だった。彼は意を決し、戦闘機ごと主砲へ体当たりする。ケイスの犠牲によってシティ・デストロイヤーは崩壊し、人類は反撃に成功した。マザーシップも壊滅し、地球へ帰還したヒラー大尉とデイヴィッドは葉巻に火を点けて祝杯を上げるのだった。

登場人物

主要人物

デイヴィッド・レヴィンソンMITを卒業した天才エンジニアだが出世欲や野心とは無縁で、現在はニューヨークのケーブルテレビ放送局に技師として勤務している。衛星通信にノイズとして隠されていた信号が宇宙人の暗号であることを突き止め、彼らの目的が侵略であることを誰よりも早く理解する。現大統領のホイットモアが、大統領就任前に妻のコンスタンスに手を出したと誤解して殴り合いの諍いとなり、以来ホイットモアとは犬猿の仲となり、妻とも離婚。エコロジストでありゴミの分別にうるさく、環境に多大な悪影響を与える核兵器の使用には断固反対の立場であった。劇中の終盤、核攻撃を実施しながらも効果がなく、打つ手がなくなったため絶望的になっていたところ、父のジュリアスとの会話で宇宙人反撃のヒントを得て、反撃作戦を立案する。飛行機に弱く、エアフォースワンの機内では乗り物酔いに悩まされていた。このため終盤でマザーシップへ乗り込む作戦に出撃する際に、ジュリアスから「念のため」と嘔吐用パックを渡されている。トーマス・J・ホイットモア大統領アメリカ合衆国大統領。元戦闘機パイロットで、湾岸戦争の英雄。その後政治家に転身するが政治の世界で悪戦苦闘し、支持率が40%にまで落ちてしまう。当初エイリアンに対し融和的な姿勢で臨むが、デイヴィッドの警告や接触を試みたヘリが攻撃されたことから、彼らが敵対的な存在であると判断する。ヒラー大尉が捕まえたエイリアンとの対話によって、彼らが交渉の余地がない侵略者であることを確信する。そのため核攻撃を承認するのだが、何も損害を与えられなかったことから攻撃の継続を主張するアルバートを退け、作戦の中止を命じる。その後妻マリリンとの死別により失意の底に沈んでいたが、デイヴィッドが立案した反撃作戦に、パイロットが不足していたことから戦力となるべく自ら志願・参加する。そして作戦が成功に終わった後、娘パトリシアから祝福された。スティーブン・ヒラー大尉アメリカ海兵隊第314戦闘攻撃飛行中隊(VMFA-314、通称ブラックナイツ)所属のF/A-18戦闘機パイロット。長らく宇宙飛行士を夢見てNASAに志願してもいるが叶わずにいる。宇宙人の襲撃時に飛行部隊を率い、ロサンゼルスを攻撃した巨大円盤の迎撃に向かうが僚機がすべて返り討ちに遭い、自らを追跡してきたアタッカーを奇策で撃破。自身は機体から緊急脱出して地上に降下し、撃破されたアタッカーに乗っていた宇宙人を捕獲して、現場近くのエリア51にたどり着く。その後配属先のエルトロ基地が壊滅したことを知りショックを受けるものの、恋人ジャスミンとエルトロ基地で合流する約束を思い出し、ヘリで基地へ向かい彼女と再会する。後にデイヴィットと共にマザーシップに乗り込み、その過程で宇宙飛行を自らの手で行う。縁起を担ぐタイプで、マザーシップに乗り込む作戦の際にはブラックナイツで出撃時に渡される勝利の葉巻が無いのに気付くが、ジュリアスから彼の最後の2本の葉巻を受け取った。ラッセル・ケイスかつてベトナム戦争で戦闘機乗りだった経歴を持つ。現在はロサンゼルスの郊外で農薬散布業を営む軽飛行機パイロットで、昼間から酒浸りの冴えない初老男。10年前に宇宙人に誘拐(アブダクション)されたと主張し、周囲の人々からは変人扱いされているが、家族を心から愛している。反撃作戦の行動が映画版(正確には劇場公開版および後述の#DVD)と小説版では異なっている。劇場公開版では迎撃作戦に志願・参加し、その変人ぶりから周囲に不安を抱かせつつも、エリア51にあったF/A-18戦闘機に乗り込む。シティ・デストロイヤーが主砲を発射しようとした際、他の機体がミサイルを全て撃ち尽くしていた中、唯一ミサイル1発を残していたが、発射装置の故障により発射されなかった。だが家族のために意を決して、戦闘機ごと主砲へと体当たりし壮絶な最期を遂げる。同時にシティ・デストロイヤーを撃破したことにより、人々から英雄と称えられた。小説版では10年前に実際にアブダクションに遭ったとされ、その詳細と事件後から精神を病み人生を転落していく様が彼の回想によって描かれている。基地にあった最も大きい爆弾を自らの軽飛行機に括り付けて人類側の反撃作戦に紛れ込み、敵宇宙船の主砲に対して体当たりを敢行、復讐と名誉回復を果たした。

政府・軍関係者

コンスタンス・スパノホワイトハウス首席報道官。愛称コニー。デイヴィッドの元妻。デイヴィッドとは対照的に勝気で上昇志向が強い。政治運動に熱心で、家庭・夫婦関係を省みることがなくなっていった。ホイットモア大統領が大統領選立候補した際、スタッフとして参加。ホイットモア候補に傾倒していたため、デイヴィッドから浮気を疑われ離婚を選択する。マリリン・ホイットモアファーストレディロサンゼルスで宇宙人の攻撃に遭い、乗っていた脱出用のヘリコプターが墜落して致命傷を負う。通りかかったジャスミンたち避難民に救助されるものの、エリア51へ搬送後に息を引き取る。ミッチェル空軍少佐大統領にエリア51の案内をした同基地の総責任者。コンスタンスの提案を受けて、地上の敷地内にいた民間人避難者を地下へと避難させた。ブラキッシュ・オーキン(地上波版ではオークン)博士エリア51の宇宙人研究者。エイリアンが現れてからアタッカーの研究が急進したことを喜々として語り、その不謹慎な態度をホイットモアから叱責された。研究のためエリア51の外へなかなか出ることが出来ず、そのためか言動が少々浮世離れしている。スティーブンが捕獲したエイリアンの調査を行うが、意識を取り戻したエイリアンに首を絞められ声帯を利用される。劇中では死亡したかのように描写されたが、続編で再登場する。ミルトン・アイザックス博士オーキンの同僚の医学者。オーキンと違いまともなタイプの人物。作中では搬送されてきたマリリン・ホイットモアの手術を執刀。また、オーキンが倒れたあとは、彼がエリア51の研究者たちを纏める。小説版ではエイリアンが意思の疎通にテレパシーを用いている仮説を立てていた。ウィリアム・グレイ将軍アメリカ国防総省統合参謀本部議長を務める海兵隊大将。エイリアン襲来時に大統領執務室にて大統領に最後まで同行すると進言するなど猛将タイプの人物。ジミー・ワイルダー大尉ヒラーの親友で、同僚の海兵隊パイロット。スティーブンと共に円盤へ攻撃を仕掛けるも、叶わないと見て退却するが、追撃してきたアタッカーを振り切ろうと高速で上昇を試みたため呼吸困難に陥り酸素マスクを外してしまう。直後に撃墜され死亡。アルバート・ニムジッキ国防長官攻撃してきた巨大円盤に対する核攻撃を進言したタカ派。元CIA長官で、政権内で唯一エリア51の実状を知っており、真実をぎりぎりまで隠蔽していた(本人曰く、「記者会見で下手な嘘をつく必要が無くなる」「敵に対して味方の戦力がそれほど無力だとは思っていなかった」とのこと)。核攻撃を実施した際、失敗したにもかかわらず継続を主張するなど、極右的な性格が強く表れている。しかし核攻撃が失敗して、打つ手がないと判明すると以降は消極的な姿勢を取るようになり、デイヴィッドの立てた作戦にも反対する。その結果、ホイットモアの逆鱗に触れてしまい、国防長官の職を解任される。小説版ではホイットモアと彼の周囲のスタッフに精神的に揺さぶりをかけて主導権を握ることを画策し、CIA長官時代に自身の権力闘争の手札とするためエリア51の情報隠蔽に関わるなど、冷徹な野心家としての面が強調されている。

民間人

ジャスミン・ダブロウスティーブンの恋人。報酬がいいストリッパー稼業をしながら、一人息子のディランを育てている。自分とスティーブンとの仲が彼の昇進の妨げになることを恐れている。宇宙人からの最初の攻撃を生き残り、スティーブンが配属されているエルトロ基地へ生存者を救出しながら向かっている最中、マリリンを救助する。基地へ到着するものの、既に壊滅しており途方に暮れるが、スティーブンがヘリで駆け付けたことによって彼と再会する。ジュリアス・レヴィンソンデイヴィッドの父親。NYに住んでいたが、デイビッドに連れ出され最初の攻撃から難を逃れる。ユダヤ教徒。政府によるロズウェル事件の隠蔽工作を疑っている。本来は優しい人物だが、妻との死別をきっかけに信仰を捨て、他人にも刺々しく当たるようになる。劇中の終盤、彼の何気ない一言が人類の危機を救う鍵となる。息子とは異なり自動車の運転免許を持っているが、違反レベルの速度を出さずに安全運転で走る主義。ミゲル・ケイスラッセルの息子。17歳。小説版ではラッセルの亡き妻マリアの連れ子であり、ラッセルとは義理の父子。過去の出来事と現在のていたらくからラッセルに反発している。そのためラッセルを父親と認めておらず、普段は彼を名前で呼ぶ(地上波版では初めから「親父」と呼んでいる)。アリシア・ケイスラッセルの娘。14歳。小説版ではミゲルと同じくマリアの連れ子。トロイ・ケイスラッセルの息子。11歳。小説版ではラッセルの唯一の実子。義理の兄と姉からも肉親同様に愛されている。副腎皮質に障害を抱えており、定期的な投薬を必要としている。マーティ・ギルバートデイヴィッドの同僚。母親を溺愛している。デイヴィッドが宇宙人の目的を最初に明かした人物。町からの脱出を図るが、シティ・デストロイヤーの攻撃時には渋滞の車列から抜けられず、火炎に巻き込まれ死亡。

エイリアン

エイリアン地球人を遥かに凌駕する高度な科学力・軍事力を持ち、それまで数々の惑星を征服しては、資源を喰い尽くすと次なる惑星を目指して宇宙を放浪することを繰り返してきた凶悪な種族(劇中でホイットモアはイナゴに例えている)。以前より地球と人類の調査を重ねて綿密な攻撃計画を練っており、過去に墜落死した数体がエリア51に保管されている。劇中の描写、および小説版での記述からバイオテクノロジーに精通していると考えられている。また、後述するマザーシップとシティ・デストロイヤーとの通信に関しては、地球と同じく電波通信のテクノロジーを用いている模様。戦闘の末不時着した1体がスティーブンに気絶させられ、エリア51に運ばれる。その後、オークンらによって解剖されている途中で突如意識を取り戻し、オークンを昏倒させるが、ミッチェルたちに射殺される。外見はごく一般的に知られているグレイに近い外見で、後頭部には平たい突起物を持つ。地球人と同様に酸素を必要としているが、目以外に人類と同様の感覚器官は見られない。体格は地球人よりも小型で細身であり、劇中のオークンの台詞によれば、墜落の衝撃で死亡したことから、身体の丈夫さは人類と大きな差はないとされ、実際スティーブンに殴られて容易に気絶する、拳銃で射殺されるなど、身体能力はあまり高いとは言えない。また、一種のテレパシーと似た能力で他者との意思疎通を計る。地球人にも強力なテレパシーを送り、激しい頭痛を引き起こさせることが可能。劇中で彼らが使用する宇宙船の類は、地球の航空機や宇宙ロケットとは異なり、翼の揚力やロケットエンジンの類を用いずに宇宙空間や大気や重力のある空間を航行したり、空中で静止する様子が描かれているが、続編において重力制御技術を有していたことが明言されており、同時に核融合システムも有していたことが明かされている。
インデペンデンス・デイ
Independence Day
Independence Day Logo.png
監督ローランド・エメリッヒ
脚本ディーン・デヴリン
ローランド・エメリッヒ
製作ディーン・デヴリン
製作総指揮ローランド・エメリッヒ
ウテ・エメリッヒ
ウィリアム・フェイ
出演者ウィル・スミス
ジェフ・ゴールドブラム
ビル・プルマン
ランディ・クエイド
音楽デヴィッド・アーノルド
撮影カール・ウォルター・リンデンローブ
編集デヴィッド・ブレナー
製作会社セントロポリス・エンターテインメント
配給20世紀フォックス


支払い、配送

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • -PayPay
    • -クレジットカードYahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
    • -インターネットバンキング
    • -ジャパンネット銀行支払い
    • -銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
    • -コンビニ支払い

配送方法と送料

  • 送料負担:落札者
  • 発送元:北海道
  • 海外発送:対応しません
  • 発送までの日数:支払い手続きから1~2日で発送
  • 送料: