★戸板康二『小説 江戸歌舞伎秘話』講談社文庫:昭和52年:初版

  • ★戸板康二『小説 江戸歌舞伎秘話』講談社文庫:昭和52年:初版_画像1
  • ★戸板康二『小説 江戸歌舞伎秘話』講談社文庫:昭和52年:初版_画像2
  • ★戸板康二『小説 江戸歌舞伎秘話』講談社文庫:昭和52年:初版_画像3
  • 個数
    1
  • 開始日時
    2019.09.18(水)22:16
  • 終了日時
    2019.09.25(水)22:16
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり

この商品も注目されています

    • この商品で使えるクーポンあります

      現在価格
      1,800円(税 0 円)
      送料
    • 入札

      閉じる

      Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

      Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

      Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

      配送方法と送料(

      閉じる
      への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)
      配送情報の取得に失敗しました

      送料負担:落札者

      発送元:奈良県

      発送日までの日数:支払い手続きから3~6日で発送

      海外発送:対応しません

    • 出品者情報

      jidai22comicatさん
      総合評価: 996
      良い評価 100%
      出品地域:
      奈良県

    商品説明

    カテゴリ
    状態
    • 目立った傷や汚れなし
    商品内容   
     
     「車引」の場で梅王丸、松王丸、桜丸の三兄弟は赤の襦袢を着る恒例になっているが、5代目團十郎はあるとき白襦袢を着用してアッといわせた。團十郎に新趣向を思いつかせるには、陰にどんな事情があったのか(座頭の襦袢)。歌舞伎研究で高名な筆者が、江戸歌舞伎に題材を得てミステリ趣向をこらした異色連作小説。
    《目次
    振袖と刃物
    座頭の襦袢
    美しい前髪
    種と仕掛
    幼馴染
    お七の紋
    女形と胡弓
    夕立と浪人
    ふしぎな旅籠
    鉄の串
    お染の衣装
    稲荷の霊験
    ところてん
    女形の大見得

    解説[小泉喜美子]
    状態・経年・カバー裏折れ:1筋
    全体:画像が全てです。
    :発送はレターパックライト、レターパックプラスゆうパックスマートレター(厚さ2㌢以下:)・(台紙なしの場合もあります)のみを使用します。
    :(梱包材は、簡易包装になります)
    この本は準速達便扱いの商品追跡サービス付きのポスト投函になります
    スムーズなお取引を心がけていますが発送までに少しお時間をいただく場合もございます。
    *)必ず自己紹介欄をご覧の上、入札していただきますようお願いします
    *)なお、他の商品との同梱をご希望の方は最初の落札日より最長6日間で、必ず最初の取引連絡返信時にお知らせください。(最初に落札していただきました商品欄の取引連絡にて修正の同梱送料をご連絡差し上げますので他の商品欄の送料はゼロ円に書き換てください・また最初に落札して頂いた商品欄にて最終お取引までご連絡差し上げます))
    *)振込み確認次第連絡しお送り致します
    *)領収書の発行はしておりません振込時のレシートもしくはパソコン画面からコピーをしてください。
    *)申し訳ございませんが新規(評価なし)の方及び代行ご入札者様のご入札はお断りしています
    ★文庫(16×11センチ)厚さ2.0センチまでの本でしたら2冊で180円でお送りできます

    支払い、配送

    支払い方法

    • Yahoo!かんたん決済
      • -PayPay
      • -クレジットカードYahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
      • -インターネットバンキング
      • -ジャパンネット銀行支払い
      • -銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
      • -コンビニ支払い

    配送方法と送料

    • 送料負担:落札者
    • 発送元:奈良県
    • 海外発送:対応しません
    • 発送日までの日数:支払い手続きから3~6日で発送
    • 送料: