64(ロクヨン) 下 (文春文庫) 横山 秀夫 9784167902933

送料無料

このオークションは終了しています


このオークションの出品者、落札者は ログインしてください。

この商品よりも安い商品

今すぐ落札できる商品

商品情報

  • 個数
    1
  • 開始日時
    2021.04.20(火)19:01
  • 終了日時
    2021.04.21(水)14:00
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり
  • この商品は送料無料で出品されています。
  • 即決価格
    300円(税 0 円)
    送料
  • 入札

    閉じる

    Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

    Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

    Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

    配送方法と送料(

    閉じる
    への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)
    配送情報の取得に失敗しました

    送料負担:出品者

    発送元:石川県

    発送までの日数:支払い手続きから1~2日で発送

    海外発送:対応しません

  • 出品者情報

    yomikinoさん
    総合評価: 1122
    良い評価 98.0%
    出品地域:
    石川県

商品説明

記者クラブとの軋轢、ロクヨンをめぐる刑事部と警務部の全面戦争。その狭間でD県警が抱える爆弾を突き止めた三上は、長官視察の本当の目的を知り、己の真を問われる。そして視察前日、最大の危機に瀕したD県警をさらに揺るがす事件が―。驚愕、怒涛の展開、感涙の結末。ミステリベスト二冠、一気読み必至の究極の警察小説。

尾坂部宅では、三上は自分が広報官として動いているのか、元刑事として動いているのか問われ、記者たちを懐柔する広報室の美雲からは、ずるいとなじられる。
留置所での不祥事が新聞に抜かれる。留置所を管理する警務部批判の記事だった。刑事部からのリークらしい。2弾3弾と刑事部の反撃が続くなか赤間は長官視察までの命だという。長官は視察で何を言うのか――? 匿名問題で長官視察をボイコットされていた記者クラブとの関係を、三上は広報官として真摯に向き合い、室員の力もを得て、なんとか修復する。そんなとき幸田が失踪したとの情報が入り、長官視察の前日、「64」の再来というべき誘拐事件がおきる――。

支払い、配送

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • -PayPayPayPay
    • -クレジットカードYahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
    • -PayPay銀行支払い
    • -銀行振込(振込先:PayPay銀行)
    • -コンビニ支払い
    • -Tポイント

配送方法と送料

  • 送料負担:出品者 送料無料
  • 発送元:石川県
  • 海外発送:対応しません
  • 発送までの日数:支払い手続きから1~2日で発送
  • 送料: