名手Steve Howe在籍 Tomorrow サイケ/ポピュラー系ロックの隠れ名盤「Tomorrow」リマスター盤 輸入盤未開封新品。

送料無料 未使用
  • 名手Steve Howe在籍 Tomorrow サイケ/ポピュラー系ロックの隠れ名盤「Tomorrow」リマスター盤 輸入盤未開封新品。_画像1
  • 名手Steve Howe在籍 Tomorrow サイケ/ポピュラー系ロックの隠れ名盤「Tomorrow」リマスター盤 輸入盤未開封新品。_画像2
  • 個数
    1
  • 開始日時
    2020.10.24(土)09:09
  • 終了日時
    2020.10.30(金)22:08
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり
  • この商品は送料無料で出品されています。
  • この商品で使えるクーポンあります

    現在価格
    2,000円(税 0 円)
    送料
  • 入札

    閉じる

    Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

    Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

    Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

    配送方法と送料(

    閉じる
    への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)
    配送情報の取得に失敗しました

    送料負担:出品者

    発送元:岐阜県

    発送までの日数:支払い手続きから3~7日で発送

    海外発送:対応しません

  • 出品者情報

    platinumoon2112さん
    総合評価: 561
    良い評価 100%
    出品地域:
    岐阜県

商品説明

御存知!名手Steve Howe在籍 Tomorrowの唯一作  サイケ/ポピュラー系ロックの隠れ名盤「Tomorrow」  リマスター盤   輸入盤未開封新品でございます。



収録楽曲は非常に多いもので、”Tomorrow”唯一作及びシングル収録、未発表ヴァージョン楽曲とその周辺作のコンピレーション作となっております。





内容は言わずもがな。ラインアップは、Keith West(Vo)、御存知!名手Steve Howe(G、後にYes、Asia、GTR、ABWH)、John ”Junior”Wood(B)、John”Twink”Alder(Ds、後にThe Pretty Things、Pink Fairies)となります。



また、”The Aquarian Age”はJohn”Junior”WoodとJohn”Twink”Alderの二名によるもの。二バンド共にプロデューサーMark Wirtz(Key)のゲスト参加がございます。



Keith Westソロ作は驚きの豪華名手ラインナップ。


Keith West(Vo)、Steve Howe(G、B on”The Kid Was A Killer ”)、Ronnie Wood(B、ex-第一期Jeff Beck Group、後にThe Faces、The Rolling Stones)、Aynsley Dunbar(Ds、ex-John Mayall & The Blues Breakers、Jeff Beck、

The Aynsley Dunbar Retaliation、Aynsley Dunbar's Blue Whale、David Bowie、Frank Zappa、Journey、Jefferson Starship、Whitesnake、U.F.O.、Michael Schenker、Tony Spinner他)となります。




Steve Howe在籍で後に注目を浴びるバンドではございますが、Keith West主導のバンドでございます。



作曲は”Hopkins/Burgess”によるものでございますが、”Keith Alan Hopkins”というKeith Westの本名と学生時代からの作曲パートナー”Ken Burgess”でございます。



1960年代中期のロック未分化創成期時代の影響が強いサイケ/ポピュラー系ロックでかのThe Yardbirds中後期(Jeff Beck/Jimmy Page在籍時)、同時期のThe Beatles(”Strawberry Fields Forever”のリメイクも....)等々に繋がる音楽性でございます。


またかのKing Crimson結成前夜の同じくサイケ/ポピュラー系ロックの隠れ名盤”Giles,Giles & Fripp”にも繋がるものがございます。




(この類の音楽性特有の)録音等のアイデア優先の音楽性という感がございますが、メロディ感覚を含め非常に質の高いもの。

但し1968年リリースという事、後期The Yardbirds(Jimmy Page主導)と同じく時代の流れに遅れた感がございます。



Steve Howeの演奏は特筆もので、(音楽性は異なるものの)後のYesでの活躍に繋がるものでございますが、何せ使用ギターが明らかにジャズ・ギターでございます。

(当時から)トーン共に特異な個性・感性を持つシーン屈指の技巧派名手であった事がお分かりになられると存じます。



「嘗てJimi HendrixやPete Townshend(The Who)と同じステージに立った事がある。彼らのギターはボロボロだったが、私のギターは綺麗だった。いつも磨いてたからね」との発言はこのTomorrow在籍時の話の模様でございます。






また”Twink”在籍も興味深いもの。(アイデア含め)後に参加するThe Pretty Thingsの名盤に繋がる音楽性でもございます.................................................Steve Howeよりも音楽性成果をこのバンドで得た感がございます...............................




Keith Westソロ名義作ではございますが、(時代性もあるのでしょうか?)サイケポピュラー系のアイデア優先主義を取り払った感があり、本来のメロディ感覚等の優れた作曲が聴かれます。




この音楽性が”Tomorrow”であったならば..............................と思わせる感がございます.............................................




英文ブックレットは非常に興味深い内容となっております........................................................................................................





この機会に是非。





注:発送方法は変更になる場合がございます。宜しく御願い致します。



支払い、配送

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • -PayPayPayPay
    • -クレジットカードYahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
    • -ジャパンネット銀行支払い
    • -銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
    • -コンビニ支払い
    • -Tポイント

配送方法と送料

  • 送料負担:出品者 送料無料
  • 発送元:岐阜県
  • 海外発送:対応しません
  • 発送までの日数:支払い手続きから3~7日で発送
  • 送料: