ジャン=フランソワ・ミレー 工芸複製画「落ち穂拾い」画寸 32cm×41cm F6 バルビゾン派代表的画家 重労働も明るい朝陽の色彩が描写 1937

未使用
  • ジャン=フランソワ・ミレー 工芸複製画「落ち穂拾い」画寸 32cm×41cm F6 バルビゾン派代表的画家 重労働も明るい朝陽の色彩が描写 1937_画像1
  • ジャン=フランソワ・ミレー 工芸複製画「落ち穂拾い」画寸 32cm×41cm F6 バルビゾン派代表的画家 重労働も明るい朝陽の色彩が描写 1937_画像2
  • ジャン=フランソワ・ミレー 工芸複製画「落ち穂拾い」画寸 32cm×41cm F6 バルビゾン派代表的画家 重労働も明るい朝陽の色彩が描写 1937_画像3
  • ジャン=フランソワ・ミレー 工芸複製画「落ち穂拾い」画寸 32cm×41cm F6 バルビゾン派代表的画家 重労働も明るい朝陽の色彩が描写 1937_画像4
  • ジャン=フランソワ・ミレー 工芸複製画「落ち穂拾い」画寸 32cm×41cm F6 バルビゾン派代表的画家 重労働も明るい朝陽の色彩が描写 1937_画像5
  • ジャン=フランソワ・ミレー 工芸複製画「落ち穂拾い」画寸 32cm×41cm F6 バルビゾン派代表的画家 重労働も明るい朝陽の色彩が描写 1937_画像6
  • ジャン=フランソワ・ミレー 工芸複製画「落ち穂拾い」画寸 32cm×41cm F6 バルビゾン派代表的画家 重労働も明るい朝陽の色彩が描写 1937_画像7
  • ジャン=フランソワ・ミレー 工芸複製画「落ち穂拾い」画寸 32cm×41cm F6 バルビゾン派代表的画家 重労働も明るい朝陽の色彩が描写 1937_画像8
  • 個数
    1
  • 開始日時
    2020.06.04(木)19:54
  • 終了日時
    2020.06.05(金)19:54
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり
  • この商品で使えるクーポンあります

    現在価格
    6,980円(税 0 円)
    送料
    即決価格
    7,500円(税 0 円)
    送料
    今すぐ落札する
  • 入札

    閉じる

    Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

    Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

    Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

    配送方法と送料(

    閉じる
    落札後いずれかの配送方法をお選び下さい
    への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)
    配送情報の取得に失敗しました

    送料負担:落札者

    発送元:大阪府

    発送までの日数:支払い手続きから2~3日で発送

    海外発送:対応しません

  • 出品者情報

    hatenkous43さん
    総合評価: 3427
    良い評価 99.9%
    出品地域:
    大阪府

商品説明

カテゴリ
状態
  • 未使用

★ジャン=フランソワ・ミレー 工芸複製画「落ち穂拾い」★

商品詳細


■作家・作品紹介

 ジャン=フランソワ・ミレー(Jean-Franois Millet)
 1814年10月4日~1875年1月20日[4])は、19世紀のフランスの画家。
 バルビゾン派の代表的画家の1人とされ、特に農民画で知られる。


略歴
 1814年 フランス北部シェルブール近郊の村グリュシューに生まれる。
     生家は裕福ではないが格式のある旧家で、父は農業の傍ら
     教会の合唱団の指揮者、彫刻もしていた美術愛好家。
     家庭は敬虔なカトリック教徒で、祖母が忙しい母に代わり
     子供たちを育てたが、それは厳しくも愛情豊かであった。
     ミレーのその後の作品の中に祖母の教えが息づいている。

     長男であるがゆえに本来、父のあとを継ぎ農業を続ける
     べきであったが、父はミレーの才能を認め画家になる事を
     許した。
     祖母の勧めでシェルブールに出て画家ラングロワの画塾に
     入るが成績優秀なためシェルブール市から奨学金を得られ
     パリの国立美術学校に入門する。
     しかし、授業内容やパリの風になじめず1839年美術学校を
     退学。
     その結果、市からの奨学金も打ち切られ、生活のために彼の
     嫌いだったヴァトゥーやブーシェのような風俗画や裸婦を
     描かなければならなかった。

     だが、翌年のサロンで『ルフラン氏の肖像』が入選し郷里でも
     そのことが評判になった。
     ついに画家としての第一歩を踏み出すことが出来たのである。

     地元シェルブールでポーリー・オノと結婚し肖像画家として
     活動するが、三年の間あまり評判は得られず再び新妻を連れて
     パリに出たが貧しく不遇な年月を送る。
 1844年 妻ポリーヌも若くして病死してしまう。ミレーにとって最悪の
     3年間であった。
     その後、シェルブールで二人目の妻となるカトリーヌ・ルメールと
     出会うが実家が結婚に反対したため二人は駆け落ち同然で
     パリに出た。
     その後も極貧生活は続くがカトリーヌは貧しさに耐え献身的に
     夫ミレーに尽くし生活を支えた。
     カトリーヌの支えなしに巨匠ミレーはありえなかったといえる。
 1848年 サロンで『箕をふるう人』が好評を得て新政府によって
     買い上げられ、内務大臣からも注文を受けることとなった。
     この頃から農民画家としてミレーの画風が確立し始めてきた。
     しかし、パリではコレラが流行り始めたため、妻と3人の子供
     をつれ郊外の村バルビゾンへ避難した。
     数週間で再びパリに戻るつもりだったがバルビゾン村が気に
     入ってしまい、この地で作品作りに没頭した。
    
     生活は相変わらず楽ではなかったが、少しづつ評価が高まり
    『落穂拾い』『晩鐘』『羊飼いの少女』など後世、傑作といわれる
     名画が生まれ出てきた。
     しかし、不思議なことにミレーの評価はすでにアメリカで
     高まっていた。
    『晩鐘』がプロテスタントのアメリカ人に賞賛をもって迎えられた。
 1860年 ミレーの作品はベルギーの画商に25点も高額で売れ、
     貧困生活に別れを告げることとなる。ミレー46歳である。
 1867年 パリ万博で『落穂拾い』『夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い』等を
     出展し、地位と名声を揺るぎないものとした。

     その後は画家として巨匠の道を歩む。
 1874年 家族に看取られながら亡くなった。享年60歳。



★作品タイトル「落ち穂拾い」 1857年作品  

 技法:キャンバスに油彩
 寸法:83.5×111cm
 所蔵:オルセー美術館/パリ
 

 背景には穀物がうず高く積まれ、馬に乗った地主と、刈り入れの為に
 雇われた使用人が描かれています。
 手前の3人の農婦は、刈り入れが終わった後の畑に残った麦の穂を、
 地主の許可を得て拾い集めるもっとも貧しい農民達です。
(地主は落穂を拾う農夫達のためにわざと麦穂をこぼすルールがありました。)
 両者は対比するように描かれていますが、農婦3人を手前に大きく
 配置することで貧しくとも逞しい労働者へ、最大の尊厳を与えている
 事がわかります。



■サイズ・コンディション、その他

 サイズ

  作品 41cm×32cm F6
  額縁 58cm×49cm

 
 コンディション

  未使用保管品
  額縁は若干小傷有ります。


 その他

  作品面にネームプレート有り
  

  プチプチで保護し段ボール梱包(配送注意:ガラスワレモノシール貼り発送)
  致しますが、アクリルカバー等が配送中万が一破損しても保証対象外に
  なりますのでご了承願います。


支払詳細

Yahoo!かんたん決済(詳細
 
発送詳細
ヤマト運輸
その他別の発送方法対応可、着払い局留め対応可、同梱発送対応可

その他





この他色々と取り扱いしてます。下記のマイオークションのバナーをクリックして下さい。





























支払い、配送

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • -PayPay
    • -クレジットカードYahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
    • -インターネットバンキング
    • -ジャパンネット銀行支払い
    • -銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
    • -コンビニ支払い

配送方法と送料

  • 送料負担:落札者
  • 発送元:大阪府
  • 海外発送:対応しません
  • 発送までの日数:支払い手続きから2~3日で発送
  • 送料: