名手Steve Morse/Rod Morgenstein在籍 Dixie Dregs 大傑作3rd「What If」日本独自リマスター紙ジャケットSHM-CD仕様限定盤 未開封新品。

送料無料 未使用
  • 名手Steve Morse/Rod Morgenstein在籍 Dixie Dregs 大傑作3rd「What If」日本独自リマスター紙ジャケットSHM-CD仕様限定盤 未開封新品。_画像1
  • 名手Steve Morse/Rod Morgenstein在籍 Dixie Dregs 大傑作3rd「What If」日本独自リマスター紙ジャケットSHM-CD仕様限定盤 未開封新品。_画像2
  • 個数
    1
  • 開始日時
    2019.10.14(月)08:26
  • 終了日時
    2019.10.20(日)22:26
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり
  • この商品は送料無料で出品されています。

この商品も注目されています

    • この商品で使えるクーポンあります

      現在価格
      10,000円(税 0 円)
      送料
    • 入札

      閉じる

      Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

      Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

      Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

      配送方法と送料(

      閉じる
      への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)
      配送情報の取得に失敗しました

      送料負担:出品者

      発送元:岐阜県

      発送日までの日数:支払い手続きから3~6日で発送

      海外発送:対応しません

    • 出品者情報

      platinumoon2112さん
      総合評価: 446
      良い評価 100%
      出品地域:
      岐阜県

    商品説明

    御存知!名手Steve Morse/Rod Morgenstein在籍 Dixie Dregs 大傑作3rd「What If」 日本独自リマスター紙ジャケットSHM-CD仕様限定盤 未開封新品でございます。



    2012年日本独自リマスターでございますが、本国アナログ・マスターテープのデータ化に伴う日本独自再発企画の模様。

    日本特有の高音中心で幾分杓子定規的なリマスターでございますが、非常に良心的な音質となっております。



    内容は言わずもがな。



    ラインナップは名手揃い、Steve Morse(G、G-Syn、Banjo 現在Deep Purple兼任。後にThe Dregs、Steve Morse Band、Kansas)、Rod Morgenstein(Ds、Vo 現Winger兼任。後にThe Dregs、Steve Morse Band、Zeno、

    Rudess/Morgenstein Project、Jazz is Dead他)、Andy West(B、後にThe Dregs、Vinnie Moore セッション他)、Alan Sloan(Fiddle、Electric Violin、Viola他)、Mark Parrish(Key)となります。




    1978年アメリカ・カリフォルニア州”Chateau Recorders”での制作。


    かのKen Scott(Mahavishnu Orchestra、Supertramp大傑作”Crime of the Century”、David Bowie、後にJeff Beckの大傑作”There and Back”等を手掛ける)によるプロデュースとなります。






    かの”マイアミ大学”の生徒兼講師Steve Morse、Andy Westが前身のDixie Gritを基に紆余曲折後、同期のRod Morgenstein、Alan Sloanと共に在学時に結成。



    1975年自主制作にて1st”Great Spectacular”を制作(残念ながらオリジナル・ミックスは失われている模様。残されたマルチ・トラック・テープから再度ミキシングされCD化)するも好評を呼び、

    Steve Davidowskiを迎え卒業後かのサザン・ロック系レーベル”Capricorn Records”と契約(当時はジャズ/フュージョン/クロスオーヴァー全盛期。かのSea Levelが契約している事もあり、白羽の矢が立った感)。


    前作”Free Fall”制作後Steve Davidowskiが離脱。


    そもそもバンド創成期初期から絡んでいたMark Parrishを後任に迎え、新作の好評もあり新体制(元来の姿とも言えますが...........)の御披露目・試行も兼ね中規模のツアーをこなし、


    満を持して新作制作に乗り出す..................という経緯がございます。




    Dixie Dregsはジャズ/フュージョン系にカテゴライズされますが、カントリー/ブルーグラス系とロック音楽の影響が強い音楽性。



    後にSteve Morseが加入するかのKansas(但し、Fiddle奏者在籍時)やMahavishnu Orchestra(後にDixie Dregsに参加するJerry Goodman在籍時)の影響が強いもので非常に躍動感溢れる音楽性。


    抒情性が加味されているものの、カントリー/ブルーグラス系の大陸トラッド系の明るい色彩感が伴う音楽性がミソでございます。


    但し、非常に色彩感に溢れたもの。そのカントリー/ブルーグラス系のルーツとも言われるケルト音楽の影響がメロディ感覚と共に非常に強く感じられる事も非常に興味深いものでございます。

    (Steve Morseの重要な音楽的ルーツの感がございます。Steve Morse参加以降のかのDeep Purpleでも聴かれる音楽性ではございますが..............................)




    今作では前作以上にロック色が強められており、HR/HM系にも繋がる躍動感を伴う音楽性。


    また音楽性のルーツたる”Mahavishnu Orchestra”の大傑作「Birds of Fire」を手掛けたKen Scottがプロデューサーという事もあり、前作よりもジャズ/ロックやプログレッシヴ・ロック系の音楽性が強められた感がございます。

    前述のカントリー/ブルーグラス系の音楽性が全体的に薄められており、またその要素は一曲に纏められている事がミソでございます。



    前作にあった”Sense of Humor”感が全体的に薄められ(その要素も一曲に纏められ)、シリアス感が強められたもの。


    楽曲や演奏・アンサンブルの複雑さが強調された感があり、”Mahavishnu Orchestraの再来を音楽性に意識した感がございます。




    後にKansas、Deep Purpleに参加する事からもSteve Morseのギターヒーロー的なハイテク性が注目を浴びがちでございますが、当時からバンド自体の演奏・アンサンブルのハイテク性が注目を浴びており、


    また演奏・アンサンブルの間を上手く生かしたもの。されど前作同様楽曲重視やメロディ重視もあり非常に聴き易い音楽性がミソでございます。



    但し、今作ではそのギターヒーロー感(かのJohn Mclaughlin的)が強調されている事がミソでございます。






    そもそもマイアミ大学での音楽共同体から生まれたバンドではございますが、同期でかのPat Metheny、Danny Gottlieb、故Jaco Pastorius(生徒ではなく講師)、Bruce Hornsby(!)、Will Lee等々がその共同体に属しており、

    (後に加わる故T.Lavitzやかの名手故Hiram Bullockも属しており、後者はPat Methenyの生徒だったとか........................後に名手Andy Timmonsが入学致しますが.................................)




    スタイルが異なれどカテゴリーに収まり切れない独特の音楽性は皆同様。非常に興味深いものがございます...........................................






    名手系ミュージシャン(渡辺香津美さん等)や後に名手系として登場するミュージシャン(かのReb Beach等)の非常に高い評価がございます。





    今作はジャズ/ロック、プログレッシヴ・ロック系の通受けファンに評価が高いものでございます。


    されど(今作では非常に薄められておりますが)前述のカントリー/ブルーグラス系独特の音楽性を持つバンドの印象がこの類の音楽性を好む筈のジャズ/ロック系やプログレッシヴ・ロック系のファン(特に日本)に敬遠された感があり、

    音楽シーン特有の”興味の欠如”との葛藤が続く事となります............................................................




    (ツアー中には観客が数名のみでのライヴを行う事もあり、挙句の果てにはその観客に宿泊を頼む事もあったとか.............................................何かねぇ...............................)





    現在では入手が非常に困難。この機会に是非。


    注:発送方法は変更になる場合がございます。宜しく御願い致します。




    支払い、配送

    支払い方法

    • Yahoo!かんたん決済
      • -PayPay
      • -クレジットカードYahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
      • -インターネットバンキング
      • -ジャパンネット銀行支払い
      • -銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
      • -コンビニ支払い

    配送方法と送料

    • 送料負担:出品者 送料無料
    • 発送元:岐阜県
    • 海外発送:対応しません
    • 発送日までの日数:支払い手続きから3~6日で発送
    • 送料: