(覚醒剤/覚せい剤ドットコム/かくせいざい)覚せい剤.com・kakuseizai .com 警察、病院、法律事務所、投資家向け相談可能商品ドメイン 10%募金 Yahoo!かんたん決済 即決価格

  • (覚醒剤/覚せい剤ドットコム/かくせいざい)覚せい剤.com・kakuseizai .com 警察、病院、法律事務所、投資家向け相談可能商品ドメイン_画像1
  • (覚醒剤/覚せい剤ドットコム/かくせいざい)覚せい剤.com・kakuseizai .com 警察、病院、法律事務所、投資家向け相談可能商品ドメイン_画像2
  • (覚醒剤/覚せい剤ドットコム/かくせいざい)覚せい剤.com・kakuseizai .com 警察、病院、法律事務所、投資家向け相談可能商品ドメイン_画像3
  • 状態
    現在サイト掲載中
  • 個数
    1
  • 開始日時
    2018.09.20(木)12:52
  • 終了日時
    2018.09.27(木)12:43
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり

商品説明

(代理出品につき ご質問にはお時間頂戴します)

社会貢献のつもりで

 まずは グーグル、ヤフーで (覚せい剤ドットコム)を検索してみてください。
 
覚せい剤ドットコム 公式ツイッター追加。

https://twitter.com/kakuseizaicom


警察、病院、法律事務所らで、まだ奪いあいますか。

どの分野でもほしいエンドレスクライアント。

それは「覚せい剤」ではありませんか?

強烈な競争率の(覚せい剤)SEO対策。
 
日本の文化 覚せい剤。
 
なくなることなどない 覚せい剤。

日本の構造上、なくなるとこまる覚せい剤。

きれいごとは抜きで、社会はそうやっていつもまわっています。
 
ネットでは 覚せい剤 キーワード検索は戦争です。
 
覚せい剤をキーワード検索上位に設定の困難性。
 
常に更新され混濁するキーワード。
 
再びサイトに行きたくても 見つけるのが大変。
 
ドメインなんて 覚えていない。
 
そこで インパクトのある ドットコム。

ついでにヤフーでも(覚せい剤ドットコム)で検索してみてください。
 
(例)
 
① トランプドットコム  
② ヨドバシドットコム
③ せっくすドットコム
④ カジノドットコム
 
 その他 億単位のミリオンドメインは ドットコム。
 
覚せい剤に係る機関が検索上位に出すことはとても大変です。
 
そして覚えて もらうことも大変です。
 
しかし どっとこむ なら 簡単です。
 
スマホ や PC、タブレットで 「kakuseizai .com  」
 
それだけで たどりつくことができるのです。
 
この商品は 有能ドメイン&サンプルサイト(SEO)
 
覚せい剤.com (保険の意味で日本語ドメイン)
 
kakuseizai .com 
 
の ドメインセットです。
 
ご購入後は 知的財産権も取得すれば
 
他方の機関にライセンス契約ができます。
 
これからは 薬物乱用者が警察緊急逮捕され
 
留置場で名簿をみて弁護士選びはもう古い。
 
逮捕されたら(覚せい剤どっとこむ でおねがいします!)
 
こんな 一言で 弁護士の手配から
 
調査事務所の手配まで短絡処理。
 
もう そんな時代がきてもおかしくありません。
 
(弁護人の選任は電話でないといけない法律はない)
 
そして 覚せい剤事件に強い法律事務所や
 
弁護士は 仕事をとりこぼすことなく仕事が得られ
 
病院や 薬物相談の核として連携したサイト運営ができます。
 
また、被疑者は 延滞ない対応を受けられます。
 
知り合いに弁護士がいなくても 即対応。
 
 覚せい剤事犯を 多く取り入れたい法律事務所。
 
もっと簡易に警告したい警察関係サイト。
 
医療と治療の観点から運営する薬物サイト。
 
 
証拠調査や弁護士依頼まで 簡潔にリンクするポータルサイト。
 
使い方は考案してみてください。 いくらでもあるはずです。

覚せい剤に係るニュース投稿や広告、SNSの応用。
 
使い方次第で 有能なサイトへ 化けます。

おまけにBingでも(覚せい剤ドットコム)で検索してみてください。
 
現在は サンプルサイトです。

なお、各機関より多数問い合わせがありますので告知なく取り下げることがあります。
 
SEO対策はしていますが カウンターはDです。
 
 
 
実力は 実際に kakuseizai.com で
 
 
 検索すれば わかります。
 
なお、「覚醒剤」ではなく、なぜ「覚せい剤」なのかについては以下参照。

(MBS報道局記事から)

「覚醒剤」と「覚せい剤」という漢字とひらがなの表記の混在が見られます。

「○○容疑者が覚醒剤を使用したとして覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されました」。

漢字への変換を忘れているのではありません。

ひらがなを用いるのは容疑や罪名に言及する場合です。

なぜなら法律の名前が「覚せい剤取締法」と、ひらがなを使っているからです。

「醒」の字は法律が作られた1951年当時、当用漢字に含まれていませんでした。

その後、2010年に常用漢字になったため、放送では、覚醒剤そのものを表記する場合は

漢字を用いるようになったのですが、法律は固有名詞ということで

ひらがな表記のままになっています。

しかし、常用漢字の改定から5年以上たち、報道デスクたちの間から

「いつまでも漢字とひらがなの混在はややこしい。そろそろ漢字に統一できないのか」

という嘆きの声が上がっています。

そこで覚せい剤取締法を所管している厚生労働省に、法律名が漢字表記にならないのか聞いてみました。

実は厚労省が同じく所管している「麻薬及び向精神薬取締法」が2013年に改正された際に、

条文中の「覚せい剤」の表記が「覚醒剤」に改められました。

ところが、覚せい剤取締法は今のところ改正する状況にはないとのことでした。

というのも、すでに国際的にも最高基準の取り締まりレベルにあり、

法律としては完成度が高いそうで、いじる必要がないそうです。

表記を漢字に変えるだけでもしたらいいのにとは思いますが、それも法律の改正に当たり、

国会を通さなければなりません。

国会はただでさえ常々たくさんの法案を審議していて、

条文の変更や追加といった中身の変化が伴わないようなものは改正の対象にならないようです。

用語界の覚醒剤問題は、皮肉にも覚醒剤事件の犯罪情勢に変化があり、新たな規制を設けたり、

罰則を変えたりしないと対処できない状況にならない限り、解消されそうにありません。

以上のことから、日本語ドメインは「覚せい剤」にしています。

通常のドメインはメールアドレスを作成できる観点から「kakuseizai」にしています。

(例)osaka@kakuseizai.com


データーUPで 乗せ換え 即可能です。
 
もちろん ノンクレーム ノンリターン です。
 
その他の相談もお受けします。

(95パーセント値引き相談可能)(社会貢献割引相談可能)
 
 

支払い、配送

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • -Yahoo!マネー/預金払い
    • -クレジットカードVISA MASTER JCB DINERS AMEX
    • -インターネットバンキング
    • -ジャパンネット銀行支払い
    • -銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
    • -コンビニ支払い

配送方法

  • 送料負担:落札者
  • 発送元:京都府
  • 海外発送:対応しません
  • 発送日までの日数:支払い手続きから3~6日で発送
  • 発送方法:
    • ドメイン移転
      :着払い