すべてのカテゴリ

  • すべて
  • コンピュータ
  • 家電、AV、カメラ
  • 音楽
  • 本、雑誌
  • 映画、ビデオ
  • おもちゃ、ゲーム
  • ホビー、カルチャー
  • アンティーク、コレクション
  • スポーツ、レジャー
  • 自動車、オートバイ
  • ファッション
  • アクセサリー、時計
  • ビューティ、ヘルスケア
  • 食品、飲料
  • 住まい、インテリア
  • ペット、生き物
  • 事務、店舗用品
  • 花、園芸
  • チケット、金券、宿泊予約
  • ベビー用品
  • タレントグッズ
  • コミック、アニメグッズ
  • 不動産
  • チャリティー
  • その他
閉じる

保存刀剣鑑定書付「直江志津・兼延」古刀・南北朝時代の名工・大切っ先の迫力ある刀身!これぞ南北朝時代・重要刀剣候補・約二尺四寸・業物

このオークションは終了しています

このオークションの出品者、落札者はログインしてください。

商品の情報

現在価格
: 

351,000円

(税0円)

残り時間 :  終了 詳細な残り時間
入札件数 :  167 入札履歴

詳細情報

個数
:  1
開始時の価格 :  1,000 円
落札者 :  s*6*5*** 評価:820
開始日時 :  10月 17日(木) 11時 42分
終了日時 :  10月 24日(木) 19時 33分
カレンダーに追加 カレンダーに追加
入札者評価制限 :  総合評価での制限 あり (評価の合計がマイナスの方は入札できません)
悪い評価の割合での制限 あり (悪い評価の割合が多い方は入札できません)
早期終了 :  あり
自動延長 :  あり
オークションID :  u309017356
商品の状態 :  やや傷や汚れあり
返品の可否 :  返品不可
1571280146 1571913189

出品者の情報

出品者 toukenbugu ダイヤモンド
評価 613619 - 6)
評価の詳細
支払いについて
・ Yahoo!かんたん決済
送料、商品の受け取りについて
商品発送元地域 栃木県

商品画像

小さな画像をクリックすると、下に拡大表示されます。

  • 保存刀剣鑑定書付「直江志津・兼延」古刀・南北朝時代の名工・大切っ先の迫力ある刀身!これぞ南北朝時代・重要刀剣候補・約二尺四寸・業物_画像1
  • 保存刀剣鑑定書付「直江志津・兼延」古刀・南北朝時代の名工・大切っ先の迫力ある刀身!これぞ南北朝時代・重要刀剣候補・約二尺四寸・業物_画像2
  • 保存刀剣鑑定書付「直江志津・兼延」古刀・南北朝時代の名工・大切っ先の迫力ある刀身!これぞ南北朝時代・重要刀剣候補・約二尺四寸・業物_画像3
  • 保存刀剣鑑定書付「直江志津・兼延」古刀・南北朝時代の名工・大切っ先の迫力ある刀身!これぞ南北朝時代・重要刀剣候補・約二尺四寸・業物_画像4
保存刀剣鑑定書付「直江志津・兼延」古刀・南北朝時代の名工・大切っ先の迫力ある刀身!これぞ南北朝時代・重要刀剣候補・約二尺四寸・業物_画像1

商品説明

xvpbvx

 

 

 


ご覧いただきありがとうございます。今回出品する品物は、写真の刀です。





銃砲刀剣類登録証番号福岡県 第46316号

種別  刀
長さ  72.2センチ
反り    1.7センチ
目くぎ穴 ひょうたん1個 


元幅約3.0センチ 元重約0.85センチ
先幅約2.4センチ

切っ先長さ約7.4センチ

刀身の重さ約710グラム

銘文 無銘(兼延)保存刀剣鑑定書付き

南北朝時代の名工「兼延」の御刀です。古刀期の南北朝時代において、直江志津一派の名工として名高い兼延の御刀で
保存刀剣鑑定書もついてる本物保証の一振りです。
刀身は、磨り上げながらも二尺三寸八分もあり、もともとは二尺五寸をこえる大太刀で、ハバキ上あたりには独鈷剣が彫られ、その上からは
棒樋が入る鎬造りです。独鈷剣は薄れてはいますが、元々の彫の証で後彫りではありません。切っ先も大切っ先で、鋭い切っ先になっていて
南北朝時代ならでは体配をしています。のちに江戸後期(新々刀)時代には、源清麿や水心子正秀などらが、このような南北朝期の古刀の復興
を目指して、南北朝写しを作ったのです。やはり刀剣は南北朝時代のこの大切っ先時代は、どの時代の刀工でもあこがれる体配で、刀剣の美を
感じれます。
状態は、小さな錆跡はありますが、刃こぼれや刃切れ膨れなどの欠点はありませんので、このままで十分鑑賞できます。ハバキも極上な銀無垢ハバキ
に鍍金仕上げの高級ハバキです。今は保存刀剣の鑑定書が付いていますが、もちろん上を狙える一振りで、特別保存刀剣や重要候補である刀身になります

大磨上無銘ながら、南北朝時代の直江志津一門の兼延と極められた刀である。
鎌倉時代末期、美濃国志津の地に、正宗十哲の一人に数えられる兼氏が来住して志津一門を創始した。次世代南北朝時代に入ると、子や門人達の兼友、兼俊、
兼延らが美濃国直江村に拠点を移して鍛刀に励んだ。彼ら一門を総括して『直江志津』と呼称している。
銘鑑によると兼延は兼氏の次男で兼俊の弟。初代を応安頃(1358~)、二代を明徳頃(1390~)としている。南北両朝の戦乱は全国に広がり需要の増大に応じて
同門の鍛冶らは豪壮で長大な太刀姿の、相州伝に美濃伝の要素を加えて独特の地刃を完成させて多くの優作を創出している。同派の刀は僅かながら有銘品を
慧眼するも、多くは大磨上げ無銘の極め物である。
室町期の後代直江志津一門は南北朝統一による需要の低迷による衰退や度重なる河川の氾濫により直江の地を離れて関や赤坂の地に移住。明応頃(1492~)の
小山に住した兼延はのちに尾張志賀(現名古屋市北区金城町)に移住し『志賀関』と呼称されている。
本作の迫力ある切先はいにしえの豪壮な姿を彷彿させ、大磨上げながらも南北朝盛期の威風堂々たる体躯を湛えた地刃ともに健全な優作。
直江志津一門のとりわけ兼延の作風を明示する出来である。保存刀剣審査で兼延と個銘が記された。
無銘ながらも直江志津の一派名ではなく個銘の「兼延」と入るのは、やはり出来のいい証であり、特別保存刀剣や重要刀剣を狙える一振りであります






あとは写真と画像を見て判断下さい

質問はわかる範囲でお答えしますので、入札前にお願いします。

発送はゆうパックの着払いです。

※注意事項※

落札しましたら、登録のある教育委員会に名義変更届を出してください。

よろしくお願いします。






支払いについて

決済方法 Yahoo!かんたん決済
     - PayPay  
     - クレジットカード決済   Yahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
     - インターネットバンキング  
     - ジャパンネット銀行支払い
     - 銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
     - コンビニ支払い

送料、商品の受け取りについて

送料負担落札者
商品発送元地域栃木県
海外発送 対応しません
発送日までの日数 支払い手続きから3~6日で発送
配送方法 ゆうパック
着払い

更新履歴

10月 19日: 質問回答