すべてのカテゴリ

  • すべて
  • コンピュータ
  • 家電、AV、カメラ
  • 音楽
  • 本、雑誌
  • 映画、ビデオ
  • おもちゃ、ゲーム
  • ホビー、カルチャー
  • アンティーク、コレクション
  • スポーツ、レジャー
  • 自動車、オートバイ
  • ファッション
  • アクセサリー、時計
  • ビューティ、ヘルスケア
  • 食品、飲料
  • 住まい、インテリア
  • ペット、生き物
  • 事務、店舗用品
  • 花、園芸
  • チケット、金券、宿泊予約
  • ベビー用品
  • タレントグッズ
  • コミック、アニメグッズ
  • 不動産
  • チャリティー
  • その他
閉じる

スリービーチ VARI 8000S 420-800mm 超望遠ズームレンズ 天体望遠鏡的特性で月面の高解像力描写が可能 実写確認結果良好!【分解清掃済み】

送料無料 匿名配送

このオークションは終了しています

このオークションの出品者、落札者はログインしてください。

商品の情報

現在価格
: 

9,050円

(税0円)

残り時間 :  終了 詳細な残り時間
入札件数 :  12 入札履歴
この商品は送料無料で出品されています。

詳細情報

個数
:  1
開始時の価格 :  2,980 円
落札者 :  Z*a*n*** 評価:189
開始日時 :  8月 24日(土) 17時 9分
終了日時 :  8月 31日(土) 21時 52分
カレンダーに追加 カレンダーに追加
入札者評価制限 :  総合評価での制限 あり (評価の合計がマイナスの方は入札できません)
悪い評価の割合での制限 あり (悪い評価の割合が多い方は入札できません)
入札者認証制限 :  あり
早期終了 :  あり
自動延長 :  あり
オークションID :  u296609739
商品の状態 :  目立った傷や汚れなし
返品の可否 :  返品不可
1566634192 1567255922

出品者の情報

出品者 old_lens_fun
評価 4545 - 0)
評価の詳細
支払いについて
・ Yahoo!かんたん決済
送料、商品の受け取りについて
商品発送元地域 北海道

商品画像

小さな画像をクリックすると、下に拡大表示されます。

  • テレプラスを使用し1600mmで撮影後画像処理
  • コーティングの状態は良好です
  • 背後から照らしてもレンズ内は極めてクリア
  • わずかな汚れも除去済みです
  • 上が800mm,下が420mmの状態です
  • これらの5点が出品物です
  • 420mmで撮影
  • 700mm最短距離でで撮影
  • 700mmで撮影
  • 木星と土星 撮影後に画像処理を行いました
テレプラスを使用し1600mmで撮影後画像処理

テレプラスを使用し1600mmで撮影後画像処理

商品説明

★このレンズはこれまで主に月面写真など天体望遠鏡的な用途に使用してきましたので望遠鏡のカテゴリーから出品し,天体写真撮影にかかわる説明が多くなっていますが,ネイチャーフォトをはじめ一般の撮影対象にも使用できます。

<出品物は以下の5点です>
1 VARI 8000S 420-800mm本体
2 フロントキャップ(62mm)
3 CANON EFマウント用リアキャップ
4 CANON EFマウント用Tマウント
5 専用レンズフード 
※CANON EFマウント用の3と4のセットの部分については,他のマウント用のものも数種類所有していますので,変更のご希望がございましたら質問欄からお問い合わせください。確認してみます。

【送料】
・「ゆうパックおてがる版」送料無料で発送致します。

【商品の状態および特徴等】
○カビ,くもり,バル切れはなく,レンズ全体の透明度はかなり良好です。
※当初,内部にわずかなほこりと,後玉内面に薄汚れが見られましたが,今回出品するに当たり分解清掃を行いました。
〇前玉のコーティングの反射光にはむらがなくきれいな状態です。
○実写結果から中心解像力が高くコントラストが良好な描写ができることを確認しています。
○フォーカスリングの回転はスムーズです。
○鏡筒表面の状態は使用感は少なめで目立つ傷もなくきれいです。
〇マウント部に接眼レンズを取り付ける工夫をすると天体望遠鏡として使用でき,月面のクレーター,木星の縞模様,土星のリング等も観察できます。
〇被写体に2m近くまで寄ることができ,テレマクロ撮影が可能です。これはスリービーチ社の同コンセプトの商品の中でもVARI 8000Sのみの特徴です。

【その他】
○出品した個体による実写例や外観及びレンズの状態等についての画像を以下にアップロードしてありますので入札をお考えの方はぜひご覧ください。
https://yahoo.jp/box/wCAlJb

【天体写真撮影への適性】
○スリービーチ社は,もともと天体望遠鏡のパーツや完成品を扱う老舗の町工場的なメーカーです。ある時期から一眼レフカメラ用の望遠レンズも手がけるようになりました。今回出品したタイプの超望遠ズームレンズは複数のバリエーションが存在しています。
○私自身,口径5cm(今回の出品物)・6cm・8cm・10cmを所有し,すべて実写に使用してきましたが,これらの超望遠ズームレンズは,いずれの口径のものも基本的な構造とともに光学的特性が共通しています。それは,高倍率での使用を前提とした天体望遠鏡と同様に中心解像力が高く,中心から離れるにつれて解像力が低下する傾向が顕著だということです。
〇一般的なカメラレンズの場合、画面の周辺までできるだけ均一な解像力を確保できるような設計になっているため、周辺部での像の悪化は少なくなっています。しかし、その分画面中心部の解像力は多少犠牲になっているようです。それに対して昔からある天体望遠鏡は高倍率での使用にも対応できるように、中心部の解像力を重視した設計になっています。
〇VARI 8000Sが発売された当時はフィルムカメラが主流だったため35mmサイズ(現在のデジタル一眼ではフルサイズ)で使用できるイメージサークルを確保していますが,フルサイズで使用すると特に420mm側で使用したときに画面周辺で像が流れ気味になり解像力の低下を感じます。しかし,現在のデジタル一眼で多くの方が所有しているAPS-CサイズやDXフォーマットのセンサーをもつカメラで使用すると,像の流れが目立つ外周部は画角外となるため解像力が高い中心付近の像だけを利用することになり,画面周辺までシャープな描写ができます。フルサイズのカメラで使用しても,月面写真や惑星写真などでは外周部が真っ暗な空の部分になるため良好な撮影結果が得られます。
〇フルサイズで使用した場合でも野鳥の写真などでは,中央の被写体にピントを合わせると,像が流れ気味になる外周部は被写界深度外となり像の流れが気にならなくなります。
○このレンズは本来カメラレンズとして設計されたものですが,接眼レンズを取り付ける工夫をすると高倍率でもシャープに見える天体望遠鏡として使用することができます。見方を変えると一般撮影で望遠レンズとしても使用できる天体望遠鏡と言っても誤りではないと思います。

【実写例の月面及び惑星の写真について】
○撮影法
月面写真の場合は赤道儀を使用せずにカメラ用三脚に固定した場合でも,月面全体を画面内におさめる拡大率の場合は,シャッター動作に伴う振動防止に配慮することで十分にシャープな画像が得られました。しかし,接眼レンズなど,強めの拡大光学系を使用した場合は月を画面の中心にとらえることに手間がかかるほか,露出時間が長くなり日周運動による像が流れが発生するため,今回の実写例はすべて赤道儀に固定して自動追尾を行っています。レンズの解像力が高い分,わずかなシャッターぶれの影響が大きく表れますので以下の方法で振動対策をしています。
①Kenko EQ6PRO赤道儀にレンズ本体を直接固定し,月の動きを自動追尾
②カメラのシャッターを先幕電子シャッターにセット(シャッターが開くとき無振動になります)
③赤外線リモコンを使用しカメラに触れることなくシャッターを切る。
※月面及び惑星の写真はすべてAPS-CサイズのSONY NEX-5Rで撮影したものです。拡大光学系は月面写真と土星の写真がKenkoテレプラス2×(C-AF1 2× TELEPULUS MC7),木星の写真がPJ11(タカハシ製)です
○撮影後の画像処理
Adobe photoshop CS2を使用して以下の画像処理を行っています。
[月面写真]
①[シャドー・ハイライト処理]で欠け際とリム部の明暗差を調整しました。昔はMINI COPYフィルムで撮影しPOTA現像したネガから覆い焼きを施す方法でプリントし,思うような仕上がりになるまで印画紙を何枚も無駄にしたものです。しかし,この機能を使用すると簡単に思いどおりの調整ができます。
②クレーターなどの輪郭を目立たせるために[アンシャープマスク処理]と[ガウスぼかし処理]を組み合わせ,それぞれの処理で設定するパラメーターの調整をしながら月面が自然かつシャープに見えるようにしました。
[惑星写真]
①拡大撮影をしても,画面の中では大変小さく写っていますので,部分拡大をしています。
②部分拡大をしたことで惑星表面にノイズが目立ち,表面の様子が不鮮明になります。そこで,連続して撮影した画像を複数枚加算平均することで,ノイズ成分が平均化されて目立たなくなり,実際に存在する模様は平均化されても消えることなく残ります。今回示した実写例の場合土星が16コマ,木星が6コマを加算平均しています。
③月面写真と同様に[アンシャープマスク処理]と[ガウスぼかし処理]を組み合わせることでより鮮明な画像に仕上げました。
○拡大撮影の方法について
 天体望遠鏡用の拡大撮影用アダブターは特別な接続リングを用意しないと取り付けができません。そこで私は,接写用の中間リングの中に接眼レンズを取り付ける工夫をしています。詳しい説明は割愛しますが,もしもご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら質問欄からお問い合わせください。オークション終了までに間に合えば前述のリンク先に画像を置くなど可能な範囲で説明します。

【スリービーチ社について】
 天体望遠鏡が欲しかった私は1970年代にスリービーチ社から接眼レンズ等の部品を通信販売で入手し,小さな天体望遠鏡を組み立てて天体を見ていました。同社はこの当時,毎月天文雑誌に天体望遠鏡の広告を出していたため,当時の天文マニアにはよく知られた天体望遠鏡メーカーでした。ある時期からは自社開発のスリコールという名を冠した望遠レンズも広告に加わりました。しかし,いつの間にか天文雑誌からは姿を消し,ある日の新聞か雑誌の広告で超望遠レンズのメーカーとして安価でお買い得な望遠レンズを売り出していることを知りました。ネット上の情報によるとこのメーカーは職人による自社生産を行う町工場のようなところのようです。しかし,同社は最近になって営業を終了してしまったという情報も見つかりました。出品物のVARI 8000Sなど,同社の超望遠ズームレンズは他のメーカが発想しないようなスペックの製品で,周辺部の画質劣化はありますが超望遠撮影がローコストで実現できる製品だと感じます。
 あまりにも安価なため,安かろう悪かろうという印象を与えてしまうところもあったと思います。しかし,私自身しばらく前に同社のVARI 7000と8000Sを試しに中古で入手し,月面写真を撮影したところ,予想外にシャープな写りに驚きました。ついでに,土星や木星も撮影してみましたが土星については,撮影画像を拡大してみると輪が確認できるだけでなく,気流の状態が良好なときには,輪の中にあるカッシーニの空隙までなんとか判別可能な画像が得られました。


(2019年 8月 24日 23時 09分 追加)
商品写真の説明で誤りがありました。
説明文の中にある700mmという記述は誤りで,正しくはすべて800mmです。
申し訳ありませんでした。

支払いについて

決済方法 Yahoo!かんたん決済
     - PayPay  
     - クレジットカード決済   Yahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
     - インターネットバンキング  
     - ジャパンネット銀行支払い
     - 銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
     - コンビニ支払い

送料、商品の受け取りについて

送料負担出品者送料無料
商品発送元地域北海道
海外発送 対応しません
発送日までの日数 支払い手続きから1~2日で発送
配送方法 ゆうパック(おてがる版) 匿名配送

更新履歴

8月 28日: 質問回答
8月 24日: 商品説明追加