“お茶”はなぜ女のものになったか―茶道から見る戦後の家族 加藤 恵津子 紀伊國屋書店 / 文化人類学的戦後女性茶道研究

  • “お茶”はなぜ女のものになったか―茶道から見る戦後の家族 加藤 恵津子 紀伊國屋書店 / 文化人類学的戦後女性茶道研究_透明保護フィルムでラミネートされています
    閉じる

    透明保護フィルムでラミネートされています

  • “お茶”はなぜ女のものになったか―茶道から見る戦後の家族 加藤 恵津子 紀伊國屋書店 / 文化人類学的戦後女性茶道研究_カバー左下にシール剥がし跡があります
    閉じる

    カバー左下にシール剥がし跡があります

  • “お茶”はなぜ女のものになったか―茶道から見る戦後の家族 加藤 恵津子 紀伊國屋書店 / 文化人類学的戦後女性茶道研究_天にリサイクル印があります
    閉じる

    天にリサイクル印があります

  • “お茶”はなぜ女のものになったか―茶道から見る戦後の家族 加藤 恵津子 紀伊國屋書店 / 文化人類学的戦後女性茶道研究_画像4
  • “お茶”はなぜ女のものになったか―茶道から見る戦後の家族 加藤 恵津子 紀伊國屋書店 / 文化人類学的戦後女性茶道研究_画像5
  • “お茶”はなぜ女のものになったか―茶道から見る戦後の家族 加藤 恵津子 紀伊國屋書店 / 文化人類学的戦後女性茶道研究_画像6
  • 個数
    1
  • 開始日時
    2020.09.19(土)21:40
  • 終了日時
    2020.09.24(木)21:40
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり
  • この商品で使えるクーポンあります

    現在価格
    1,000円(税 0 円)
    送料
    即決価格
    1,600円(税 0 円)
    送料
    今すぐ落札する
  • 入札

    閉じる

    Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

    Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

    Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

    配送方法と送料(

    閉じる
    への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)
    配送情報の取得に失敗しました

    送料負担:落札者

    発送元:千葉県

    発送までの日数:支払い手続きから1~2日で発送

    海外発送:対応しません

  • 出品者情報

    bgisland2010さん
    総合評価: 1229
    良い評価 99.9%
    出品地域:
    千葉県

商品説明

カテゴリ
状態
  • 傷や汚れあり
☆地方の公立図書館の『除籍本』です
・・・・・・・・
“お茶”はなぜ女のものになったか―茶道から見る戦後の家族
加藤 恵津子  (著)

出版社: 紀伊國屋書店
発売日: 2004/12

☆スマホでご覧の方は是非とも「商品説明」の全てをご覧になってからご入札ご検討下さい。
・・・・・・・・・
内容:
『そもそもは男性の文化でありながら、現在は圧倒的に女性によって営まれている茶道。いったい何が彼女たちをそれほどまでに惹きつけるのか。「点前」「社中」「お許し」といった基本要素から説き起こし、茶道の「女性化」の経緯をたどりながら、専業主婦を大量に生み出した戦後の家族のあり方、ひいては女性たちの人生のあり様をあざやかに浮かび上がらせる、ユニークな視点からの戦後日本社会論。 』

目次:
第1章 “お茶”の構造
  (“お茶”の中心としての点前 鍛錬からパフォーマンスへ―“お茶”の三形態 ほか)
第2章 “お茶”の戦後―「総合文化」言説の誕生
  (戦後の文化ナショナリズム 「総合文化」言説の誕生 ほか)
第3章 「社中」という名のネットワーク
  (“お茶”と女性ネットワーク 「社中」の成り立ち ほか)
第4章 戦後女性の人生と“お茶”
  (妻・母と“お茶” 独身女性と“お茶” ほか)

・・・・・・・・
状態:カバーと表紙は透明保護フィルムでラミネートされています。
      カバー裏面にシール剥がし跡があります。
      天と奥付けに図書館リサイクル印があります。
   見返しに白色の管理タグ(5x8cm)が貼られています。

☆開きクセ・耳折れは有りません。
☆本文は、目立つヨゴレ、書き込み、マーキングは見当たらず比較的良好です。(見逃しはご容赦下さい)
 
写真もご参考になさり、入札ご検討ください。
・・・・・・・・
発送:ビニールに包み、追跡のできるクリックポスト郵便を予定しています。(但し事故補償は有りません)
・・・・・・・・
☆疑問点等有りましたらご遠慮なく「出品者への質問」でお問い合わせください。
・・・・・・・・
以下長文:
アマゾンカスタマーレビュー:  
『文化人類学的戦後女性茶道研究
 本書は、キリスト教徒の女性文化人類学者が、1998~99年に首都圏の5つの茶道グループの稽古に参加しつつ行なった現地調査にもとづいて、トロント大学に提出した博士論文を、2004年に和訳・改訂したものである。本書の関心は、明治時代まで主として男性によって担われてきた茶道が、20世紀、特に戦後になぜ女性のものとなったのか、という点にある。
その解明のために、著者はまず<お茶>の中心としての点前の概念を定義し、それが鍛錬とパフォーマンスの両面を持つことを指摘し、またそのモチーフとして、季節感・慶弔といった明示的なものと伝統的権威という隠れたものがあることを指摘する。流派の内部構造についての記述も興味深い。
その上で、戦後茶道の置かれた状況の説明として、文化ナショナリズムの風潮、「総合文化としての茶道」・「茶聖利休」言説の定着、(明治以降の西欧化の中での男性弟子の激減を補うための)「作法」としての女性茶道の発展と、1925~50年生まれの「都市」の「主婦」による「家族の戦後体制」の確立が述べられる。
この戦後に「花嫁修行としての茶道」観が定着するのである。こうした分析の上で、著者自身の参与観察とインタビューの成果が検討される。茶道修練者の最小単位である「社中」の比較検討によって、点前中心志向と「総合芸術」志向の選択が社中次第であること、それが彼女らの社会的・経済的背景と関連していることが明らかにされ、更に中高年既婚女性、中高年独身女性、男性、若い女性がそれぞれ異なる意味を茶道に帰しているさまが分析される。
最終的に、戦後女性と茶道の関連は、主婦たちの社会的認知への願望と関係付けられる(やや月並みか?)。サンプルがどれだけ「典型的な」事例なのか、一般人との関係はどうか、という問題は残るものの、自己の参与観察に基づき、戦後社会と茶道との関連を探ろうとした点は興味深い。』


支払い、配送

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • -PayPayPayPay
    • -クレジットカードYahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
    • -ジャパンネット銀行支払い
    • -銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
    • -コンビニ支払い
    • -Tポイント

配送方法と送料

  • 送料負担:落札者
  • 発送元:千葉県
  • 海外発送:対応しません
  • 発送までの日数:支払い手続きから1~2日で発送
  • 送料: