【超貴重】江藤慎一 直筆サインボール ロッテオリオンズ 両リーグ首位打者達成記念日入 NPB公式球 1971年 昭和46年10月6日 レア 入手困難

匿名配送

このオークションは終了しています

このオークションの出品者、落札者は ログインしてください。

商品情報

  • 個数
    1
  • 開始日時
    2020.02.20(木)23:47
  • 終了日時
    2020.02.22(土)20:19
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり
  • 現在価格
    100,000円(税 0 円)
    送料
  • 入札

    閉じる

    Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

    Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

    Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

    配送方法と送料(

    閉じる
    落札後いずれかの配送方法をお選び下さい
    への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)
    配送情報の取得に失敗しました

    送料負担:落札者

    発送元:東京都

    発送までの日数:支払い手続きから1~2日で発送

    海外発送:対応しません

  • 出品者情報

    出品マスター
    veneresandroさん
    総合評価: 219
    良い評価 99.5%
    出品地域:
    東京都

商品説明

カテゴリ
状態
  • やや傷や汚れあり
【超貴重】故江藤慎一 直筆サインボール ロッテオリオンズ 両リーグ首位打者達成記念日入 NPB公式球

1971年 昭和46年10月6日は、ロッテオリオンズの故江藤愼一が首位打者を確定させた日になります。

プロ野球史上初のセ・パ両リーグでの首位打者獲得。NPBの長い歴史において両リーグ首位打者は2019年現在、内川聖一(現ソフトバンク)と二人だけ。首位打者は実に3回獲得。中日ドラゴンズで1964年と1965年、ロッテオリオンズで1971年。

江藤慎一といえば‘’熱血‘’‘や’闘志‘’が代名詞。常に打席では闘志満々、そしてヘッドスライディングが印象に残る。ただしそれだけで結果が残せるほどプロの世界は甘くはない。
江藤慎一はクレーバーさも兼ね備えていた。ライバル投手であった巨人の城之内邦雄・藤田元司、阪神のバッキー・村山実などのクセを見抜いていた。投手のグローブからわずかに見える指で球種を読んでいた。それを引退するまで誰にも喋っていない。「余計なことは喋らない。食うか食われるかの真剣勝負だから。」

「俺は高卒でいい、だが弟3人は俺が大学に行かせる。」まさに男気の人物。誤魔化しの効かないガチンコ勝負の野球界、腐敗した政界のように女々しければフィールドにいられない。
「正月でもバットを振り続けたよ。」
ただひたすらに目標に向かい頂点を目指す方に、またご自身の名前の由来になった方などに、是非ともこの貴重なアイテムを大切にして頂きたいと思います。

発送は匿名対応のゆうパック、東京発60サイズです。

質問がありましたら遠慮なくお問い合わせ下さい。

支払い、配送

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • -PayPay
    • -クレジットカードYahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
    • -インターネットバンキング
    • -ジャパンネット銀行支払い
    • -銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
    • -コンビニ支払い

配送方法と送料

  • 送料負担:落札者
  • 発送元:東京都
  • 海外発送:対応しません
  • 発送までの日数:支払い手続きから1~2日で発送
  • 送料: