地図付!『歴史群像坂本龍馬」1997※海援隊 薩長同盟 土佐藩山内容堂 武市瑞山 中岡慎太郎 勝海舟 松平慶永(春獄)横井小楠 高杉晋作、他 Yahoo!かんたん決済 即決価格

  • 個数
    1
  • 開始日時
    2019.07.18(木)22:55
  • 終了日時
    2019.07.25(木)22:55
  • 自動延長
    なし
  • 早期終了
    あり
  • この商品で使えるクーポンあります

    現在価格
    543円(税 0 円)
    送料

    0円で入札のチャンス!

    Tポイント

    この商品でのご利用例

    • 現在価格
      543円
    • 入会特典 4,000pt
      -4,000円
    • 入会特典利用後の価格
      0円

    ※残りのポイントは別のお買い物にご利用いただけます

    ※カード審査通過後入会特典4,000ポイントが進呈されます。 ※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。
    Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。

    申し込みする
    即決価格
    555円(税 0 円)
    送料
    今すぐ落札する

    0円で落札のチャンス!

    Tポイント

    この商品でのご利用例

    • 即決価格
      555円
    • 入会特典 4,000pt
      -4,000円
    • 入会特典利用後の価格
      0円

    ※残りのポイントは別のお買い物にご利用いただけます

    ※カード審査通過後入会特典4,000ポイントが進呈されます。 ※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。
    Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。

    申し込みする
  • 入札

    閉じる

    Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

    Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

    Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

    配送方法と送料(

    閉じる
    への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)
    配送情報の取得に失敗しました

    送料負担:落札者

    発送元:千葉県

    発送日までの日数:支払い手続きから1~2日で発送

    海外発送:対応しません

  • 出品者情報
    mipo590517さん
    総合評価: 3448
    良い評価 99.9%
    出品地域:
    千葉県

商品説明

カテゴリ
状態
  • 目立った傷や汚れなし
  平成9年(1997)に、学研から出版された『歴史群像』27号「坂本龍馬」

(15刷・定価1200円)である。サブ・タイトルには「歴史の波濤に挑んだ青

春」と記されている。


  古書店落ちの本書には、ほとんど付録の『紀行 坂本龍馬の軌跡』(表)

と『詳細 坂本龍馬人脈図』(裏)がついていない。これは画竜点睛を欠く

ものだ。この貴重な付録も考慮して、本書の値段をつけさせて頂いた。

なお、本書の目次には、52もの項目があるが、そのすべては書き記せ

ない。詳細は写真に貼付した・・・・・。


   御存知のとおり、坂本龍馬は時代の変わり目に大きな業績を遺した。

龍馬が生まれ育った土佐藩は、超保守的で直属家臣の上士と、土着の

郷士が長らく対立していた。不満を持つ下級武士を、武市半平太(瑞山)

まとめ土佐勤王党を立ち上げた。龍馬は、当初、勤皇党と距離を持って

いたが、のちに支援していく。しかし、藩主・山内容堂は、藩政に吉田東

洋を抜擢し、勤王党をボロ雑巾のように使い捨てにしていく。


   やがて、武市は、気まぐれの容堂の豹変により切腹に追い込まれる。

手塩に育てた勤皇党もまた、すべて処刑され潰滅した。そんな盟友の

憂き目に、長崎で一人激怒したのが盟友・龍馬であった。彼は当時、海

外への唯一の窓口であった長崎で、亀山社中を立ち上げ商売していた。

龍馬を海運に目を向かせたのは、恩師の勝海舟であった。勝は幕府の

政治総裁、福井藩主の松平慶永(春獄)と気脈が通じていた。その春獄

の知恵袋の横井小楠と龍馬は連帯していく・・・・・。


 龍馬はこの二人と知己を得て、福井藩の藩政改革と幕政改革へのビジ

ョンを目の当たりした。龍馬は、幕府の屋台骨が、腐り切っていることに、

改革の限界を感じ世直しを考えていた。親友の中岡慎太郎の助力もあり、

苦労の末に薩長同盟は締結させた。だが、薩長の討幕機運が高まると、

薩長が天皇を神輿に担ぎ、将軍を除外し幕府に代わって権力を握るのは

危険と感じた。龍馬が望むのは、広く三百諸公を英知を結集知りした、新

しい日本のための賢人会議であった。そのフィロソフィーは、船中八策に

すべてしたためてある。龍馬という男は、バランス感覚に優れた男で、政

が右に傾き過ぎても左に傾き過ぎても嫌った・・・・・。


 来る新時代は、船中八策で提唱しているように、万機公論に決する合議

制を模索していた。幕府は、長らく公武合体を模索していたが頓挫し、倒

幕を岩倉具視と西郷隆盛は企んでいた。龍馬はその機先を制して、後藤

象二郎を通じて、容堂を説得させ土佐藩から幕府を動かした。そして、遂

には将軍・慶喜に大政奉還を受け入れさせた。龍馬は、一世一代の時代

の幕引きに大きな仕事をなし遂げた。だが、それを快く思わない輩たちが

虎視眈々と暗殺の機会を狙っていた・・・・・。

 
  本の状態は、かつて新本購入し、多少、読み込んだが今でも古書「上」

以上の良好な部類である。発送はクリックポスト185円です。

支払い、配送

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • -PayPay
    • -Yahoo!マネー/預金払い
    • -クレジットカードYahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
    • -インターネットバンキング
    • -ジャパンネット銀行支払い
    • -銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
    • -コンビニ支払い

配送方法と送料

  • 送料負担:落札者
  • 発送元:千葉県
  • 海外発送:対応しません
  • 発送日までの日数:支払い手続きから1~2日で発送
  • 送料: