• 大型図録本 古瀬戸古美濃 210点カラー写真解説古陶磁小壺四耳壺灰釉瓶子尊式花瓶香炉合子水滴陶片印花文花瓶茶入水注茶碗茶道具年代鑑定図_絶版希少本古瀬戸焼古美濃焼写真解説図鑑
    閉じる

    絶版希少本古瀬戸焼古美濃焼写真解説図鑑

  • 大型図録本 古瀬戸古美濃 210点カラー写真解説古陶磁小壺四耳壺灰釉瓶子尊式花瓶香炉合子水滴陶片印花文花瓶茶入水注茶碗茶道具年代鑑定図_商品説明文に画像多数掲載
    閉じる

    商品説明文に画像多数掲載

  • 大型図録本 古瀬戸古美濃 210点カラー写真解説古陶磁小壺四耳壺灰釉瓶子尊式花瓶香炉合子水滴陶片印花文花瓶茶入水注茶碗茶道具年代鑑定図_画像3
  • 大型図録本 古瀬戸古美濃 210点カラー写真解説古陶磁小壺四耳壺灰釉瓶子尊式花瓶香炉合子水滴陶片印花文花瓶茶入水注茶碗茶道具年代鑑定図_画像4
  • 大型図録本 古瀬戸古美濃 210点カラー写真解説古陶磁小壺四耳壺灰釉瓶子尊式花瓶香炉合子水滴陶片印花文花瓶茶入水注茶碗茶道具年代鑑定図_画像5
  • 大型図録本 古瀬戸古美濃 210点カラー写真解説古陶磁小壺四耳壺灰釉瓶子尊式花瓶香炉合子水滴陶片印花文花瓶茶入水注茶碗茶道具年代鑑定図_画像6
  • 大型図録本 古瀬戸古美濃 210点カラー写真解説古陶磁小壺四耳壺灰釉瓶子尊式花瓶香炉合子水滴陶片印花文花瓶茶入水注茶碗茶道具年代鑑定図_画像7
  • 大型図録本 古瀬戸古美濃 210点カラー写真解説古陶磁小壺四耳壺灰釉瓶子尊式花瓶香炉合子水滴陶片印花文花瓶茶入水注茶碗茶道具年代鑑定図_画像8
  • 大型図録本 古瀬戸古美濃 210点カラー写真解説古陶磁小壺四耳壺灰釉瓶子尊式花瓶香炉合子水滴陶片印花文花瓶茶入水注茶碗茶道具年代鑑定図_画像9
  • 大型図録本 古瀬戸古美濃 210点カラー写真解説古陶磁小壺四耳壺灰釉瓶子尊式花瓶香炉合子水滴陶片印花文花瓶茶入水注茶碗茶道具年代鑑定図_年代鑑定 古瀬戸編年図
    閉じる

    年代鑑定 古瀬戸編年図

  • この商品は送料無料で出品されています。

大型図録本 古瀬戸古美濃 210点カラー写真解説古陶磁小壺四耳壺灰釉瓶子尊式花瓶香炉合子水滴陶片印花文花瓶茶入水注茶碗茶道具年代鑑定図

送料無料 匿名配送

商品説明

ご覧下さりありがとうございます。画像の後に、商品説明がございます。
本/書籍の出品です。


【即決】ご入札いただければすぐにお取引が成立します。

★商品説明★

大型図録本 古瀬戸 古美濃 瀬戸 美濃 原色愛蔵版 作品集写真集解説本 日本の古陶磁図鑑 日本の陶磁古代中世篇
SETO WARE MINO WARE 

責任編集 楢崎彰一
監修 谷川徹三・川端康成
中央公論社
1976年初版
171ページ
約36x27x3cm
作品写真図版フルカラー
函入 布張上製本

※絶版

フルカラー大型図録本、古陶図鑑のうちの一冊。

日本六古窯のうち、古瀬戸・古美濃の平安末期から鎌倉、室町期を主に、
古陶の厳選された優品210点を収録。
図版の配列は時代別に、あらゆる器形を整理分類、網羅して掲載。

瀬戸ものといわれ焼物の代名詞となっている瀬戸は、美濃とともに中世の日本を担う施釉陶器の一大生産地であった。
輸入による宋磁の不足を補うべく、鎌倉武士の台頭と相まって、大量の鉄釉や灰釉の陶器が生産された。

フルカラー写真に加えて、巻末には全作品の名称、出土地、目安としての寸法、製作年代、見どころ、技法、作風、などを詳細に解説。

また、巻末には「瀬戸古窯跡群分布図」「美濃古窯跡群分布図」(灰釉陶器10~11世紀、山茶椀12~14世紀、施釉陶器13~17世紀など、地図上に色分けして表示)、「古瀬戸編年図」(鎌倉時代~室町時代の、四耳壺、瓶子、梅瓶、広口壺、水注、花瓶、香炉、天目茶碗、茶入、狛犬など器別・窯式に分類して時代順に並べた一覧図表)を集録。

作品名、寸法については、全作品に英文表記あり。

【監修】
谷川徹三(昭和を代表する哲学者・国博物館次長・法政大総長等を歴任し、古今東西の思想・宗教・政治・文学・美術に及ぶ広範な評論活動を展開)
川端康成(小説家・文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍)
責任編集は
楢崎彰一( 昭和後期~平成の日本陶磁史を主とした考古学者。名古屋大教授、のち名古屋学院大教授。専攻は日本陶磁史。愛知県猿投山麓をはじめ常滑、瀬戸、越前などの古窯跡を調査・研究。55年第1回小山冨士夫記念賞功績褒賞。日本の古陶磁・古窯研究の第一人者)
監修者、責任編集者ともに昭和後期最高峰の内容を誇り、参考文献としても多く引用されてきた一冊。

美術館・博物館所蔵の重要無形文化財、在銘名物から、
めったにお目にかかることのできない個人蔵の銘品優品を多数カラーで写真解説したもの。

大型本のため、各作品の写真も大きく、細部まで見て楽しむことができる、
日本の古窯愛好家、陶芸家、茶陶、酒器、茶道具、和骨董品愛好家等に必携の、内容充実・
年代鑑定などに欠かせない知識満載の大変貴重な資料本です。


【凡例】
・本巻には平安末期から鎌倉、室町期を主に、瀬戸、美濃の作品210図を収録した。図版の数え方は、作品の全体および部分で一図とした。
・図版の配列は時代別にし、あらゆる器形を網羅した。
・台紙貼込みの原色図版については、右ページに図版、対面の左ページにその解説をつけた。その他の図版については、名称、出土地、目安としての寸法、製作された年代を付し、解説は131~155ページにおいて一括した。
・所蔵者については、博物館、美術館等に属するものは記載し、個人所有のものについては、これを省略した。
・巻末の古窯跡群分布図(美濃)の作製には、井上喜久男氏の協力を得た。
(注:本書は台紙貼込みではなくカラープリントです。この部分については旧・限定版の説明のようです)


【目次】
図版
瀬戸美濃
解説 楢崎彰一
 概説
 瀬戸 美濃
古窯跡群分布図
 「瀬戸古窯跡群分布図」「美濃古窯跡群分布図」(灰釉陶器10~11世紀、山茶椀12~14世紀、施釉陶器13~17世紀など、地図上に色分けして表示)
編年図
 「古瀬戸編年図」(鎌倉時代~室町時代の、四耳壺、瓶子、梅瓶、広口壺、水注、花瓶、香炉、天目茶碗、茶入、狛犬など器別・窯式に分類して時代順に並べた一覧図表)
図版目録 日本語・英語併記
参考文献


【作品解説】一部紹介
瀬戸 灰釉瓶子
愛知県瀬戸市五位塚町細倉窯出土
高さ35.6 cm 口径5.5 an 胴径21.8 cm 底径10. 5 cm
13世紀
 図3の灰釉瓶子と同様に、古瀬戸の初期を代表する瓶子の一類である。胴部にたいして囗頸部は小さく、内彎する縁帯のつくりも前者と同様である。肩が大きく張り、腰が細くすぼまって、わずかに底部にむかって開く、いわゆる締腰型の形状をしている。底部側縁は1.3 cmの面取りを施しているが、底板の厚みは2. 0 cm あり、両者の関係はない。肩に四本から成る櫛目沈線を二段につけている点も初期の古瀬戸の装飾手法の一つである。素地は灰色の良質の陶土で、厚さ2.0 cmの底板の上に紐土を巻き上げて成形している。口頸部は轆轤成形である。釉薬は灰単味に近く、不安定で、初期古瀬戸特有の肩から胴にかけて流条化する釉調を示している。焼成はきわめて良好である。この器形は前記の梅瓶とおなじく、中国陶磁の影響によって鎌倉時代に入って発生したものであるが、一部には高麗青磁の影響によるものではないかという考えもある。

瀬戸 鉄釉画花文瓶子
千葉県館山市城山下出土
高さ24. 3 cm 口径4. 0 cm 胴径16.4 cm 底径9.6 cm
14世紀 東京国立博物館
 突帯を囗頸部の中央よりやや上に繞らした端正な囗づくりの梅瓶で、肩の張りが強く、底部にむけて細くなっている形態からみて、この種の梅瓶のうちでは比較的早い時期のものである。灰白色の良質の土を用いており、紐土巻き上げ成形で、器面を轆轤で整形している。肩の上方に一段の低い段があり、囗頸部突帯下からこの段にかけて、縦方向の沈線を配している。胴の上半には丸彫りによる木葉文を繞らしている。胴下半にはまだ文様はない。器面に施された鉄釉はやや青味を帯びた黒褐色を呈し、ところどころ釉むらがみられる。底部側縁には釉の塗り残しによって、薄い褐色の部分がみられる。古瀬戸鉄釉瓶子の初期の作品としてはもっとも優れたものの一つである。

瀬戸 灰釉狛犬
高さ16.7 cm 台座径8.3×9.0 cm
15世紀 重要文化財 根津美術館
 千利休が頭部を打ち割り、香炉に仕立てたと伝えられる著名な狛犬である。共箱に小堀遠州の手になる「利休所持」の書付がある。
奥田直栄氏によれば、土屋相模守から道具商伏見屋を介して松平不昧公の手にわたったものといわれている。頭部は丸く、大きく口を開いた阿型の狛犬で、胴・脚ともに太く、重厚なつくりである。頸の前面に飾帯をつけ、鬣は櫛目で表現しており、肩から胸に及んでいる。灰釉は酸化焼成のため黄瀬戸釉に近い色調を呈している。この狛犬はかつては鎌倉時代の作といわれていたものであるが、近年ではわずかながら発見されるようになった窯址出土品から推して室町時代後半の作とされるようになった。おそらく利休に近いころの作であろう。いずれにせよ、数少ない狛犬のうちでももっとも代表的なものである。

瀬戸 名物肩衝茶入 銘虫喰藤四郎
高さ8.0 cm 口径3.2 cm 胴径6.2 cm 底径3.0 cm
15世紀 徳川黎明会
 肩衝は大海とともに瀬戸茶入の双璧をなすもので、和物茶入として数々の名品をつくっている。しかし、その多くは15世紀後半以降のことであり、大海とともに茶入としてはやや後出的といえよう。
 この肩衝茶入は尾州徳川家伝来のもので、箱書に「むしくい藤四郎名物茶入 昔さかいに有之候」とあり、箱裏に「寛文十三年七月二来ル」と記している。それ以前の由来については詳らかでない。口頸部がやや高く、肩の屈折がやや丸味を帯びているのは15世紀後半代の時代相を示すものである。釉は鹿の子斑状に塗り分け、黒と茶の対比によってすばらしい装飾効果をあげている。

瀬戸 名物天目茶碗 銘玉澗
高さ6.25 cm 口径12.2 cm 底径4.3 cm
16世紀 徳川黎明会
 尾州徳川家に伝わる名碗の一つであり、その由来については明らかでないが、底裏に朱漆による「玉澗」の銘があって、古筆了伴目利によって千利休の筆になるものと伝えている。口径にたいして丈が低く、腰が内反りになっている点や底部の削り出し高台が腰との境で稜を描き・底裏が内反りに削られた1いわゆる椎茸高台になっている形態からみて、16世紀前半代の作品と考えられる。素地は淡褐色のやや粗い土で、腰の部分を箟でそぎ、シャープな高台を削り出している。釉は口縁と裾の部分が明るい茶褐色を呈し、中間は漆黒色の光沢ある釉調をみせている。この時期の瀬戸にはこれほど優れた釉調のもりはなく、あるいは美濃大窯の製品であるかも知れない。いずれにせよ室町後期の天目茶碗としてはもっとも優れたものである。

ほか

【概説】一部紹介

 古瀬戸、それはわが国の中世を代表する焼物である。黄緑色や黒褐色の釉薬をかけ、印花文・画花文などのさまざまの文様で飾られた壺や瓶子、さらに天目茶碗・茶入などの古瀬戸の数々は、中世における唯一の施釉陶器として、他に類をみない特殊な世界を形づくっている。 しかし,その一方また中世には,茶褐色の荒々しい器肌に濃緑の自然釉の流れ落ちる、野性美の縊れた古常滑の壺や甕、燃えるような赤い器肌に白い長石の吹き出た信楽の壺、さらに越前・珠洲・丹波・備前など、壺・甕・擂鉢を主とした無釉の締焼陶が全国のいたるところにおいて焼かれている。古瀬戸はその豊富な器種を内包するにもかかわらず、それのみで日常生活における焼物のすべてを充たしたわけではない。常滑・備前などの無釉の締焼陶と組み合わされ、互いにその機能を分担し合って日常の用に応じたのである。さらにいえば、それらの底辺に存在する古墳時代以来の、赤い素焼の土師器や黒い瓦器もまた、中世の焼物の一翼を担う主要な生活窯器であった。
 中世が武家社会であるといわれるとき、その担い手としての武士階級のもつ二元的な要素、すなわち土の臭いの溢れた農民的な姿と、政権の担い手としての支配者的な姿の二面性を象徴的に表わしているのが、さきの二様の陶器類なのである。しかし今日、この二様の焼物はかならずしもその出発を共にしていないという考え方が支配的である。すなわち、常滑・備前などの無釉の陶器類が平安末期にその起源をもつのに対して、施釉陶器としての古瀬戸は鎌倉時代のなかごろにその確立をみたといわれているのである。ともに中世の主要な焼物であるにもかかわらず、どうしてこのような差異が生じたのであろうか。それは古瀬戸の内容をいかに把握するかに関わっているというべきである。(以下略)

【瀬戸 美濃】
 美濃とともに中世における唯一の施釉陶器であった古瀬戸は、周知のように名古屋市の東北東約20 km、瀬戸市街地をとりまく標高100~200 mの低丘陵地帯において焼かれた。狭義の瀬戸窯は尾張旭市の東端から瀬戸市のほぼ全域に拡がっていて、東西約11 km、南北約10 kmの範囲にわたって、五百基に近い古窯跡の存在が知られている。実数はおそらくこれよりはるかに多かったと考えられる。これらの古窯跡は平安後期の灰釉陶窯から中世の全時期のものを含んでいるが、各時期のものが全域に一様に分布しているわけではない。赤塚幹也氏の三十数年にわたる調査結果をまとめた労作『瀬戸市史 陶磁史篇一』によれば(巻末分布図参照)、猿投窯の外延である平安後期の灰釉陶窯は南部の矢田川一山口川以南に、山茶椀窯は瀬戸市街地の西半に、中世の施釉陶は市街地束部から猿投山西北麓にそれぞれ分布の偏りがある。これは瀬戸窯が西から東へ向かって時代とともに展開したことを示している。年代のあきらかな古窯跡四百四十八基の内訳は、平安期灰釉陶窯九基、中世施釉陶窯二百一基、山茶椀窯二百三十八基であるが、山茶椀窯の実数はこれを大幅に上まわると考えられる。
 古瀬戸の発生に関していわゆる藤四郎伝説がある。これには諸説あるが、よく知られているのは、陶祖加藤四郎左衛門景正が貞応二年(1223)道元に随って入宋し、陶法修業ののち安貞二年(1228)帰国、各地で試作の末、仁治三年(1242)瀬戸に良土を得て窯を興したのが始まりであるというものである。こうした伝承はさておき、遺物・遺跡に立脚した場合、現在、古瀬戸の成立について二通りの考え方がある。一つは、輪積成形による灰釉四耳壺や瓶子の発生を指標とし、伴出の山茶椀の編年から古瀬戸の確立を鎌倉中期に求める考え方である。赤塚幹也氏は、11世紀はじめごろ瀬戸市山口の広久手窯において始まった灰釉陶器の生産が12世紀代に入って衰退し、山茶椀窯に転化したが、鎌倉中期に瀬戸市街地の南部丘陵に進出して四耳壺・瓶子などを大最に焼く灰釉陶窯として復活したのが古瀬戸の確立であるという。これにたいして筆者は古瀬戸特有の四耳壺の発生を平安末期の東山古窯跡群に求め、猿投窯平安灰釉陶器生産の流れの一環として、広域的に捉える必要性のあることをがて論じたことがある。勿論、赤塚氏も東山窯における初期四耳壺の存在(以下略)


【瀬戸 美濃】
SETO WARE,MINO WARE

瀬戸 灰釉四耳壺 13世紀
Seto ware : jar with four handles, ash glaze. 13th century. Height 21.7 cm.
瀬戸 灰釉印花文四耳壺 神奈川県鎌倉市二階堂出土 13世紀
Seto ware : four・handled jar with stamped ornament, ash glaze. Excavated at Nikaido, Kamakura・shi. Kanagawa.13th century. Height 34.8 cm.
瀬戸 灰釉瓶子 愛知県瀬戸市八床町八床窯出土 13世紀
Seto ware: vase ash glaze. Excavated from Yadoko Ceramic Kiln, Yadoko・cho, Seto・shi, Aichi. 13th century. Height 28.0 cm.
瀬戸 灰釉瓶子 愛知県瀬戸市五位塚町細倉窯出土 13世紀
Seto ware : vase ash glaze. Excavated from Hosokura Ceramic Kiln, Goitsuka・cho, Seto・shi, Aichi. 13th century. Height 35.6 cm.
瀬戸 灰釉瓶子 岐阜県郡上郡白鳥町長滝白山神社境内出土 正和元年(1312)銘 重要文化財 白山神社
Seto ware : vase ash glaze. Excavated in the precinct of Hakusan Jinja at Nagataki, Shirotori・cho, Gifu. Date of Showa 1st year (1312). Height
30.4 cm. Registered as Important Cultural Property. Hakusan Jinja.
(以下英文略)
瀬戸 灰釉画花文瓶子 愛知県瀬戸市巡間町城狭間窯出土 14世紀
瀬戸 灰釉魚文瓶子 愛知県額田郡大草山寺赤井瀬戸 灰釉魚文瓶子 岩手県西磐井郡花泉町宝寿院伝世 14世紀
瀬戸 鉄釉両花文瓶子 千葉県館山市館山城山下出土 14世紀 東京国立博物館
瀬戸 鉄釉印花文瓶子 神奈川県鎌倉市扇ヶ谷多宝寺やぐら出土 14世紀 浄光明寺
瀬戸 灰釉画花文瓶子 石川県鹿島町最勝講ニノ91出土 14世紀 鹿島町役場
瀬戸 灰釉瓶子 15世紀
瀬戸 灰釉画花文壺 神奈川県鎌倉市二階堂党園か開山塔下出土 14世紀 重要文化財 覚園寺
瀬戸 灰釉巴文広口壺 14世紀 重要文化財 梅沢記念館
瀬戸 灰釉画花文広口壺 14世紀 東京国立博物館
瀬戸 鉄釉印花文手付水注 愛知県瀬戸市広の田窯川土
瀬戸 灰釉手付水注 15世紀
瀬戸 鉄釉印花文花瓶 愛知県瀬戸市窯元町百目窯出土 14世紀
瀬戸 鉄釉印花文花瓶 愛知県瀬戸市観音窯出土 14既紀
瀬戸 鉄釉花瓶 愛知県瀬戸市北丘町七曲窯出土 14世紀
瀬戸 灰釉尊式花瓶 愛知県瀬戸市東山中町蜂東南窯出瀬戸 灰釉尊式花瓶 愛知県瀬戸市山路町山路西窯出土 15世紀
瀬戸 灰釉狛犬 15世紀 重要文化財 根津美術館
瀬戸 鉄釉印花文香炉 愛知県瀬戸市広の田窯出土 14世紀
瀬戸 灰釉印花文香炉 愛知県瀬戸市広の田窯出土 14世紀
瀬戸 灰・鉄釉鳥形水滴 愛知県瀬戸市北丘町七曲窯出土 14世紀
瀬戸 灰・鉄釉水滴 愛知県瀬戸市内各古窯出土 14世紀
瀬戸 鉄釉印花文合子 愛知県瀬戸市窯ヶ洞窯出土 14世紀
瀬戸 灰釉魚文合子・鉄釉貼花文合子 愛知県瀬戸市窯ヶ洞窯・榛原窯出土 14世紀
瀬戸 灰釉猿鈕蓋 愛知県瀬戸市海上窯出土 14世紀
瀬戸 鉄釉条文合子 愛知県瀬戸市広の田窯出土 14世紀
瀬戸 鉄釉印花文燭台 愛知県瀬戸市東山路町清水田窯出土 14世紀
瀬戸 灰釉燭台 愛知県瀬戸市檜窯出土 15世紀
瀬戸 灰釉印花文花瓶 愛知県瀬戸市五位塚町横田窯出土 13世紀
瀬戸 灰釉小壺 愛知県瀬戸市塩草町塩草窯出土 13世紀
瀬戸 鉄釉小杯 愛知県瀬戸市東山路町山路八幡窯裏窯出土 14世紀
瀬戸 輪花入子 愛知県瀬戸市五位塚町五位塚窯出土
瀬戸 灰釉片口小瓶 13世紀
瀬戸 灰釉片口小壺 愛知県瀬戸市馬ヶ城町奥椿窯出土瀬戸 鉄釉小壺 愛知県瀬戸市北丘町七曲窯出土 14世紀
瀬戸 鉄釉小壺 14世紀
瀬戸 鉄釉小壺 愛知県瀬戸市巡間町孫右衛門窯出土 14世紀 名古屋大学考古学研究室
瀬戸 名物 肩衝茶入 銘 虫喰藤四郎 15世紀 徳川黎明会
瀬戸 大海茶入 15世紀
瀬戸 鉄釉三耳茶入 愛知県瀬戸市山路町山路東窯出土 14世紀
瀬戸 千条文擂座茶入 愛知県瀬戸市北丘町七曲窯出土 14世紀
瀬戸 灰釉平碗 15世紀
瀬戸 鉄釉天目茶碗 愛知県瀬戸市朿山路町山路八幡窯出土 15世紀
瀬戸 名物 天目茶碗 銘玉澗 16世紀 徳川黎明会
美濃 大名物 天目茶碗 伝世 16世紀 重要文化財 徳川黎明会
瀬戸 灰釉筒形容器 愛知県瀬戸市東山路町傘松窯出土瀬戸 灰釉四足盤 愛知県瀬戸市馬ヶ城町大栃窯出土 15世紀
瀬戸 鉄釉土瓶 瀬戸市東山路町傘松窯出土 15世紀
瀬戸 鉄釉四耳壺 永正九年(1512) 東京国立博物館
瀬戸 灰釉四耳壺 滋賀県蒲生郡日野町大谷遺跡出土 日野町教育委員会
瀬戸 灰釉四耳壺 13世紀
頼戸 灰釉四耳壺 神奈川県茅ヶ崎市香川出土
瀬戸 灰釉四耳壺 三重県員弁郡大安町石持下経塚遺跡出土 14世紀 三重県教育委員会
瀬戸 灰釉四耳壺 13世紀 本多コレクション
瀬戸 灰釉画花文四耳壺 14世紀 東京国立博物館
瀬戸 灰釉印花文四耳壺 14世紀 若宮修古館
瀬戸 灰釉四耳壺 15世紀
瀬戸 灰釉四耳壺 15世紀 若宮修古館
美濃 灰釉四耳壺 15世紀 本多コレクション
美濃 鉄釉四耳壺 16世紀 若宮修古館
瀬戸 灰釉壺 15世紀 本多コレクション
美濃 三耳壺 伝岐阜県出土 15世紀
瀬戸 灰釉印花文四耳壺 愛知県額田郡幸田町真福寺出土 15世紀 本多コレクション
瀬戸 灰釉広口瓶子 15世紀 本多コレクション
瀬戸 灰釉貼花文瓶子 愛知県瀬戸市傘松窯出土 15世紀 本多コレクション
美濃 鉄釉瓶子 岐阜県土岐市西山穴弘法窯出土 15世紀 本多コレクション
瀬戸 灰釉瓶子 13世紀 本多コレクション
瀬戸 灰釉瓶子 愛知県瀬戸市五位塚町細倉窯出土  瀬戸 灰釉瓶子 岐阜県郡上郡白鳥町長滝白山神社境内出土 正和元年(1312)銘 重要文化財 白山神社
瀬戸 鉄釉画花文瓶子 愛知県瀬戸市釧・原町榛原窯出土 14世紀
瀬戸 灰釉瓶子 滋賀県蒲生郡日野町日野大谷遺跡出土 13世紀 日野町教育委員会
瀬戸 灰釉瓶子 滋賀県蒲生郡日野町日野大谷遺跡出土 13世紀 日野町教育委員会
瀬戸 灰釉瓶子 和歌山県新宮市丹鶴山出土 14世紀
美濃 灰釉瓶子 14世紀
瀬戸 灰釉画花文瓶子 神奈川県茅ヶ崎市香川出土 14世紀
瀬戸 灰釉画花文瓶子 14世紀 文化庁
瀬戸 灰釉印花文瓶子 愛知県瀬戸市海上窯出土 14世紀 本多コレクション
瀬戸 灰釉巴文瓶子 14世紀 本多コレクション
瀬戸 灰釉印花文瓶子 14世紀
瀬戸 灰釉印花文瓶子 14世紀
瀬戸 灰釉印花文瓶子 14世紀
瀬戸 灰釉印花文瓶子 滋賀県蒲生郡日野町日野大谷遺跡出土 14世紀 日野町教育委員会
瀬戸 灰釉印花文瓶子 14世紀
瀬戸 灰釉印花文瓶子 愛知県瀬戸市観音窯出土 14世紀
瀬戸 灰釉櫛目文瓶子 14世紀
瀬戸 灰釉瓶子 横浜市鶴見区馬場町出土 15世紀
瀬戸 鉄釉印花文瓶子 14世紀
瀬戸 鉄釉印花文瓶子 愛知県瀬戸市海上窯出土 14世紀 本多コレクション
瀬戸 鉄釉印花文瓶子 神奈川県鎌倉市坂ノ下地霊山山頂出土 14世紀 東京国立博物館
美濃 鉄釉画花文瓶子 15世紀 氷川女体神社
瀬戸 灰釉両花文広口壺 15世紀
瀬戸 灰釉画花文広口壺
瀬戸 灰釉印花文広口壺 愛知県瀬戸市針原町榛原窯出土
瀬戸 鉄釉画花文広口壺 神奈川県鎌倉市坂ノ下地霊山山頂出土 14世紀 東京国立博物館
瀬戸 灰釉突帯文広口壺 15世紀 梅沢記念館
瀬戸 灰釉突帯文壺 14世紀
瀬戸 灰釉画花文水注 滋賀県蒲生郡日野町日野大谷遺跡出土 14世紀 日野町教育委員会
瀬戸 灰釉印花文手付水注 14世紀
瀬戸 灰釉印花文手付水注 愛知県瀬戸市塩草町塩草窯出土 13世紀
瀬戸 鉄釉印花文手付水注 14世紀
瀬戸 鉄釉手付水注 14世紀
瀬戸 鉄釉手付水注 神奈川県鎌倉市浄明寺付近出土 14世紀 鎌倉市立鎌倉国宝館
瀬戸 灰釉水注 愛知県瀬戸市八床町八床窯出土
瀬戸 灰釉水注 13世紀
瀬戸 灰釉水注 愛知県瀬戸市塩草朿窯出土 13世紀 本多コレクション
瀬戸 灰釉印花文手付水注 14世紀 本多コレクション
瀬戸 灰釉画花文手付水注 愛知県瀬戸市海上窯出土 14世紀
瀬戸 灰釉手付水注 愛知県瀬戸市東白坂町長曾窯出土 15世紀
瀬戸 灰釉印花文手付水注 14世紀
瀬戸 鉄釉手付水注 愛知県瀬戸市窯元町百目窯出土 14世紀
瀬戸 灰釉乎付水注 14世紀
瀬戸 鉄釉手付水注 14世紀
瀬戸 灰釉片口小壺 15世紀
瀬戸 鉄釉片口小壺 14世紀 名古屋大学考古学研究室
瀬戸 灰釉乎付片口小壺 岐阜県忠那郡福岡町出土 15世紀 福岡中学校
瀬戸 灰釉片口双耳壺 15世紀 若宮修古館
瀬戸 鉄釉印花文花瓶 愛知県瀬戸市巡間町城狭間窯出土 14世紀
瀬戸 鉄釉印花文花瓶 14世紀 本多コレクション
瀬戸 鉄釉印花文花瓶 愛知県瀬戸市窯元町百目窯出土 14世紀 本多コレクション
瀬戸 鉄釉印花文花瓶 14世紀
瀬戸 鉄釉印花文花瓶 14世紀 本多コレクション
瀬戸 鉄釉印花文花瓶 愛知県瀬戸市窯元町百日窯出土 14世紀
瀬戸 鉄釉印花文花瓶 愛知県瀬戸市東山路町山路西窯出土 14世紀
瀬戸 鉄釉印花文花瓶 14世紀
瀬戸 鉄釉画花文花瓶
瀬戸 鉄釉印花文花瓶 14世紀
瀬戸 鉄釉印花文花瓶 14世紀
瀬戸 灰釉印花文花瓶 14世紀 鎌倉市立鎌倉国宝館
瀬戸 灰釉印花文花瓶 14世紀
瀬戸 鉄釉印花文花瓶
瀬戸 鉄釉印花文花瓶 14世紀 本多コレクション
瀬戸 灰釉印花文花瓶 愛知県瀬戸市北丘町七曲窯出土 14世紀
瀬戸 鉄釉貼花文花瓶  本多コレタシlン
瀬戸 鉄釉花瓶 愛知県瀬戸市東山路町清水田窯出土 14世紀
瀬戸 鉄釉印花文花瓶 14世紀
瀬戸 鉄釉花瓶 14世紀
瀬戸 灰釉花瓶 14世紀
瀬戸 灰釉花瓶 14世紀 本多コレクション
瀬戸 灰釉花瓶 14世紀              瀬戸 鉄釉花瓶 15世紀
瀬戸 灰釉尊式花瓶 愛知県瀬戸市東山中町蜂東南窯出土 15世紀
瀬戸 灰釉花瓶 15世紀
瀬戸 灰釉画花文尊式花瓶 愛知県瀬戸市東山路町山路西窯出土 15世紀
瀬戸 灰釉印花文尊弍花瓶 愛知県瀬戸市東山路町山路西窯出土 15世紀
瀬戸 鉄釉貼花文香炉 愛知県瀬戸市巡間町城狭間窯出土 14世紀
瀬戸 鉄釉香炉 14世紀
瀬戸 灰釉香炉 15世紀
瀬戸 鉄釉香炉 15世紀
瀬戸 鉄釉狛犬 茨城県鹿島郡鹿島町出土 鹿島神宮
瀬戸 灰釉狛犬 愛知県瀬戸市東町中央洞山窯出土 13世紀
瀬戸 鉄釉狛犬 茨城県鹿島郡鹿島町出土 15世紀 鹿島神宮
瀬戸 灰釉鳥形水滴 14世紀
瀬戸 灰釉扁形水滴 14世紀
瀬戸 灰釉扁形水滴 14世紀
瀬戸 灰釉水滴 14世紀
瀬戸 灰・鉄釉水滴 14世紀
瀬戸 鉄釉水滴 14世紀
瀬戸 鉄釉貼花文合子 愛知県瀬戸市窯ヶ洞窯出土 14世紀
瀬戸 鉄釉印花文合子 14世紀
瀬戸 鉄釉小壺 神奈川県鎌倉市極楽寺境内出土 14世紀 重要文化財 極楽寺
瀬戸 灰釉小壺 神奈川県鎌倉市稲村ヶ崎出土 14世紀 極楽寺
瀬戸 灰釉合子 14世紀
瀬戸 鉄釉合子 14世紀
瀬戸 鉄釉合子 14世紀
瀬戸 灰釉小壺 愛知県瀬戸市長坂窯出土 14世紀
瀬戸 灰釉小壺 愛知県瀬戸市北丘町七曲窯出土 14世紀
瀬戸 灰釉小壺 14世紀
瀬戸 灰釉小壺 14世紀
瀬戸 灰釉小壺 14世紀
瀬戸 鉄釉小壺 14世紀
瀬戸 鉄釉小壺 14世紀
瀬戸 鉄釉小壺 14世紀
瀬戸 鉄釉小壺 14世紀
瀬戸 鉄釉小壺 14世紀
瀬戸 灰釉水瓶 愛知県瀬戸市五位塚町細倉窯出土 14世紀
瀬戸 灰釉三足壺 三重県員弁郡大安町石槫下経塚遣跡出土 14世紀 三重県教育委員会
瀬戸 灰釉筒形容器 15世紀
瀬戸 灰釉尊式花生 15世紀
瀬戸 鉄釉擂座茶入 愛知県瀬戸市北丘町七曲窯出土 14世紀
瀬戸 鉄釉肩衝茶入 15世紀
瀬戸 鉄釉茶入 15世紀
瀬戸 鉄釉大海茶入 15世紀
瀬戸 灰釉印花文天目台・灰釉茶碗 愛知県瀬戸市凧山窯出土 14世紀
瀬戸 灰釉平碗 15世紀
瀬戸 灰釉平碗 15世紀
瀬戸 灰釉平碗 15世紀
瀬戸 灰釉平碗 15世紀
瀬戸 鉄釉天目茶碗 15世紀
瀬戸 鉄釉天目茶碗 14世紀
瀬戸 鉄釉天目茶碗 15世紀
瀬戸 鉄釉天目茶碗 愛知県瀬戸市東山路町傘松窯出土 15世紀
瀬戸 灰釉四足盤 15世紀
瀬戸 灰釉三足盤 15世紀
瀬戸 灰釉片口 愛知県瀬戸市東白坂町長曾窯出土 15世紀
瀬戸 灰釉壺 15世紀 本多コレクション
瀬戸 灰釉印花文鉢 14世紀
瀬戸 灰釉おろし皿 14世紀
瀬戸 灰釉小皿 15世紀
瀬戸 山茶椀 愛知県瀬戸市余床町萓刈窯出土 14世紀
瀬戸 山茶椀 愛知県瀬戸市陣屋鉱山東窯出土 13世紀
瀬戸 擂鉢 愛知県瀬戸市東山路町八幡西窯出土 13世紀
瀬戸 灰釉陶片 14世紀
瀬戸 灰釉陶片  14世紀
瀬戸 鉄釉陶片 14世紀
瀬戸 鉄釉陶片 14世紀

(機種依存文字の文字化け、誤字脱字ご容赦ください)


★状態★
画像のものが全てです。

1976年のとても古い本です。
函の外観は通常保管による経年ヤケしみ、スレ程度、
布張り上製本の外観は良好、カラー作品写真図版良好、目立った書込み・線引無し、
問題なくお読みいただけると思います。(見落としはご容赦ください)

<絶版・入手困難本>オークションにも滅多に出ない、貴重な一冊です。
古本・中古品にご理解のある方、この機会にぜひ宜しくお願いいたします。


★お取引について★
■商品が到着しましたら、必ず「受取連絡」のお手続きをお願い申し上げます。
■中古品です。それなりの使用感がございます。
モニタのバックライトの作用により、写真画像は実際よりきれいに見えがちです。
■絶版・廃盤、一般の書店で販売されない限定販売、
書店や出版社で在庫切れである、またはその他の理由により、
定価に関係なく相場に合わせて高額となる場合があります。
■「かんたん決済支払明細」の画面を保存・印刷することで領収書に代えさせて頂きます。
領収書に出品者の押印がご必要の場合、「受取連絡」にて代金領収後に別送いたしますので、
取引ナビにて別途ご依頼ください。
■PCよりの出品です。携帯フリマサイトのようにすぐにご返信はできかねます。
■かんたん決済支払期限が切れた場合、落札より一週間以内に連絡が取れない場合、
落札者都合にてキャンセルいたします。
■土・日・祝日は、取引ナビでの応答・発送をお休みしております。
他に連絡・発送のできない日は自己紹介欄に記載しております。
■万一、商品やお取引に問題があった場合は、いきなり評価ではなく、
取引ナビにてご連絡ください。
誠実に対応いたしますので、ご安心いただけますと幸いです。

■上記の点をご了承頂ける方のみ、
ご入札くださいますようお願い申し上げます。

★商品の状態について★
ヤフオク!の定める基準をもとに、出品者の主観により判断しています。
以下は公式ページより選択の目安より転載します。

新品、未使用…未開封の新品、または購入から時間がたっていない一度も使用していない商品
未使用に近い…中古ではあるが数回しか使用しておらず、傷や汚れがない
目立った傷や汚れなし…中古品。よく見ないとわからないレベルの傷や汚れがある
やや傷や汚れあり…中古とわかるレベルの傷や汚れがある
傷や汚れあり…中古品。ひとめでわかるレベルの大きな傷や汚れがある
全体的に状態が悪い…中古品。大きな傷や汚れや、使用に支障が出るレベルで不具合がある。ジャンク品など。

他にも出品しています。ぜひ御覧ください。
↓↓↓出品中の商品はこちら↓↓↓Click here!
マイ・オークションをごらんください

支払い、配送

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • PayPay残高等
    • PayPayクレジット
    • クレジットカード
      • PayPayカード
      • Visa
      • Mastercard
      • JCB
      • Diners
      • American Express
    • PayPay銀行支払い
    • 銀行振込(振込先:PayPay銀行)
    • コンビニ支払い

配送方法と送料

送料負担
出品者送料無料
配送情報
発送元
福岡県
発送開始
支払い手続きから1~2日で発送
海外発送
対応しません
送料