冊子/備前焼の鑑賞/金重陶陽.大饗仁堂.石井不老.中村六郎/古備前鑑定.海揚り/室町.桃山時代-陶印.茶陶陶印/茶碗.徳利.宝瓶/窯印.刻印/茶道

このオークションは終了しています

このオークションの出品者、落札者は ログインしてください。

この商品よりも安い商品

商品情報

  • 冊子/備前焼の鑑賞/金重陶陽.大饗仁堂.石井不老.中村六郎/古備前鑑定.海揚り/室町.桃山時代-陶印.茶陶陶印/茶碗.徳利.宝瓶/窯印.刻印/茶道_●巻頭・見開き・・・!!
    閉じる

    ●巻頭・見開き・・・!!

  • 冊子/備前焼の鑑賞/金重陶陽.大饗仁堂.石井不老.中村六郎/古備前鑑定.海揚り/室町.桃山時代-陶印.茶陶陶印/茶碗.徳利.宝瓶/窯印.刻印/茶道_●巻末・最終頁・・・!!
    閉じる

    ●巻末・最終頁・・・!!

  • 冊子/備前焼の鑑賞/金重陶陽.大饗仁堂.石井不老.中村六郎/古備前鑑定.海揚り/室町.桃山時代-陶印.茶陶陶印/茶碗.徳利.宝瓶/窯印.刻印/茶道_●室町時代~桃山時代の陶印/他・・・!!
    閉じる

    ●室町時代~桃山時代の陶印/他・・・!!

  • 冊子/備前焼の鑑賞/金重陶陽.大饗仁堂.石井不老.中村六郎/古備前鑑定.海揚り/室町.桃山時代-陶印.茶陶陶印/茶碗.徳利.宝瓶/窯印.刻印/茶道_●桃山時代.茶陶.陶印/天正年中の名工/他!
    閉じる

    ●桃山時代.茶陶.陶印/天正年中の名工/他!

  • 冊子/備前焼の鑑賞/金重陶陽.大饗仁堂.石井不老.中村六郎/古備前鑑定.海揚り/室町.桃山時代-陶印.茶陶陶印/茶碗.徳利.宝瓶/窯印.刻印/茶道_●海揚り古備前/他・・・!!
    閉じる

    ●海揚り古備前/他・・・!!

  • 冊子/備前焼の鑑賞/金重陶陽.大饗仁堂.石井不老.中村六郎/古備前鑑定.海揚り/室町.桃山時代-陶印.茶陶陶印/茶碗.徳利.宝瓶/窯印.刻印/茶道_●元和-西窯九人/北窯十人/南窯十人/他・!
    閉じる

    ●元和-西窯九人/北窯十人/南窯十人/他・!

  • 冊子/備前焼の鑑賞/金重陶陽.大饗仁堂.石井不老.中村六郎/古備前鑑定.海揚り/室町.桃山時代-陶印.茶陶陶印/茶碗.徳利.宝瓶/窯印.刻印/茶道_●寛永の頃-刻印・・・!!
    閉じる

    ●寛永の頃-刻印・・・!!

  • 冊子/備前焼の鑑賞/金重陶陽.大饗仁堂.石井不老.中村六郎/古備前鑑定.海揚り/室町.桃山時代-陶印.茶陶陶印/茶碗.徳利.宝瓶/窯印.刻印/茶道_●貞享の名工/寛永の頃-刻印/他・・!!
    閉じる

    ●貞享の名工/寛永の頃-刻印/他・・!!

  • 冊子/備前焼の鑑賞/金重陶陽.大饗仁堂.石井不老.中村六郎/古備前鑑定.海揚り/室町.桃山時代-陶印.茶陶陶印/茶碗.徳利.宝瓶/窯印.刻印/茶道_●天保時代-北窯17人/他・・・!!
    閉じる

    ●天保時代-北窯17人/他・・・!!

  • 冊子/備前焼の鑑賞/金重陶陽.大饗仁堂.石井不老.中村六郎/古備前鑑定.海揚り/室町.桃山時代-陶印.茶陶陶印/茶碗.徳利.宝瓶/窯印.刻印/茶道_●表紙・・・!!
    閉じる

    ●表紙・・・!!

  • 個数
    1
  • 開始日時
    2020.08.06(木)01:51
  • 終了日時
    2020.08.12(水)23:26
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり
  • 現在価格
    5,250円(税 0 円)
    送料
  • 入札

    閉じる

    Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

    Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

    Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

    配送方法と送料(

    閉じる
    への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)
    配送情報の取得に失敗しました

    送料負担:落札者

    発送元:兵庫県

    発送までの日数:支払い手続きから3~7日で発送

    海外発送:対応しません

  • 出品者情報

    出品マスター
    落札率が高い

    直近3ヶ月に出品した商品の
    70%以上が落札されています。

    kametuguさん
    総合評価: 4735
    良い評価 100%
    出品地域:
    兵庫県

商品説明





■■「天保時代」・・・・・■■

**”(画像-9・の続き)”**

●南窯十五人/西窯十人・・・●

■■「嘉永二年の各窯元」・■■

●南竈組・・・●

 

 



■■「嘉永二年の各窯元」・■■

●北竈組/西竈組・・・●

■■「他」・・・・・・・・■■

 

 



■■「昭和の初め」・・・■■

●西村春湖/大饗仁堂/金重陶陽/他・・・●

 

 



■■「昭和の初め」・・・・■■

●森陶缶/難波好陽/藤田龍峰/伊勢崎陽山/石井不老/山本陶秀/他・・・●

■■「昭和二十年頃から」・■■

●鈴木黄哉/藤田龍峰/他・・・●

■■「他」・・・・・・・・■■

 

 



■■「古備前鑑定」・・・■■

●窯印数字を示している・伊部の例/他・・・●

●「古備前鑑定」・・・●

―”窯印は屋号で似たものは同一系統と見て良い”―

①・桃山時代の茶陶で見込みに捺された手印を例外としていえば・判より彫りが古い。        
②・作品の彫りが・大きい窯印は古い。窯印は次第に小さくなっている。              
③・肩や胴に窯印があれば・室町末期か桃山時代とみて差支ない。江戸初期のころから例外を除き高台。
④・室町末期か桃山時代は櫛目で彫っている。                          
⑤・単純な記号は古く・複雑は時代が下がる。                          
⑥・江戸初期から判を高台に捺すようになった。江戸中期・元禄ころから小形の判を用いた。     
⑦・いずれもヘラの窯印の例外もある。                             
⑧・天保窯はヘラで窯印をした。                                
⑨・判の場合・輪郭のはっきりしているものは古く・崩れたものは新しい。             

**例・江戸末期**

⑩・作品に・「備前」・という判を捺しているものは明治に多い。古備前の価格は・特殊は一千万円・五
  百万円と言われ・桃山時代の逸品は百万円をこす。壺類通常・須恵器・五万~十万・鎌倉期・五万~
  五十万・室町期・七万~八十万・桃山期葉茶壷・三十万~七十万・水指・二十万~百万・江戸期水指
  ・五万~三十万・末期・五千円~五万。百万円と言われ・桃・山時代の逸品は百万円をこす。壺類通
  常・須恵器・五万~十万・鎌倉期・五万~五十万・室町期・七万~八十万・桃山期葉茶壷・三十万~
  七十万・水指・二十万~百万・江戸期水指・五万~三十万・末期・五千円~五万・(略・・・・)。

 

 



■■「現代の備前焼窯元と作家」・・・■■

●山本陶秀/藤原楽山/浦上善次/大饗仁堂・・・●

 

 



■■「現代の備前焼窯元と作家」・・・■■

●伊勢崎淳/金重道明/各見政峯/榊原清人/中村六郎/他・・・●

 

 

powered by 無料簡単アレンジ自由なフォト追加【フォトもっと】



■冊子■「備前焼の鑑賞」■「古備前の鑑定」―備前焼の陶工―室町時代から桃山時代の陶印―永禄の頃―桃山時代茶陶の陶印―天正年中の名工―天正・文禄・慶長―海揚り古備前―元和年間―西窯九人―北窯十人―南窯十人―寛永の頃―その他の刻印―貞享の名工―正徳・寛保の頃―天保時代・(北窯十七人・南窯十五人・西窯十人)―嘉永二年の各窯元・(南竈組・北竈組・西竈組・窯元として)■昭和の初め―西村春湖・(安次郎)/大饗仁堂・(時松)/金重陶陽・(勇)/藤原楽山/木村黄薇堂・(一)/木村庄三郎/森豊二/森虎次/森琳三/森陶缶・(数太)/森良明・(健二)/木村桃蹊堂・(兵次)/木村宗太郎・(宗得)/木村陶正園・(正二)/柴岡陶泉堂・(米田)/片岡直之・(津名)/難波好陽・(十次郎)/久本花山/三村陶景・(藻三郎)/藤田龍峰・(滝蔵)/小西陶古・(滝蔵)/伊勢崎陽山・(義男)/松田華山・(竹志)/石井不老■昭和十年頃に―木村不老堂・(利一)/田中陶/藤原陶斎・(亀鶴)/山本陶秀・(政雄)■昭和二十年頃から―鈴木黄哉■現代の備前焼窯元と作家―金重利陶苑/木村興楽園/木村陶正園/木村一陽/木村桃蹊園/小西陶古/柴岡陶泉堂―森宝山/森竹山/藤原啓/山本陶秀/藤原楽山/藤田龍峰/浦上善次/大饗仁堂/金井春山/藤原建/木村宗得/岡本錦朋/藤原陶斎/伊勢崎満/伊勢崎淳/金重道明/各見政峯/榊原清人/中村六郎/西川政美/藤原雄/堀江祥山/松田華山/森陶岳/森陶山/山本雄一/金重素山/花房秀安/木村宏造/木村隆明/木村憲次/松井與之/木南知加選/日幡光顕人/藤原謹/高原昌治/森甚治/乗松俊行/難波好陽/柴岡正志/榊原貢/榊原学/森泰司/鈴木黄弌/柴岡紘一/小西陶蔵/高原邦彦/大饗輝彦/武用真二/大平誠之助/鈴木旦二/松井陶仙/他■「古備前年代早見表」■古備前鑑定■人間国宝■茶道/道具■掻印/押印■陶印/窯印/裏銘■以下詳細をご覧下さい!!■




■■『冊子』・・・■■



●●『備前焼の鑑賞』・・・●●

  ◆著者=日幡光顕。

  ◆発行所=備前焼研究会。



―”はじめに”―

★この本は備前焼の研究所でなく・以前陶友会で発行し
 ていたが・その後窯元・愛好家の要望により再発行・
 正しい姿をそのままに紹介したものです。
 挿絵の古備前は古陶美術館の所蔵品と・太田巌氏の所
 蔵品です。
 内容は手前のみの宣伝でもなく・宣伝上手で一時的な
 人気を得るためのものではありません。
 著作権もこう云う本にはありません。
 転載も自由です。
 備前焼の発展に利用して頂いたら幸せです。

                    **”著者”**



■発行日=昭和42年10月1日・(初版発行)。
     昭和45年 7月1日・(再版発行)。
     昭和48年 4月1日・(改定版発行)。
     昭和51年 4月1日・(改定版発行)。
■著者=日幡光顕。
■発行所=備前焼鑑賞会。
■サイズ=13×18cm。
■定価=300。
■状態。
  ●表紙に・多少の・キズ・ヤケが有ります。
  ●本誌内に・多少のヤケが・見えますが
  ●大きなダメージは・無く
  ●年代的には・良い状態に思います。



◆◆注意・・・◆◆

 ★大きな本では有りません・(上記寸法を参照下さい)。

 ★わずかに・シミが有りますので・御理解下さい。

 ★また・発行日より経年を経て下ります。
  コンディションに係らず・古書で有る事を
  充分に御理解の上・御入札下さい!!



◆◆参考に・・・◆◆

 ★昭和42年10月1日・(初版発行)~本書・昭和
  51年4月1日・(改定版発行)・まで4冊・出版
  ・(以降も続きます)・されて下ります。
  個々・(本文)・に大きな違いは有りませんが・各
  冊・(発行年によって)・「現代の備前焼窯元と作
  家」・「古備前年代早見表」・の項・等に違いが有
  りますので・ご参考下さい。



●全・約140頁・・・!!

  ◆巻頭・14頁・上質光沢紙。

  ◆図版・19点・カラー。

    ★鎌倉種壺。

    ★室町壺。

    ★室町壺。

    ★室町壺・(中期)。

    ★室町壺。

    ★桃山初期・(壺)。

    ★桃山葉茶壺。

    ★桃山水屋甕・(サンギリ)。

    ★桃山お預け徳利。

    ★桃山蕪徳利・(伏せ焼)。

    ★桃山ラッキョ徳利。

    ★桃山海揚鶴首・(徳利)。

    ★桃山手付水指・(赤)。

    ★桃山手付鉢・(ゴマ)。

    ★桃山獅子・(置物)。

    ★花入・(江戸中期・ゴマ)。

    ★他・・・・・。

  ◆図版・24点・白黒。



●「古備前鑑定」・・・●

―窯印は屋号で似たものは同一系統と見て良い―

  ①・桃山時代の茶陶で見込みに捺された手印を例外
    としていえば・判より彫りが古い。

  ②・作品の彫りが・大きい窯印は古い。窯印は次第
    に小さくなっている。

  ③・肩や胴に窯印があれば・室町末期か桃山時代と
    みて差支ない。
    江戸初期のころから例外を除き高台。

  ④・室町末期か桃山時代は櫛目で彫っている。

  ⑤・単純な記号は古く・複雑は時代が下がる。

  ⑥・江戸初期から判を高台に捺すようになった。
    江戸中期・元禄ころから小形の判を用いた。

  ⑦・いずれもヘラの窯印の例外もある。

  ⑧・天保窯はヘラで窯印をした。

  ⑨・判の場合・輪郭のはっきりしているものは古
    く・崩れたものは新しい。

   **例・江戸末期**

  ⑩・作品に・「備前」・という判を捺しているも
    のは明治に多い。
    古備前の価格は・特殊は一千万円・五百万円
    と言われ・桃山時代の逸品は百万円をこす。
    壺類通常・須恵器・五万~十万・鎌倉期・五
    万~五十万・室町期・七万~八十万・桃山期
    葉茶壷・三十万~七十万・水指・二十万~百
    万・江戸期水指・五万~三十万・末期・五千
    円~五万。

  ◆熊山窯。

  ◆浦伊部窯。

  ◆山麓窯。

  ◆桃山期大窯。

  ◆江戸期。



●蒐集・資料などの・参考に・・・!!



●探されていた方は・この機会に・・・!!



●以下・詳細をご覧ください・・・!!

  ◆掲載案内は・抜粋して下ります。

  ◆掲載内容は・Q&Aより・問い合せ下さい。

  ◆数字記載は目視です・間違いは御容赦下さい。



●掲載を抜粋紹介し・「タイトル」・と・致します。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■■『はじめに』・・・■■

**”著者”**



■■一・『備前焼の鑑賞』・・・■■



■■二・『備前焼のつくり方』・・・■■



■■三・『備前焼の伝統』・・・■■


●●1・「備前焼のはじめ」・・・●●


●●2・「桃山時代・(鎌倉)」・・・●●


●●3・「浦伊部及び山麓時代」・・・●●


●●4・「大窯時代・(応永大窯時代)」・・・●●


●●5・「天保・明治窯時代」・・・●●



■■四・『古備前の鑑定』・・・■■


●●1・「備前焼の陶工」・・・●●


●「室町時代~桃山時代の陶印」・・・●

**”(約300点)”**


●「永禄の頃」・・・●

  ◆木村三郎兵衛。

  ◆木村庄三郎。

  ◆木村吉右衛門。

  ◆森惣兵衛。

  ◆他・・・・・。


●「桃山時代の茶陶陶印」・・・●

**”(約120点)”**

●「天正年中の名工」・・・●

  ◆森清次郎。

  ◆木村長左衛門。

  ◆森清左衛門。

  ◆森惣兵衛。


●「天正・文禄・慶長の頃に」・・・●

  ◆宗伯。

  ◆新平。

  ◆茂右衛門。

  ◆正玄。


●「その他・大瓶など古い印として」・・・●

**”(13点)”**


●「海揚り陶印・」・・・●

**”約・40点”**

★海揚り・備前直島の沖に昔から備前焼を積んだ船が沈
 んだという伝説が古くからあった。
 おそらく・備前藩より幕府の朝廷に献上するため・出
 港の途欠沈没したと思われ・昭和十五年岡山県在住の
 愛陶家陶守三思郎氏が偶然の機会で、直島の北岸より
 ニ・三十間の沖合で水深十五~二十尋の海底に昔から
 眠っていた古備前・つまりこの大窯前朝の作品を数点
 入手したことから・古備前党の間にセンセイションを
 巻き起こしたものである。
 上陸備前の種類・種壺其他水指・花生・火入・片口・
 鶴首花生・お預け徳利・らっきょう徳利・芋徳利・蕪
 徳利・鳥口蕪徳利・振出用小徳利・水屋瓶・花生用四
 ツ耳壺・茶壺・擂鉢・火鉢・大平鉢・中平鉢・小平鉢
 ・等・二百点余り揚げられている。
 その内・鶴首徳利・大平鉢・片口・徳利等名品が文化
 ・略・・・・・。


●「元和年間」・・・●

  ◆木村勘六。

  ◆木村善四郎。

  ◆森窯。


●「西窯九人」・・・●

  ◆庄兵衛。

  ◆彦三郎。

  ◆新五郎。

  ◆弥一郎。

  ◆五郎太夫。

  ◆長兵衛。

  ◆助三郎。

  ◆七兵衛。


●「北窯十人」・・・●

  ◆弥兵治。

  ◆五兵衛。

  ◆二郎左衛門。

  ◆惣兵衛。

  ◆忠三郎。

  ◆二郎左衛門。

  ◆庄大夫。

  ◆才之助。

  ◆治兵衛。


●「南窯十人」・・・●

  ◆与三右衛門。

  ◆善兵衛。

  ◆清三郎。

  ◆平三郎。

  ◆七郎兵衛。

  ◆二郎兵衛。

  ◆太郎右衛門。

  ◆長右衛門。

  ◆七郎。


●「寛永の頃」・・・●

  ◆寺見次郎兵衛。

  ◆木村九郎兵衛。

  ◆森念心。

  ◆金重宗四郎。

  ◆寺見次郎兵衛・(同一か)。


●「慶安・延宝・天和年中」・・・●

  ◆木村長三郎。

  ◆木村太左衛門。

  ◆森清三郎。

  ◆木村元心。

  ◆木村平四郎。

  ◆木村長右衛門。


●「その他の刻印」・・・●

**”(約・210点)”**


●「貞享の名工」・・・●

  ◆森弥左衛門。

  ◆木村道休。

  ◆木村秀四郎。


●「正徳・寛保の頃」・・・●

  ◆五郎兵衛。

  ◆雲貞。

  ◆木村良心。


●「天保の時代」・・・●

★文政八年頃各窯元の印として用いられたのは・・・

●「北窯十七人」・・・●

  ◆長十郎。

  ◆是介。

  ◆久次兵衛。

  ◆直左衛門。

  ◆武次郎。

  ◆清右衛門。

  ◆喜平太。

  ◆甚次郎。

  ◆安右衛門。

  ◆五兵衛。

  ◆与之衛。

  ◆新七郎。

  ◆源右衛門。

  ◆彦兵衛。

  ◆茂六。

  ◆儀三郎。

  ◆鉄次郎。


●「南窯十五人」・・・●

  ◆角治。

  ◆与十郎。

  ◆杢介。

  ◆定右衛門。

  ◆喜四郎。

  ◆三郎兵衛。

  ◆惣太郎。

  ◆茂平。

  ◆長左衛門。

  ◆源吉。

  ◆嘉介。

  ◆治兵衛。

  ◆吉蔵。

  ◆唯蔵。

  ◆直治。


●「西窯十人」・・・●

  ◆羽介。

  ◆半右衛門。

  ◆左兵衛。

  ◆庄左衛門。

  ◆柳治。

  ◆永介。

  ◆治左衛門。

  ◆忠兵衛。

  ◆市左衛門。

  ◆嘉兵衛。


★嘉永二年の各窯元・・・

●「南竈組」・・・●

  ◆木村杢介。

  ◆木村長左衛門。

  ◆森嘉太郎。

  ◆大饗定右衛門。

  ◆木村長右衛門。

  ◆大饗吉蔵。

  ◆木村森治。

  ◆森与十郎。

  ◆大饗平治。

  ◆寺見嘉右衛門。


●「北竈組」・・・●

  ◆木村長十良。

  ◆木村新七良。

  ◆木村儀三郎。

  ◆木村平八郎。

  ◆長次郎。

  ◆金重利吉。

  ◆大饗是介。

  ◆森五兵衛。

  ◆森甚次郎。

  ◆森源右衛門。

  ◆木村清右衛門。

  ◆森武三郎。

  ◆木村彦兵衛。

  ◆木村鉄次郎。

  ◆木村茂六。

  ◆金重恂太郎。


●「西竈組」・・・●

  ◆金重彦左衛門。

  ◆金重羽介。

  ◆森武平治。

  ◆頓宮治左衛門。

  ◆大饗竜次郎。

  ◆寺見松三郎。

  ◆木村亀吉。

  ◆木村虎次郎。

  ◆大饗与右衛門。

  ◆大饗千吉。

  ◆大饗永介。

  ◆大饗紋次郎。

  ◆木村忠兵衛。


●「昭和初め」・・・●

  ◆西村春湖・(安次郎)。

  ◆大饗仁堂・(時松)。

  ◆金重陶陽・(勇)。

  ◆金重勉。

  ◆難波好陽・(十次郎)。

  ◆藤原楽山。

  ◆木村黄薇堂・(一)。

  ◆木村友敬・(貫一)。

  ◆木村宗太郎・(宗得)。

  ◆木村陶正園・(正二)。

  ◆木村庄三郎。

  ◆木村桃蹊堂・(兵次)。

  ◆森豊二。

  ◆森虎次。

  ◆森琳三。

  ◆森陶缶・(数太)。

  ◆森良明・(健二)。

  ◆木村桃蹊堂・(兵次)。

  ◆三村陶景・(藻三郎)。

  ◆柴岡陶泉堂・(米田)。

  ◆久本花山。

  ◆森豊二。

  ◆森虎次。

  ◆森琳三。

  ◆森陶缶・(数太)。

  ◆森万吉。

  ◆森良明・(健二)。

  ◆小西陶古・(陶一郎)。

  ◆藤田龍峰・(滝蔵)。

  ◆片岡直之・(津名司)。

  ◆伊勢崎陽山・(義男)。

  ◆木村不老堂・(利一)。

  ◆田中陶山。

  ◆原田六兵衛。

  ◆山本陶秀・(政雄)。

  ◆吉形香秀・(一義)。

  ◆藤原楽山・(六治)。

  ◆石井不老。


●「その他・昭和十年頃に」・・・●

  ◆木村利一・(不老堂)。

  ◆田中陶山。

  ◆藤原亀鶴・(陶斎)。

  ◆山本政雄・(陶秀)。

  ◆吉形一義・(香秀)。

  ◆藤原六治。


●「昭和二十年頃から」・・・●

  ◆鈴木黄哉。

  ◆藤田龍峰。

  ◆他・・・・・。


●●2・「古備前鑑定」・・・●●


●「伊部の例」・・・●

―”窯印は数字を示している”―

**”(窯印・17点)”**



■■五・『現代の備前焼』・・・■■



■■六・『現代の備前焼窯元と作家』・・・■■

**”(窯印・陶印・解説・他)”**

  ◆金重利陶苑。

  ◆木村興楽園。

  ◆木村陶正園。

  ◆木村一陽。

  ◆木村桃蹊園。

  ◆小西陶古。

  ◆柴岡陶泉堂。

  ◆森宝山。

  ◆森竹山。


●「作家」・・・●

  ◆藤原啓。

  ◆山本陶秀。

  ◆藤原楽山。

  ◆藤田龍峰。

  ◆鈴木黄哉。

  ◆浦上善次。

  ◆大饗仁堂。

  ◆金井春山。

  ◆藤原建。

  ◆木村宗得。

  ◆岡本錦朋。

  ◆藤原陶斎。

  ◆伊勢崎満。

  ◆伊勢崎淳。

  ◆金重道明。

  ◆各見政峯。

  ◆榊原清人。

  ◆中村六郎。

  ◆西川政美。

  ◆藤原雄。

  ◆堀江祥山。

  ◆松田華山。

  ◆森陶岳。

  ◆森陶山。

  ◆山本雄一。

  ◆金重素山。

  ◆花房秀安。

  ◆木村宏造。

  ◆木村隆明。

  ◆木村憲次。

  ◆松井與之。

  ◆木南知加選。

  ◆日幡光顕人。

  ◆藤原謹。

  ◆高原昌治。

  ◆森甚治。

  ◆乗松俊行。

  ◆難波好陽。

  ◆柴岡正志。

  ◆榊原貢。

  ◆榊原学。

  ◆森泰司。

  ◆鈴木黄弌。

  ◆柴岡紘一。

  ◆小西陶蔵。

  ◆高原邦彦。

  ◆大饗輝彦。

  ◆武用真二。

  ◆大平誠之助。

  ◆鈴木旦二。

  ◆松井陶仙。

  ◆他・・・・・。



■■付・『古備前年代早見表』・・・■■



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


■入力のミスはご容赦下さい。


■他の出品も・是非御覧下さい。


■商品詳細文の転用は堅くお断り致します。


■■入札案内・・・■■

●状態はすべて点検済ですが、
●見落し等が無いとは言えません。
●見解の相違も御座います。
●御了承・御理解の上・入札下さい。


■■支払詳細■■

●かんたん決済。
●楽天銀行。
●ゆうちょ銀行。


■■送料の案内■■

●198円。
●クリックポスト。
  ・(日本郵便)。
  ・(1回1落札)。
●簡易包装。
  ・(包装指定は別途料金)。
●落札金額に関わらず同一の包装とさ
●せて頂きます。







■■注意■■

●質問は必ず事前にお願い致します。
●落札後のクレームはお受けできません。
●落札日より7日以内に必ず決算下さい。
●7日以内に振込み確認出来ない場合は落札
●者都合のキャンセルとして処理させて頂き
●ます。
●取り置の場合でも最初の落札日より7日以
●内に必ず決済下さい。
●いかなる場合でも決済後に発送致します。


■■要注意■■

●入札の取消はいかなる場合でも不可能です
●質問欄での取消依頼もお受けできません。
●落札後は取引ナビにて詳細を連絡させて頂
●きます。
●電話での連絡はお受けできません。
●上記事項を充分に御理解の上での入札とさ
●せて頂ききます。

■商品詳細文の転用は堅くお断り致します!


+ + + この商品説明は オークションプレートメーカー2 で作成しました  + + +
No.213.002.002

支払い、配送

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • -PayPayPayPay
    • -クレジットカードYahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
    • -ジャパンネット銀行支払い
    • -銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
    • -コンビニ支払い
    • -Tポイント

配送方法と送料

  • 送料負担:落札者
  • 発送元:兵庫県
  • 海外発送:対応しません
  • 発送までの日数:支払い手続きから3~7日で発送
  • 送料: