【保存刀剣】「無銘」冬廣 69.2cm 、鑑賞に!!!

このオークションは終了しています

このオークションの出品者、落札者は ログインしてください。

この商品よりも安い商品

今すぐ落札できる商品

商品情報

  • 個数
    1
  • 開始日時
    2020.12.13(日)21:28
  • 終了日時
    2020.12.18(金)15:11
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり
  • 現在価格
    326,000円(税 0 円)
    送料
    即決価格
    390,000円(税 0 円)
    送料
  • 入札

    閉じる

    Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

    Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

    Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

    配送方法と送料(

    閉じる
    への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)
    配送情報の取得に失敗しました

    送料負担:落札者

    発送元:大阪府

    発送までの日数:支払い手続きから2~3日で発送

    海外発送:対応しません

  • 出品者情報

    vapoh95359さん
    総合評価: 441
    良い評価 99.6%
    出品地域:
    大阪府

商品説明

カテゴリ
状態
  • やや傷や汚れあり
■種別: 刀  
■長さ: 69.2m  反り:2.3 cm  穴:2個
■銘: 表 無銘
    裏 無銘
■元幅: 3.07cm 元重ね:0.69cm 先幅:2.25cm 先重ね:0.54cm
■重量: 刀身のみで 781g
■時代: 不明(少し摺り上げられており、代別の判定が難しいですが、全体の健全さから新刀期の冬廣かと推察します)
■刀工: 冬廣【鑑定により極めが付きました】
初代冬廣は相州広次の子で、寛正頃(1460年頃)若州小浜に移住して作刀、後に相州綱広の門に学んでいます。
以下同銘数代が同地に続き、現存する作品には天文・永禄などの年紀のあるものがあり、殆ど時を同じくして伯州・雲州・備中などの地銘を切ったものもあります。
新刀期になると冬廣の系譜は山陰から山陽にかけての城下町にて末葉らが活躍してその名跡を代々受け継ぎ、新々刀期には若狭国冬廣十七代孫と称する高橋長信がでて松江藩工としてその名を挙げています。
■刀身のコンディション
古研ぎで、多少引け傷は有るものの、地鉄の働きが良く肌に出ており、刃中の働きも綺麗なお刀です。
反りややきつめですが、全体に肉付き良く、手持ち中々ズシリと來る感じです。
■拵
白鞘拵
■送料
ゆうパックでの送付となります。
#刀 #白鞘 #居合用品 #鑑定
 
日曜、祝祭日、火曜日以外で、2~3日で発送いたします。

支払い、配送

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • -PayPayPayPay
    • -クレジットカードYahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
    • -ジャパンネット銀行支払い
    • -銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
    • -コンビニ支払い
    • -Tポイント

配送方法と送料

  • 送料負担:落札者
  • 発送元:大阪府
  • 海外発送:対応しません
  • 発送までの日数:支払い手続きから2~3日で発送
  • 送料: