すべてのカテゴリ

  • すべて
  • コンピュータ
  • 家電、AV、カメラ
  • 音楽
  • 本、雑誌
  • 映画、ビデオ
  • おもちゃ、ゲーム
  • ホビー、カルチャー
  • アンティーク、コレクション
  • スポーツ、レジャー
  • 自動車、オートバイ
  • ファッション
  • アクセサリー、時計
  • ビューティ、ヘルスケア
  • 食品、飲料
  • 住まい、インテリア
  • ペット、生き物
  • 事務、店舗用品
  • 花、園芸
  • チケット、金券、宿泊予約
  • ベビー用品
  • タレントグッズ
  • コミック、アニメグッズ
  • 不動産
  • チャリティー
  • その他
閉じる

(翔)古伊万里 染付 藍九谷 寛文期 椿 陽刻 椿形 折松葉 変形皿 ⑥ 1650~1670年代前後

Yahoo!かんたん決済

このオークションは終了しています

このオークションの出品者、落札者はログインしてください。

商品の情報

現在価格
: 

20,000円

(税0円)

残り時間 :  終了 詳細な残り時間
入札件数 :  1 入札履歴

詳細情報

個数
:  1
開始時の価格 :  20,000 円
落札者 :  b*W*P*** 評価:86
開始日時 :  6月 23日(日) 21時 59分
終了日時 :  6月 28日(金) 21時 59分
カレンダーに追加 カレンダーに追加
入札者評価制限 :  総合評価での制限 あり (評価の合計がマイナスの方は入札できません)
早期終了 :  あり
自動延長 :  あり
オークションID :  o323267159
商品の状態 :  やや傷や汚れあり
返品の可否 :  返品不可 (時代、状態は保証。商品説明・画像説明等不備の場合可)
1561294787 1561726787

出品者の情報

出品者 justyou1955
評価 10351037 - 2)
評価の詳細
支払いについて
・ Yahoo!かんたん決済
送料、商品の受け取りについて
商品発送元地域 兵庫県
10,000円相当のポイントもらえる! 新生Yahoo! JAPANカード誕生

商品画像

小さな画像をクリックすると、下に拡大表示されます。

  • (翔)古伊万里 染付 藍九谷 寛文期 椿 陽刻 椿形 折松葉 変形皿 ⑥ 1650~1670年代前後_画像1
  • (翔)古伊万里 染付 藍九谷 寛文期 椿 陽刻 椿形 折松葉 変形皿 ⑥ 1650~1670年代前後_画像2
  • (翔)古伊万里 染付 藍九谷 寛文期 椿 陽刻 椿形 折松葉 変形皿 ⑥ 1650~1670年代前後_画像3
  • (翔)古伊万里 染付 藍九谷 寛文期 椿 陽刻 椿形 折松葉 変形皿 ⑥ 1650~1670年代前後_画像4
  • (翔)古伊万里 染付 藍九谷 寛文期 椿 陽刻 椿形 折松葉 変形皿 ⑥ 1650~1670年代前後_画像5
  • (翔)古伊万里 染付 藍九谷 寛文期 椿 陽刻 椿形 折松葉 変形皿 ⑥ 1650~1670年代前後_画像6
  • (翔)古伊万里 染付 藍九谷 寛文期 椿 陽刻 椿形 折松葉 変形皿 ⑥ 1650~1670年代前後_画像7
  • (翔)古伊万里 染付 藍九谷 寛文期 椿 陽刻 椿形 折松葉 変形皿 ⑥ 1650~1670年代前後_画像8
  • (翔)古伊万里 染付 藍九谷 寛文期 椿 陽刻 椿形 折松葉 変形皿 ⑥ 1650~1670年代前後_画像9
  • (翔)古伊万里 染付 藍九谷 寛文期 椿 陽刻 椿形 折松葉 変形皿 ⑥ 1650~1670年代前後_画像10
(翔)古伊万里 染付 藍九谷 寛文期 椿 陽刻 椿形 折松葉 変形皿 ⑥ 1650~1670年代前後_画像1

商品説明

古伊万里:藍九谷寛文期染付椿陽刻椿形皿⑥
 
寛文期藍九谷の最上手三寸椿形皿です。
後の盛期鍋島・柿右衛門に使われた技術が、こ
の時代には
ほゞ完成していた事がよく解ります。

椿の花に添えた葉との形、陽刻で花弁・花びら・葉脈を上
品に仕上げています。
裏の折松葉、上手に多い高めの櫛高台、気品があります。
土、呉須も、独特の滑らかな釉も最高の物を使っています。

窯中温度調整の不具合や煙も入り、白磁は表裏共真白では
なく薄い灰色です。呉須発色も彩度が低い暗めの色です。
 
難がありますが魅力は損なわれていません。
小皿には凝縮した魅力があります。
是非コレクションに加えて下さい。
お陰様で最後の一枚です。是非この機会にお求めください。

インスタグラムを始めました。
kobijutsu_banri是非ご覧下さい。
 
時代 寛文期(1650~1670年代)
口径 10.7cm(6.7㎝)共に最大
全高 1.9㎝(1.7㎝)最大
状態 口縁厚から内に巾5㎜X1㎜の銀継有        
         口縁厚から内に巾6㎜X2㎜の銀継有
         (共に裏からは微かに見える程度、画像参照)
         口縁厚から側面に巾2㎜x2㎜の銀継、1㎜と2㎜の銀押有
         口縁に針穴レベル、ムシクイレベルの釉アタリ4か所有
        (共にかろうじて爪にかかる程度、画像参照)

キズではありませんがご確認戴きたい詳細

極小灰振・釉切・ムシクイ・凹凸・シワ・釉スレ多少
高台畳付に2㎜弱の凹、極小凹凸多少、座りに影響無

江戸初期に日本で初めて陶磁器が生産され伊万里と呼ばれました。
(1610年代)
江戸時代に作られた伊万里全てを古伊万里と呼ぶことが多いです。
現在の佐賀県有田周辺で作られた日本初の陶磁器です。
(伊万里港から出荷された)

1670年前後の伊万里は当時の高級品でした。
殆どの日本人が伊万里の存在さえ知らなかった時代です。
(当時の器は木製、漆器、陶器が主流、一握りの富裕層のみ使用)

創世記伊万里を初期伊万里と呼びます。
(1610年代)
初期伊万里のすぐ後、驚異的な技術進歩により日本初の色絵磁器、
古九谷が登場しました。
(1640年代)
色絵は古九谷、染付古九谷を藍九谷、錆釉を吸坂と呼びます。
他に白磁・青磁・瑠璃は、古九谷の名称を上下いづれかに足し呼
ぶ事も有ります。
古九谷の時代は、様々な技術や様式が生まれ、淘汰された興味深
い時代です。
(1640年~1670年前後)

なぜこの時代の伊万里が古九谷と呼ばれているのでしょうか?

半世紀程前迄古九谷は、石川県の焼き物、江戸時代の九谷焼と
言われていました。
昭和20年代、古九谷と呼ばれる焼き物が、実は佐賀県有田で作ら
れたものではないかという説が登場し、九谷説と有田説の論争が
始まりました。「九谷論争」です。

有田説は、江戸時代、海外へ輸出された伊万里の古九谷との共通
性にありました。有田説を支持する説が諸外国でも登場します。
その後、考古学的に生産地遺跡の発掘調査が双方で行われました。
素地の化学分析が行われた結果、有田説で終結しました。
終結後も古九谷の名称は残りました。

ただ、その後も調査は続いています。
疑問点がまだあり、今後の研究により更に詳細が解明されればと思
います。世界に類のない古九谷独特な色彩、本当に興味深いです。
 
ご質問等御座いましたらお早めに御連絡下さい。
追加画像等でご案内いたします。
 
時代、状態は保証します。
お問い合わせの対応が2,3日遅れることがあります。
(月・火曜日の定休日、午後1時~7時営業時間外の場合)
御質問等は、メール又はお電話にて承ります。
複数御落札の場合、1梱包でお送りします。
 
古美術萬里 TEL:0797-23-5104
メールアドレス banri@ninus.ocn.ne.jp 
 
他のオークション商品も是非御覧下さい。
 
古美術萬里のホームページも是非御覧下さい。

支払いについて

決済方法 Yahoo!かんたん決済
     - PayPay  
     - Yahoo!マネー/預金払い
     - クレジットカード決済   Yahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
     - インターネットバンキング  
     - ジャパンネット銀行支払い
     - 銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
     - コンビニ支払い

送料、商品の受け取りについて

送料負担落札者
商品発送元地域兵庫県
海外発送 対応しません
発送日までの日数 支払い手続きから1~2日で発送
配送方法 クロネコヤマト元払い
北陸/中部/関西/中国/四国 800円
関東/信越/九州 900円
東北 1100円
北海道/沖縄県 1700円
他の宅配ご利用は送料着払い