希少!カスタムBMW M3 ブレンボキャリパー(F-6POD、R-4POD)前後Rdd大口径2ピースローター オプション多数 2,9万Km低走行極上車

年式:平成28年 / 走行距離:29,980 km / 修復歴:なし / 車検: 令和 5年8月
  • 希少!カスタムBMW M3 ブレンボキャリパー(F-6POD、R-4POD)前後Rdd大口径2ピースローター オプション多数 2,9万Km低走行極上車_完璧な車両状況の低走行極上カスタムM3
    閉じる

    完璧な車両状況の低走行極上カスタムM3

  • 希少!カスタムBMW M3 ブレンボキャリパー(F-6POD、R-4POD)前後Rdd大口径2ピースローター オプション多数 2,9万Km低走行極上車_圧倒的パフォーマンスを感じるリヤスタイル
    閉じる

    圧倒的パフォーマンスを感じるリヤスタイル

  • 希少!カスタムBMW M3 ブレンボキャリパー(F-6POD、R-4POD)前後Rdd大口径2ピースローター オプション多数 2,9万Km低走行極上車_精悍を印象付けるカーボンリップエアロ
    閉じる

    精悍を印象付けるカーボンリップエアロ

  • 希少!カスタムBMW M3 ブレンボキャリパー(F-6POD、R-4POD)前後Rdd大口径2ピースローター オプション多数 2,9万Km低走行極上車_グラマラスなフェンダーとワイドトレッド
    閉じる

    グラマラスなフェンダーとワイドトレッド

  • 希少!カスタムBMW M3 ブレンボキャリパー(F-6POD、R-4POD)前後Rdd大口径2ピースローター オプション多数 2,9万Km低走行極上車_極端に使用感の薄い豪華なレザーインテリア
    閉じる

    極端に使用感の薄い豪華なレザーインテリア

  • 希少!カスタムBMW M3 ブレンボキャリパー(F-6POD、R-4POD)前後Rdd大口径2ピースローター オプション多数 2,9万Km低走行極上車_M3史上最強の名機S55B30Aパワーユニット
    閉じる

    M3史上最強の名機S55B30Aパワーユニット

  • 希少!カスタムBMW M3 ブレンボキャリパー(F-6POD、R-4POD)前後Rdd大口径2ピースローター オプション多数 2,9万Km低走行極上車_ブレンボ6POD+420mmRdd2ピースローター
    閉じる

    ブレンボ6POD+420mmRdd2ピースローター

  • 希少!カスタムBMW M3 ブレンボキャリパー(F-6POD、R-4POD)前後Rdd大口径2ピースローター オプション多数 2,9万Km低走行極上車_ブレンボ4POD+385mmRdd2ピースローター
    閉じる

    ブレンボ4POD+385mmRdd2ピースローター

  • 希少!カスタムBMW M3 ブレンボキャリパー(F-6POD、R-4POD)前後Rdd大口径2ピースローター オプション多数 2,9万Km低走行極上車_屋内保管を推測する美しいウインドウモール
    閉じる

    屋内保管を推測する美しいウインドウモール

  • 希少!カスタムBMW M3 ブレンボキャリパー(F-6POD、R-4POD)前後Rdd大口径2ピースローター オプション多数 2,9万Km低走行極上車_ルームミラーに映ったら走行車線へ退避
    閉じる

    ルームミラーに映ったら走行車線へ退避

  • 個数
    1
  • 開始日時
    2022.06.27(月)12:48
  • 終了日時
    2022.07.10(日)20:46
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり
  • 現在
    6,180,000円(税 0 円)
    ウォッチ

    149人が登録

    参考諸経費
    あり

    (内訳)

    • 諸費用
      あり
    • 法定費用
      あり
    • リサイクル預託金
      21,270円 (税 - 円)
    • 諸経費については参考価格です。
    • 詳細は出品者にお問い合わせください。
    • 諸経費は落札金額とは別に必要になります。
    ヤフオク!初めての方はログインすると
    (例)価格2,000円
    クーポン利用で

    1,000

    で落札のチャンス!

    いくらで落札できるか確認しよう!

    ログインする
  • 入札

    閉じる

    Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

    Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

    Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

    配送方法と送料(

    閉じる
    への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)
    配送情報の取得に失敗しました

    送料負担:出品者

    発送元:兵庫県 西宮市

    海外発送:対応しません

  • 出品者情報

    hide9284さん
    総合評価: 416
    良い評価 100%
    出品地域:
    兵庫県 西宮市
  • 更新情報
    • 7月1日
      質問回答

商品説明

自動車基本情報
メーカー名 BMW 車種名 M3 セダン
グレード名 M3 セダン 排気量 2,979 cc
年式 平成28年 (2016年) 8月 輸入車モデル年式 平成28年(2016年)
走行距離 29,980 km 走行距離の状態 実走行
色系統 シロ系 色の名称 アルピンホワイトⅢ(300)
車検有効期限 令和 5年8月まで ミッション オートマチック(AT)
ボディタイプ セダン 型式 CBA-3C30
車両詳細情報
ドア数 4ドア 乗車定員数 5人乗り
駆動方式 2WD 燃料 ガソリン車
点検記録簿 あり 修復歴 なし
車台番号(下3けた) 635 リサイクル預託金 21,270 円
輸入経路 ディーラー車 ハンドル
車歴 自家用 所有者歴 複数オーナー
引き渡し条件 応相談
装備品
エアコン スマートキー サンルーフ ローダウン
パワステ CD 本革シート 禁煙車
パワーウィンドウ MD 純正エアロパーツ ペット同乗なし
集中ドアロック DVDビデオ 純正アルミホイール 限定車
ABS テレビ 横滑り防止装置 試乗、現車確認可能
エアバッグ ナビゲーション トラクションコントロール 取扱説明書
ETC バックカメラ 寒冷地帯仕様車 新車時保証書
キーレスエントリー 電動スライドドア 福祉車両 スペアタイヤ

コメント

最高のカスタムM3が入庫しましたのでご案内させていただきます。もちろん修復歴無し、走行距離管理システム照会済み、入庫時走行距離は何とまだ2万Km台、車両評価4,5点の極上正規ディーラー車になります。今回出品車のセールスポイントは何と言っても全体に素晴らしい車両状況に尽きるでしょう。美しいしっとりとした新車時の眩しい輝きを全身から放つ外装、極端に使用感の薄い清潔感に溢れるインテリアなど、これまでお取り扱いさせていただいた同型車の中では間違いなくトップレベルの車両状況を誇っております。完全屋内ガレージを推測させるエクステリア、とりわけカーボンルーフトップやブラックメッキウインドウモールの状態も素晴らしいです。オプション装備のMライトアロイホイールも何と無傷でインテリアにもヤレなど見られず、全国のお客様に自信を持ってお勧めできる掘り出し物の極上車と言えるでしょう。更に決して見逃す事ができないのは数々のオプション装備類になります。Mヘッドアップディスプレイ、Mライトアロイホイール ダブルスポークスタイリング437M(27万8000円)、リアウィンドウローラーブラインド(3万7000円)、レーンチェンジウオーニング(7万7000円)、アクティブプロテクション(5万1000円)、カーボンファイバートリム ブラッククロームハイライト(6万9000円)、アダプティブMサスペンション(28万5000円、電子制御リミテッドスリップデフセット)、ノーオプション新車価格1104万円にこれらを合計しますと¥11,837,000-、登録諸費用や税をと合わせますと新車時乗り出し価格は何と1250万円を軽くオーバーしますので、この走行距離と車両状況で半額以下でのご案内になります。そして更にブレンボが誇るマルチピストンブレーキシステム。フロント6POD対向ピストンビッグキャリパー、リヤ4POD対向ピストンビッグキャリパー。そしてブレーキローターはブレンボ製ではなく更にカスタマイズされており、フロントRdd製420mm 2ピースマルチスリットビッグローター、リヤRdd製385mm 2ピースマルチスリットビッグローター。ブレーキシステムだけで120万円をはるかに超えるコストが惜しげもなく投入されており、最強のストッピングパフォーマンスが与えられていると言えるでしょう。

圧倒的な存在感を誇る完璧なスタイリングをご確認下さい



「憧れのM-POWER製ストレート6が復活した!」

BMWストレートシックスファンの歓びと衝撃が世界中を駆け抜けた出来事もまだ記憶に新しいところですが、この新世代パワーユニットはとにかく凄まじいスペックを引っ提げて復活を遂げているのです。新型M3では「高性能化」だけではなく、驚くべき高い次元で高効率化を両立した新開発の高回転型パワーユニットを与えられていると表現する事ができます。次元の異なる高精度Mパワー直噴システム、バルブトロニックおよびダブルVANOSも新世代Mスペックへと昇華、連続高回転高出力を達成するためあえてシングルスクロール式としたターボチャージャーを採用しツイン掛け、サーキットトラックスペックのライナーレス高耐久クローズドデッキシリンダーブロック、Mパワーユニット専用強化クランクケース、高強度軽量鍛造クランクシャフト、超軽量マグネシウム製オイルパン、などといった現代のレーシングテクノロジーが惜しげもなく採用されているのです。

その結果として4Lから3Lへと排気量を大幅に減らしたにもかかわらず、先代M3のV8を11ps上回るピークパワー(431ps)を獲得。さらに直噴ツインターボの恩恵で、トルク特性にいたっては1850rpmという極低回転域から旧型比約40%アップ(!)の56.1kgmをあたりまえの様にワイドレンジで絞り出しています。またCO2排出量も7速DCT搭載車で194g/kmとなり当然ながら先代V8に比べて3/4以下と、さすが環境基準に厳しいヨーロッパのハイパフォーマンスカーであると言えます。

極端に使用感の薄い清潔感溢れる極上インテリアをご確認下さい



史上最速5代目M3(当該出品車)の最も重要な開発目標は「サーキットトラックにおける走行性能を極限まで強化すること」だったと言われており、M3/M4の設計プロセスには2012年DTMチャンピオン「ブルーノ・シュペングラー」などのBMWワークスドライバー達が深く関わると共に、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェにて徹底的にメイク&トライが繰り返されました。エンジンやターボチャージャーだけでなくトランスミッションの新型冷却システムまで、ここでの過酷なサーキット走行を前提に設計されているのです。メインラジエーターとは別にサイドラジエーターまで装備しエンジンオイルとM-DCTオイルを冷やし、さらに新システムとして電動クーラントポンプでターボチャージャーのベアリングマウントまで緻密に管理冷却されています。





ここで「M」の魅力を語る際にはどうしてもパワーユニットにスポットをあてがちになりますが、この新型M3/M4において優先順位の高かった開発テーマは「軽量化」になります。その中でも炭素繊維強化樹脂(CFRP)の応用は歴史的にみても「M」が最も得意とするところであり、いまやiシリーズ(電気自動車)における「CFRPを多用した軽量車体構造のパイオニア」として、世界中の自動車メーカーから「BMWは当代きってのCFRP遣い」と位置付けられるまでに進化を遂げているのです。旧型ではクーペだけだったCFRPルーフを新型ではセダン(M3)にも採用(従来のスチールより5Kg減)。M4ではさらにトランクリッドの骨格素材にもカーボンファイバーを混ぜ軽量化を図っており、両車とも頑強かつ軽量なU字型のCFRPストラットブレースが装備されています。注目すべきはCFRP製プロペラシャフトで、軽量・高剛性なだけでなく一体成型が可能となるため中間ベアリングが不要となり、従来ドライブトレインとの比較で40%もの慣性質量削減が現実のものとなりました。エンジンフードやフロントフェンダーも従来のスチール製からアルミニウム製に変更されるなど、あらゆる角度から本気の軽量化策が施された結果として先代比でおよそ80kgものシェイプアップに成功しており、大幅なドライビングダイナミクスの向上を果たしています。更に何とマグネシウム骨格の軽量ステアリングホイールまで採用されており、この「新型M3セダン」の動力性能は、7速DCTで0-100km/h加速4.1秒(6MTは4.3秒)と、4秒台後半だった先代をあっさりと更新してM3史上最速を達成、これに対抗するには「ポルシェ911カレラS(4.3秒)」でスポーツプラスモード(4.1秒に向上)を選択しなければなりません。レブカウンターは7500rpmからレッド、スピードメーターはフルスケールで330Km/hまで刻まれていますが、日本仕様では最高速度250km/hでリミッター作動になります。

M-DCTのセレクターレバー周囲には、ドライブロジックをはじめクルマの性格を任意に変えられるスイッチがまとめられていますので、エモーショナル重視派なら走行プログラムはスポーツモード、エンジン制御・サスペンション・ステアリングの3要素をすべて最もハードに設定すれば、強烈なM3パフォーマンスは最大となります。

強烈なスペックを与えられた新時代のM-POWERストレートシックスツインターボ、エンジンルームを眺めているだけで数々の栄光の歴史が脳裏に蘇ります



無傷のMライトアロイホイール ダブルスポークスタイリング437Mと最強のブレンボブレーキシステムをご確認下さい。フロントローターRdd2ピース420mm、リヤローターRdd2ピース385mmになります。



追って追加掲載して参りますので最終までご確認のうえご検討下さい。

(2022年 5月 30日 20時 23分 追加)


数多くのBMWラインナップの中で孤高の存在であり続ける「Mモデル」のルーツは、1973年にBMW AG 研究開発部門から独立した「BMW Motor sports Gmbh」(現在のBMW M社の前身)が、2002ターボをはじめモータースポーツで勝つ為に培ってきた最新技術をフィードバックし「最強のロードゴーイング・ハイパフォーマンスカー」の製作を始めた事によります。初代E30 M3はグループAのカテゴリーに出場して勝つ為に当時のレギュレーションに合わせて開発されましたが、E36 M3は67台の試作車や延べ150万Km以上の走行テストを重ねるなど、ロードゴーイングスポーツカーとしてじっくりと熟成された事で先代との素性の違いを明らかにしております。そしてその正常進化の流れを受け継いだ伝統の「Mパワーストレートシックスエンジン」最後のE46M3には、2006年に生産が終了した現在でも「市販車最強ハイチューンド6気筒エンジン」の称号を欲しいがままとする「326-S4」M3専用ハイチューニングパワーユニットが搭載されていました。最高出力は先代モデルから更に343PSへと増大しておりますが排気量アップは僅かに44cc、このチューニングは排気量の拡大に伴いパワーとトルクを稼ぐ一般的な手法ではなく、エンジン構成パーツの軽量化や緻密なバランス精度の向上、高効率燃焼や進化したダブルVANOS可変バルタイマネージメントなど、全てのファクターを総合的に見直す事によりレブリミットも7400rpmから7900rpmまで引き上げ「回してパワーを稼ぐレーシングエンジン」へと昇華しており、長いクランクシャフトを持つ直列6気筒ハイチューンエンジンとしては1つの完成域へ到達していました。これを超えるハイパフォーマンスM3をプロデュースするには、様々な制約により超高回転を苦手とするストレートシックスを捨てV8エンジンに移行する選択肢しか残されていなかったのです。E46 M3後期のS54B32型エンジンは排気量を3,0から3,2Lにボアアップした事で、シリンダー隔壁の厚みが3mmしか取れなかったため耐久性の面からブロックのアルミ化が見送られましたが、4代目M3のV8パワーユニット「S65B40A」では迷うことなくこれを採用しエンジン重量をE46 M3の217Kgから202Kgへと15Kgも軽量化する事に成功しているのです。V8エンジンの短いクランクシャフトによりエンジン自体をコンパクト化する事で前後重量配分も最適化、大型化したボディの運動性能を更に向上させる事に成功しており、2008年から2012年までの実に5年間連続で「ポルシェ」や「フェラーリ」などのライバル達を抑えて同排気量クラスの「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、世界に誇る名機である事が実証された事もまだ記憶に新しいところです。そして5代目M3(当該出品車)ではこの珠玉の名機S65B40Aを超えなければならなかったのです。詳細は前述の通りですが開発陣は見事にこれを果たす事ができたのです。M3史上最強ツインターボパワーユニットS55B30A搭載のカスタムM3、クルマ好きを自負するのであれば長い人生に於いて是非一度は所有してみてください。

ドライブレコーダー、GPSレーダーディテクター、Mモードヘッドアップディスプレイ、新車同様のウインドウブラックメッキモールなど御確認下さい。





(ご挨拶)

この度は弊社の出品車両をご閲覧下さいまして誠にありがとうございます。

弊社では「価格を超える価値のある素晴らしい車両状況を誇る極上車」だけを厳選し、一般的な消耗部品点検だけではなく全車診断機により要整備個所を抽出すると共に、熟練スタッフによりあらゆるステージでの充分な実走行テストを繰り返すなど「お客様の立場に立った徹底診断」を実施しており、これらを全てクリアすると共に「社主である私自らが心の底から所有したいと思う特選車」のみをご案内させていただいております。

利益至上主義の中古車販売業者が溢れるこの業界において、仕入れ~点検整備~お届けまで全てのプロセスで「これから長くお乗りいただくお客様の視点」を常に念頭に置く事により、北海道から沖縄県まで全国全てのお客様に感動と喜びをお届けする事を「弊社の社会的責務」と考え、履歴の残っていないものまで含めますと550台を超えるお取引を重ねて参りました。「遠隔県のお客様がインターネットで車両を購入する事」に関するお客様側の全てのリスクを排除し、ご検討~御落札~現車確認~登録納車まで弊社が責任を持ちましてご案内させていただきます。

また弊社では「1台限りのお取引」ではなく、素晴らしいお車にご満足いただく事で「全国の皆様を弊社の大切なお客様として獲得する事」を真の目標とし日夜東奔西走致しております。おかげ様で2~3台目のお取引を重ねるお客様も増え、昨今では全国の皆様から「こんなクルマを探して欲しい」とのご注文まで多数頂戴し対応に追われております。

弊社の経験によりますと「素晴らしいお車との出会い」は「ご縁のものである」と表現する事ができます。中古車は1台1台全て装備や車両状況が異なりますので、車種にもよりますが「同程度の個体を探して欲しい」とご依頼下さいましても、数か月に渡りお待ちいただくケースもございます。お車選びで大切なのは、(1)信頼できる自動車商に依頼する事、(2)ご予算には少々の余裕を持つこと、(3)素早い判断と迅速な決断、の3点に尽きると言えます。

何よりも「お客様が素晴らしいお車と巡り遭われます事」をスタッフ一同切望致しております。どうぞご安心してお車選びをお楽しみ下さい。

最後に、最強のカスタムブレンボマルチピストンブレーキシステム搭載車の完璧なスタイリングをご確認下さい





(お取引条件)

(1)御落札価格以外に必要な費用
スタート価格(御落札価格)は消費税不要・現状でのお引渡し価格です。御落札価格の他には月割り自動車税(~3000cc、7月登録)33,300-、及びリサイクル料¥21,270-の御負担が必要となります。弊社の出品車両は全車スタート価格からの売り切り出品です。

(2)納車にかかる諸費用
御落札後、全国どちらまででも有料道路通行料(実費、地域によってはフェリー輸送費)、燃料費(実費)、帰路徒歩交通費(実費)、納車経費\18,000-(東北地方以北及び九州以南は25,000-又は別途お見積り)にて自走でうかがわせていただきます。当然、現車をじっくりと御確認・御試乗いただいた結果の最終決定で結構です。弊社ではしっかりと現車を御試乗の後に最終決定いただける「自走納車」を推奨し御好評いただいております。登録納車先市町村名までをメールにてご通知いただけましたら「乗り出し総額」を御案内させていただきます。

(3)お下取り車につきまして
ディーラーや買取り業者の査定にご満足でしょうか。もちろんお下取り車も大歓迎です。高価買取りで全国のお客様にご好評いただいておりますので是非ご利用下さい。過走行車及び処分車両も引取り抹消サービスなどの対象となりますので是非御相談下さい。

(4)御入札前の現車確認につきまして
出品車両は全て弊社所有車両ですので、現車確認・試乗を御希望のお客様はいつでも遠慮無くお申し付け下さい。(他府県出張などで急な御要望には対応できない場合もございますので、日程には余裕をもってご相談下さい)

(5)オートローンの御利用につきまして
高年式の上質車をお安く提供させて頂くため現金でのお取引を希望しておりますが、弊社が代理店を務めます大手信販会社のオートローン「実質年率3,7%分割お支払い契約」も御利用いただけます。御利用に際しては審査があり、審査合格後オークションに参加していただく流れになりますので、御希望のお客様はお早めに掲載文末尾のアドレスまでメールにてお申し出下さい。

(6)現車確認後のキャンセルにつきまして
万一、現車確認・御試乗の結果としてキャンセルいただく場合、キャンセル料・YAHOO出品料・往復にかかる交通費の一部負担などをお客様にお願いする事はありません。全車テスター診断の実施や入念な実走テストなど、確かな技術と豊富な経験による点検整備を実施した素晴らしい車両状況のお車しか出品しておりませんので、万一気になる点がある場合は「無償キャンセルOK」をお約束させていただいております。

(7)登録名義変更につきまして
基本的にお客様側での自走引取り及び名義変更登録はご容赦いただいております。弊社にて登録名義変更まで格安にて承っておりますので是非御利用下さい。まずはお客様側にて車庫証明を申請していただきます。必要な資料や申請要領などは全て弊社からお送り致します。とても簡単ですので初めてのお客様でも是非挑戦してみて下さい。希望番号も実費のみで承っておりますのでお気軽にお申し付け下さい。

この出品車・お取引に関するご質問、質問欄ではスペース不足の場合、質問内容・連絡事項に個人情報を含むため非公開としたい場合、オートローンの御利用希望の場合など、どうぞご遠慮なくhide9284@yahoo.co.jp までメールにてお申し付け下さい。

弊社(K's Auto Gallery)ホームページも是非ご閲覧下さい

支払い

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • PayPay残高払い
    • PayPayあと払い
    • クレジットカード
      • PayPayカード
      • Visa
      • Mastercard
      • JCB
      • Diners
      • American Express
    • PayPay銀行支払い
    • 銀行振込(振込先:PayPay銀行)
    • コンビニ支払い
  • 銀行振込
    • 神戸信用金庫