洋書アート写真集 ダイアン・アーバス写真集/ Diane Arbus: An Aperture Monograph (Aperture Monograph) (ハードカバー) 輸入品

ストア



















  • 洋書アート写真集 ダイアン・アーバス写真集/ Diane Arbus: An Aperture Monograph (Aperture Monograph) (ハードカバー) 輸入品_画像1
  • 洋書アート写真集 ダイアン・アーバス写真集/ Diane Arbus: An Aperture Monograph (Aperture Monograph) (ハードカバー) 輸入品_画像2
  • 洋書アート写真集 ダイアン・アーバス写真集/ Diane Arbus: An Aperture Monograph (Aperture Monograph) (ハードカバー) 輸入品_画像3
  • 個数
    1
  • 開始日時
    2019.08.21(水)22:54
  • 終了日時
    2019.08.26(月)22:54
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり
  • この商品で使えるクーポンあります

    即決価格
    11,700円(税込 12,636 円)
    送料
    今すぐ落札する

    7,700円で落札のチャンス!

    Tポイント

    この商品でのご利用例

    • 即決価格
      11,700円
    • 入会特典 4,000pt
      -4,000円
    • 入会特典利用後の価格
      7,700円

    ※残りのポイントは別のお買い物にご利用いただけます

    ※カード審査通過後入会特典4,000ポイントが進呈されます。 ※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。
    Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。

    申し込みする
  • 入札

    閉じる

    Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

    Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

    Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

    配送方法と送料(

    閉じる
    への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)
    配送情報の取得に失敗しました

    送料負担:落札者

    発送元:東京都

    海外発送:対応します

  • 出品者情報

    cddvdfan2000さん
    総合評価: 5509
    良い評価 99.4%
    出品地域:
    東京都
    ヤフオク!ストア
    浪漫堂ショップ2号店ストア情報
    ストアニュースレター配信登録

商品説明

カテゴリ
状態
  • 目立った傷や汚れなし




◆商品紹介◆

cd-art cd-kougei

商品名

洋書アート写真集
【ダイアン・アーバス写真集/ Diane Arbus: An Aperture Monograph (Aperture Monograph) (ハードカバー) 輸入品】Diane Arbus

内容

『ダイアン・アーバス Diane Arbus: An Aperture Monograph (Aperture Monograph) (ハードカバー)
Diane Arbus (著)
ハードカバー: 184ページ
出版社: Aperture; Reissue版 (1988/04)
言語 英語  0912334401
発売日: 1988年4月
本のサイズ: 27.9 x 24.4 x 2 cm
--------------------------------------------------------------------------------
(内容)
Diane Arbus: An Aperture Monograph was originally published in 1972, one year after the artist's death, in conjunction with a retrospective of her work at the Museum of Modern Art. Edited and designed by Arbus's daughter, Doon, and her friend and colleague, painter Marvin Israel, the monograph contains eighty of her most masterful photos. The images in this newly published edition, marking the twenty-fifth anniversary of the collection's original publication, were printed from new three-hundred-line-screen duotone film, allowing for startlingly clear reproduction. The impact of the collection is heightened by the introduction, which contains excerpts of audio tapes in which Arbus discusses her experiences as a photographer and her feelings about the often bizarre nature of her subjects. Diane Arbus's work has indelibly impacted modern visual sensibilities, evidenced by the intensely personal moments captured in this powerful group of photographs.

About the Author
Diane Arbus--born Diane Nemerov in New York City in 1923--married Allan Arbus at the age of eighteen. She started taking pictures in the early 1940's and studied photography with Berenice Abbott in the late 1940's and with Alexey Brodovitch in the mid 1950's. It was Lisette Model's photographic workshops, however, that inspired her, around 1957, to begin seriously pursuing the work for which she has come to be known.

Her first published photographs appeared in Esquire in 1960. During the next decade, working for Esquire, Harper's Bazaar, and other major magazines, she published more than a hundred pictures, including portraits and photographic essays, many of which originated as personal projects, occasionally accompanied by her own writing. Diane Arbus: Magazine Work (Aperture, 1984) documents this aspect of her career and its relationship to her best-known imagery.

In 1963 and 1966 she was awarded Guggenheim Fellowships for her project on "American Rites, Manners, and Customs." She traveled across the country, photographing the people, places, and events she described as "the considerable ceremonies of our present These are our symptoms and our monuments," she wrote. "I want simply to save them, for what is ceremonious and curious and commonplace will be legendary."

A selected group of these photographs attracted a great deal of critical and popular attention when they were featured, along wit the work of two other photographers, in the Museum of Modern Art's 1967 exhibition "New Documents." The boldness of her subject matter and photographic approach were recognized as revolutionary.

In the late 1960's, Arbus taught photography at Parsons School of Design, the Rhode Island School of Design, and Cooper Union, and continued to make photographs. Notable among her late works is a series of photographs she took at residences for the mentally retarded. Untitled (Aperture, 1995) is a collection of fifty-one of these photographs. "The extraordinary power of Untitled confirms our earliest impression of Arbus's work," wrote Hilton Als in the New Yorker. "It is as iconographic as it gets in any medium. These pictures are purely ecstatic."

In 1970, Arbus made a portfolio of ten prints, which was intended to be the first in a series of limited editions of her work. She committed suicide in July of 1971. In the years following her death and the Museum of Modern Art's posthumous retrospective--which was seen by more than a quarter of a million people before it began its three-year tour of the United States and Canada--exhibitions devoted exclusively to her work have been mounted throughout Western Europe, Asia, Australia, and New Zealand. To this day critics continue to debate the meaning of her photographs and the intentions behind them. Their indelible imprint on our visual experience has long been established beyond dispute.

: Aperture Monographは1972年に元々発行されました、芸術家の死の1年後に、Modern Artの博物館での彼女の仕事の回顧展に関連して。 編集されて、アーバスの娘とドゥーンと彼女の友人と同僚、画家マーヴィン・イスラエルによって設計されています、専攻論文は彼女の80枚の最も横柄な写真を含んでいます。 収集のオリジナルの公表の25回目の記念日をマークして、この新たに発行された版のイメージは新しい300線スクリーンダブルトーンフィルムから印刷されました、驚くほど明確な再現を考慮して。 収集の衝撃は序論で高められます。(それは、アーバスが写真家として彼女の経験について議論するオーディオ・テープの抜粋と彼女の対象のしばしば奇妙な本質に対する彼女の気持ちを含みます)。 ダイアン・アーバスの仕事は永久に、写真のこの強力なグループで捕らえられた激しく個人的な瞬間までに証明された現代の視覚感覚に影響を与えました。

作者に関して
ダイアン・アーバス(1923年のニューヨーク市の生まれるダイアン・ネメロフ)は18歳のときにアラン・アーバスと結婚しました。 彼女は、1950年代の半ば1940年代前半に写真を撮り始めて、1940年代後半のベレニケ遺跡アボットとAlexey Brodovitchとの写真を研究しました。 それがLisette Modelの写真ワークショップであった、しかしながら、それは1957年に知られているために、真剣に、彼女が来た仕事を追求し始めるために彼女を奮い立たせました。

彼女の最初の発行された写真は1960年に殿に現れました。 次の10年間の間、殿、ハーパーのBazaar、および他の主要な雑誌のために働いていて、彼女はそれの多くが個人的なプロジェクトとして由来する肖像と写真随筆を含む彼女自身が書くことで時折伴われた100枚以上の絵を発行しました。 ダイアン・アーバス: 雑誌Work(すきま、1984)は彼女の最もよく知られているイメージとの彼女のキャリアとその関係のこの局面を記録します。

1963年と1966年に、「アメリカの儀礼、マナー、および習慣」に関する彼女のプロジェクトのためにグッゲンハイムFellowshipsを彼女に与えました。 彼女は国中に旅行しました、「私たちの現在のTheseのかなりの儀式が、私たちの兆候と私たちの記念碑です」ゆえ彼女が説明した人々、場所、および出来事の写真を撮ります、と彼女は書きました。 「儀式ばっていて好奇心が強くて平凡なことが伝説的になるので、単にそれらを救いたいと思います。」

それらが特集されたとき、これらの写真の選択されたグループは大きな批判的でポピュラーな注意を引き付けました、機知に沿って他の2人の写真家の仕事、Modern Artの1967展示会「新しいドキュメント」の博物館で。 彼女の内容と写真アプローチの大胆さは同じくらい革命で認識されました。

1960年代後半に、アーバスは、パーソンズデザイン学校、Designのロードアイランド学校、およびクーパーUnionで写真術を教えて、写真を作り続けました。 彼女の最近の作品の中で注目に値するのは、彼女が住居で精神的に遅らせられるのに撮った一連の写真です。 無題であることは(すきま、1995)、これらの51枚の写真の収集です。 ヒルトンAlsは、「Untitledの並はずれたパワーはアーバスの仕事に関する私たちの最も早い印象を確認します。」とニューヨーカーに書きました。 「それはどんな媒体にも入るのと同じくらい図像的です。」 「これらの絵は純粋に夢中です。」

1970年に、アーバスは10の印刷のポートフォリオを作りました。(印刷は彼女の仕事の一連の限定版における1日であることが意図されました)。 彼女は1971年7月に自殺しました。 彼女の死に続く数年とModern Artの死後の回顧展の博物館では、排他的に彼女の仕事にささげられた展示会は西欧(アジア)のオーストラリア、およびニュージーランド中で仕掛けられました。(合衆国とカナダの3年のツアーを始める前にそれは、25万人以上の人によって遭遇されました)。 この日まで、評論家は、それらの後ろで彼女の写真と意志の意味について討論し続けます。 私たちの視覚経験の彼らの消すことのできない痕跡は長い間、論争を超えて確立されています。現代写真においてポートレート写真の意味を変革したことで知られる 伝説の写真家ダイアン・アーバス。 彼女はニューヨークの裕福なユダヤ人中流階級に生まれます。 18歳の若さで結婚し、夫のアランとともに写真に取り組み始めます。 戦後、夫婦でコマーシャル、ファッション写真家としてキャリアを開始し、 やがて、ヴォーグ誌やグラマー誌で活躍するようになります。
---------------------------------------------------------------------
(ダイアン・アーバス)
1940年代にベレニス・アボットのクラス、1954年にアレクセイ・ブロドビッチのデザイン・ラボラトリーに参加しウィジー、ルイス・フォアー、ロバート・フランクの写真に 触れています。
1955~1957年にリゼット・モデルに学び、彼女の優れた視点が評価され 作家活動を行うことをすすめられます。彼女は勇気づけられ、 視点をより被写体に近づけてニューヨークのストリートを撮影しています。 1950年代後半には作家として自己表現をより探求するためにコマーシャル の仕事を辞めます。結局、アランとは別居後の1969年に離婚しています。

1960年に“エスクァイア”誌に発表されたフォト・エッセイをかわきりに、“ハーパース・バザー”誌、“ロンドン・サンデータイムズ・マガジン” などに、次々と作品を発表し、徐々に評価を受けるようになります。 彼女の雑誌の仕事は死後編集された“Magazine Work”Aperture 1984にまとめられています。

1962年には35ミリから当時はスタジオ用と考えられていたローライフレックスを使用しロケ先で撮影するようになります。 1963年と1966年にグッゲンハイム奨学金を受け、米国全土を撮影旅行しています。 1967年にはニューヨーク近代美術館で開催された “ニュードキュメンツ”展(ジョン・シャーカフスキー企画) にリー・フリードランダー、ゲイリー・ウイノグランドとともに選出されて評価を高めています。 その後1960年代の約10年の期間で主要作品を制作しています。

彼女の主題は性倒錯者、小人、巨人、精神病院の収容者、などの人々を扱ったものが多く、それらを被写体の日常生活の中でとらえています。 また公園に集う人々、ヌーディスト、覆面舞踏会の参加者など普通の人間の中に潜む奇異なライフスタイル習慣や性格をも倒錯者と同様に暴き出そうとしてい ます。
彼女の写真の特徴はグロテスクな被写体を追求することと誤解されますが、現実を可能な限りそのままに表現しようとする冷徹な姿勢にあるのです。 被写体はどれもカメラに対して自分たちをさらけ出そうとしているかに見えますが、彼女自身のパーソナリティー、モデルに正面なポーズをさせる スタイル、正面からの直接のストロボを使用するライティングなどがその冷酷な被写体の演出に役立っています。彼女の直接的なアプローチは、1920年代にドイツで活躍したアウグスト・ザンダーの影響とも言われています。
また、被写体が自身をどのように見ているかに対して強い関心を払っており、自分の持つイメージと他者の持つ自分のイメージの違いを意識して撮影していたことも作品の特徴といわれています。

1971年7月26日の自殺と、翌年秋にニューヨーク近代美術館で開催された回顧展で彼女は写真史で伝説化されます。 その後世界中の美術館やギャラリーで作品が展示され、写真表現に多大な影響を与えています。 生前には写真集がなかったアーバスですが、 1972年に刊行された“Diane Arbus ”Apertureは25万部以上も販売されました。

2003年10月から、サンフランシスコ近代美術館を皮切りに全米、欧州を巡回する、本格的な写真展“Diane Arbus:Revelations”が開催されました。

状態その他特記事項

この洋書は、米国、NYの店舗ショップからの発送です。
落札後、約14~18日後の、お届けとなります。
万が一商品をお気に召さない場合は返品をお受けいたします。


★【発送】送料は西濃運輸カンガルー便、またはゆうパック便、クロネコヤマト便、定型外郵便を基本とさせていただきます。

◆お支払い方法に関して◆

お支払い方法

ぱるる(郵便貯金)/東京三菱UFJ銀行/イーバンク銀行/新生銀行/ジャパンネットバンク

その他支払い方法

Yahoo! かんたん決済/切手(10%増)

◆重要事項◆

★基本的に商品(本、CDなど)は、クリーニングの後、濡れ対策の為ラップでシュリンクして発送させていただきます。
★【ご注意】  出品しております商品は、新品本の記載がない限り、すべてUSED(古本)になります。表紙の書き込み、擦れ、折れ、破れなどは気がつく限り記載しておりますが、内部のページはすべて確認できませんので、記載漏れの場合はご容赦くださいますようにお願いいたします。古本購入に対する認識がなく、完璧な状態を希望される方は入札をお控えください。
★【取り置き可能】落札いただきました時に、他にも入札中または入札をご検討くださっているタイトルがございましたら、お取り置きさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
 お取引のご案内のメールは、一両日中に送らせていただきますので、返信メールでお知らせください。よろしくお願いいたします。
★【ご質問】商品に対するご質問、本の内部の状態について心配な方は、必ず事前にお問い合わせください。随時お受けいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。なお、終了3時間前の質問には、答えられない場合がございます。事前の質問ない場合は、出品写真で了解されたものとさせていただきます。
★評価は、基本的に先にこちらからはいたしません。評価をいただいた方のみ、こちらも記載させていただきますので、ご了解ください。なお、こちらからの評価を希望されない場合、こちらへの評価もされないようお願いいたします。(自動での対応のため)
また、商品の瑕疵や状態については、必ずメールでの対応のみとさせていただきます。先にyahoo評価欄に評価を記入されて、クレームや対応を記載される方には、対応できかねますのでご了解ください。(評価欄は、クレームの連絡欄ではないと思います)
★土日は、休業の為、土日での落札は、まとめて月曜にご連絡させていただくことがありますので、ご了解ください。
なお、店頭でも併売している本がございますので、出品を取りやめる場合がありますので、早めの入札をお勧めいたします。
気持ちよくお取引をさせていただきたいと思いますので、以上の条件をご理解いただける方のみ入札をお願いいたします。

こちらのお店もご覧ください
浪漫堂ショップ1号店  浪漫堂ショップ2号店  
浪漫堂ショップ3号店 

支払い、配送

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • -PayPay
    • -Yahoo!マネー/預金払い
    • -クレジットカードYahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
    • 分割払い可能
    • -インターネットバンキング
    • -コンビニ支払い
  • 銀行振込
    • -三菱UFJ銀行
    • -楽天銀行
    • -ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行(振替サービス)
  • 商品代引き

配送方法と送料

  • 送料負担:落札者
  • 発送元:東京都
  • 海外発送:対応します
  • 送料: