ぼくがすすめるがん治療 (文春文庫) 近藤 誠

匿名配送
  • ぼくがすすめるがん治療 (文春文庫) 近藤 誠_画像1
  • 個数
    1
  • 開始日時
    2019.11.08(金)17:29
  • 終了日時
    2019.11.15(金)17:29
  • 自動延長
    なし
  • 早期終了
    あり

この商品も注目されています

    • この商品で使えるクーポンあります

      即決価格
      235円(税 0 円)
      送料
      今すぐ落札する
    • 入札

      閉じる

      Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

      Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

      Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

      配送方法と送料(

      閉じる
      への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)
      配送情報の取得に失敗しました

      送料負担:落札者

      発送元:奈良県

      発送日までの日数:支払い手続きから3~6日で発送

      海外発送:対応しません

    • 出品者情報

      insecteightさん
      総合評価: 4685
      良い評価 99.9%
      出品地域:
      奈良県

    商品説明

    カテゴリ
    状態
    • 目立った傷や汚れなし
    ぼくがすすめるがん治療 (文春文庫) [文庫]
    近藤 誠

    ブックレビュー社
    がん論争の発端となった「がんもどき」理論を展開した放射線科医師の近藤誠氏による,がんの治療選択術
    手術,化学療法,放射線治療それぞれの問題点やメリット,デメリットを整理し,再発・転移した場合にどうするか,民間療法に対する著者の考えなどが示されている。
    抗がん剤が効かないがんはこれ,治らない患者に毒性試験をするのが治験など,近藤流にばっさりと切っている。がん論争のいきさつについても随所で触れられており,前著を読んでいる人ならより面白く読めるだろう。
    医師と患者の間で交わされたやり取りの実例や,大規模試験の結果を示しながら,「医師の言うことは必ずしも正しくはない」「医師や医療機関によって治療方針はかなりばらつく」「名の通った病院だから治療がうまいというわけではない」と主張,セカンド・オピニオンの取り方を指南する。
    本書には,目の前の医師を盲信せず,いろいろな選択肢を納得いくまで検討すべきというメッセージが込められている。著者は最後に「わたしの言葉も疑ってもらわなければ困る。医者の人格や言葉を絶対視せず,相対化すること」と記した。 (ブックレビュー社)
    (Copyright©2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)
     
    ・書き込みは無いですが経年劣化ありの中古です。
    ・お急ぎの方、神経質な方はご入札なさらないようにお願いします。
    ・簡易包装でよろしければ、発送は郵便局のクリックポストになります。

    支払い、配送

    支払い方法

    • Yahoo!かんたん決済
      • -PayPay
      • -クレジットカードYahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
      • -インターネットバンキング
      • -ジャパンネット銀行支払い
      • -銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
      • -コンビニ支払い

    配送方法と送料

    • 送料負担:落札者
    • 発送元:奈良県
    • 海外発送:対応しません
    • 発送日までの日数:支払い手続きから3~6日で発送
    • 送料: