「精神の現象学 上巻」ヘーゲル全集4」金子武蔵訳 岩波書店 昭和48年12月20日第4刷 Yahoo!かんたん決済 即決価格

  • 「精神の現象学 上巻」ヘーゲル全集4」金子武蔵訳 岩波書店 昭和48年12月20日第4刷_画像1
  • 「精神の現象学 上巻」ヘーゲル全集4」金子武蔵訳 岩波書店 昭和48年12月20日第4刷_画像2
  • 「精神の現象学 上巻」ヘーゲル全集4」金子武蔵訳 岩波書店 昭和48年12月20日第4刷_画像3
  • 状態
    中古
  • 個数
    1
  • 開始日時
    2017.12.11(月)19:23
  • 終了日時
    2017.12.19(火)06:23
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり

5のつく日はポイントをもらえるチャンス!

商品説明

「精神の現象学 上巻」ヘーゲル全集4」金子武蔵訳 岩波書店 昭和48年12月20日第4刷(昭和46年9月30日第1刷)発行 定価3500円 730頁+21頁 22×16×3.7㎝ 1.01㎏ ハードカバー 裸本

(内容紹介) 現代思想に多大な影響を及ぼした,ヘーゲルの代表作.個々の箇所に即した個別註,段落全体の思考行程をたどる総註,基本概念の解説を付した索引を充実させることにより,「ヘーゲル哲学の生誕地」とも呼ばれるこの重要著作の確かな読解を可能にする.多年の研究を凝縮した本書は,ヘーゲルを理解するうえで欠くことができない.

(ウィキペディアより)『精神現象学』G.W.F.ヘーゲル(1770年 - 1831年)が1807年に出版した著作。原意は「精神の現象学」。  本書は、観念論の立場にたって意識から出発し、弁証法によって次々と発展を続けることによって現象の背後にある物自体を認識し、主観と客観が統合された絶対的精神になるまでの過程を段階的に記述したもの。カントの認識と物自体との不一致という思想を超克し、ドイツ観念論の先行者であるフィヒテ、シェリングも批判した上で、ヘーゲル独自の理論を打ち立てた初めての著書である。難解をもって知られ、多くの哲学者に影響を与えた。
序文の中にある「死を避け、荒廃から身を清く保つ生命ではなく、死に耐え、死のなかでおのれを維持する生命こそが精神の生命である。」という言葉が、この著作におけるヘーゲルの立場を端的かつ率直に示した表明として有名である。ただし、この場合の死とは感性的・直観的ないし形式論理的な文脈のなかでの精神の自己喪失状態を表している。 

(本の状態) 経年のため中古感があり、全体にヤケシミがあります。装丁はしっかりしており、中は書き込み等はなく(見落としがありましたらご容赦ください)、頁周囲に軽頁ヤケがありますが資料として読むことに支障ありません。ただ本書が中古書であることをご了承の上お買い上げくださいますようお願いいたします。

支払い、配送

落札代金は先払いとなります。出品者は金額の支払いを確認した後、商品を発送します。

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • -Yahoo!マネー/預金払い
    • -クレジットカードVISA MASTER JCB DINERS AMEX
    • -インターネットバンキング
    • -ジャパンネット銀行支払い
    • -銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
    • -コンビニ支払い
  • 銀行振込
    • -ゆうちょ銀行

配送方法

  • 送料負担:落札者
  • 発送元:福岡県
  • 海外発送:対応しません
  • 発送日までの日数:入金を確認してから1~2日で発送
  • 発送方法:
    • レターパックプラス
      • 送料全国一律:510円(税込)