ダクントの世界日本伝統工芸とイタリア融合べっ甲カメオ¥58,000 Yahoo!かんたん決済 即決価格 新品

  • ダクントの世界日本伝統工芸とイタリア融合べっ甲カメオ¥58,000_画像1
  • ダクントの世界日本伝統工芸とイタリア融合べっ甲カメオ¥58,000_画像2
  • ダクントの世界日本伝統工芸とイタリア融合べっ甲カメオ¥58,000_画像3
  • ダクントの世界日本伝統工芸とイタリア融合べっ甲カメオ¥58,000_画像4
  • ダクントの世界日本伝統工芸とイタリア融合べっ甲カメオ¥58,000_画像5
  • ダクントの世界日本伝統工芸とイタリア融合べっ甲カメオ¥58,000_画像6
  • 状態
    新品、未使用
  • 個数
    1
  • 開始日時
    2018.10.16(火)20:51
  • 終了日時
    2018.10.23(火)20:51
  • 自動延長
    なし
  • 早期終了
    あり

商品説明

お気楽日記「9月の雨」続編NO8になります。 昭和53年、冬、1月の出来事から・・・・・ それぞれのお正月を郷里で過ごし、1月10日に上京することを 約束していたので、夕方には下宿に到着・・・・遅れること 30分前後で彼女も下宿に帰ってきました。 しばらくするとドアを叩く音です。ドアを開けて顔を確認する 間もなく、抱きついてくる彼女がいます。「逢いたかった・・・・ この2週間がどれほど、辛く長かったか・・」胸に顔を埋めて そんな事をつぶやいています。「五体満足で良かった・・ スキーで怪我でもされたら、私、ひとりぼっちなっちゃうもの」 「大丈夫・・・このとうり元気だよ・・」と静かに身体を離しました。 お決まりの場所に座って、休み中の出来事の連絡報告会です。 1時間ほど、夢中で話をしていました。「ねー貴方・・おなか空かない?」「そうだね・・俺も腹減った」掛け時計がPM7;00過ぎを さしています。「どうする・・ぶらっと外に出ようか・・」 商店街の外れにある行きつけの中華料理屋の暖簾をくぐります。 ドアーが開くなり、「いらっしゃい・・」といつもの威勢の良いマスター の声がこだまします。厨房からマスターの奥さんも出てきました。 「あーら・・OO君お帰り・・今日はいつもの彼女と一緒ね・・OOさんと 言ったわよね・・・いつ帰ってきたの?」すると彼女が嬉しそうに 「夕方、5;00過ぎに下宿に着いたばかりです。新年、あけまして おめでとうございます。今年もお世話になります。」 そんなやりとりの後、いつもカウンターに2人で座りました。 ママが・・・・「お正月の帰省で学生さんがメッキリ減って、寂しい 思いをしていたところなの・・さっきもマスターと今晩も学生さんが 少ないわね・・そんな話をしたところ・・」 「さあー何にする、OO君」 「そんじゃ・・いつもの冷えたアサヒビールと餃子を2人前、それとマーボ豆腐もね」 ビールが運ばれ、早速、乾杯です。「お互いの再会を祝して かんぱーい!」付きだしの柿ピーナツを口の放りこみながら ビールが旨い!変わらぬ味の手作り餃子も到着・・・・ 2本目のビールが空になったので、お得意のホッピーに交代 ここでも「かんぱーい!」酔いが身体を包んで行きます。 彼女は帰省中の出来事をジェスチャーを交えながら、力説 しています。高校時代の新年会が3日にあったようです。 「ねー貴方・・・新年会で高校3年のとき、少し気になって いた彼がいたの・・その人が何を勘違いしたのか・・私 に告白してきたの・・ずっとおまえの事が好きだったと!」 「私・・確かにその話をしてくれた時は、正直、嬉しかったんだ・・ 「でもこの話にはオチがあったの、2次会のスナックに行く途中で OO美のこの話をしたら・・・そしたら、OO美が、よせば良いのに 酔った勢いで彼に・・OO君残念ね・・もう少し早かったら、何とか なったかもしれないけど、OO子には東京に素敵な彼氏がいるの! クリスマスイブも一緒だったけど、OO君は諦めたほうが良いわね!ご愁傷様・・」この話を聞いたOO君、怒って先に帰っちゃったの・・ 同じクラスメートなのに、何とも残酷な話があります。いくら酒の席でも言っていいことと、悪いことがあるよね・・」複雑な思いでした。 俺が、彼の立場だったら、やっぱりその場から逃げ出していたかも しれません。時に言葉は残酷な暴力になります。共通の友達の OO美の批難はしませんでしたが、女性の心理って不思議なのです。「ねー貴方・・変な話をしたから気分悪いの・・さっきから黙りこんでいるから・・」「うーん、内心複雑な思いはあるさ・・同性だからね ・・OO君だって一大決心で告白したのに、見事なまでの撃沈だもん・・ なんか・・気の毒な話だね」・・・・浮かない俺の表情を気にしたのか その後、この話題には触れませんでした。 2杯目のホッピーが空になりました。「ママ・・もう一杯お代わりね・・」 ママが厨房からホッピーと酢豚を持ってきました。 「OO君・・これは新年のお年玉・・・サービス、2人で食べてね」こんな感じで・・ 何かと目をかけてくれます。貧乏学生の面倒見がよいので 週末の夕飯はここで食べるようにしています。 店内にいたお客さんが時間の経過ともに、消えて行きます。 もうPM9;30を回りました。 手持ち無沙汰のマスターがさっきから、ホールのテレビを見ています。「OO子・・あと何を食べる・・私、味噌ラーメンがいい!」 マスター「味噌ラーメンふたつね!」「あいよ・・味噌ラーメン2丁」 学生街のひなびた中華料理屋も思い出の宝庫なのです。 味噌ラーメンを運んで来た ママが「OO君達、ふたり、とても仲が良くて羨ましいわね・・大学を 卒業したらどうするの!・・このまま行けば、間違いなく2人は結婚 するとマスターといつも話をしているのよ・・」すると彼女が 「そうなれば、いいですね・・ケンカをしないように、私がうーんと努力 するから、ママもマスターも応援して下さい。」 彼女の言葉がいつになく謙虚で、穏やかな口調です。 出逢いから8ヶ月の冬・・・結婚なんて言う言葉できてきてしまう 昭和53年1月、中華料理屋の風景でした。今日はこの辺で 続編はまたあとで・・・ そんじゃーゆきましょう・・・ダクント兄弟の新品カメオになります。 もちろん未使用品ですので、ご安心ください。作者の履歴はNETで検証 して頂いた方が楽しみも増える思いますので、割愛させていただきます。 早速、商品の仕様から・・・全体の重量で20,38グラム、製品のサイズは67×43になります。センターの2人顔シェルカメオはダクント作品です。シェルカメオ部分のサイズで50*26の変形型を採用しています。作者のサインはカメオ左下に綺麗に彫刻されています。フレームはべっ甲細工で長崎の職人がフレーム作りを担当しました。べっ甲とはタイマイの甲羅を利用した加工工芸品のことです。 タイマイは熱帯産のウミガメの一種で、体長1mに及ぶ大きなものもいます。タイマイの甲羅は糸のこなどで型打ち・型切りされ、削られていき、そのパネルを張り合わせることで加工していきます。 張り合わせは高い技術を必要とします、万力や金板を使って熱を加えて行う加工のなのですが、この張り合わせや精緻な彫刻に特徴がある技術を『べっ甲細工』と呼びます。まさに、イタリアの芸術と日本の伝統工芸が見事に融合した素晴しい作品になります。ペンダント、ブローチ兼用裏Dカンモデルなのでお洒落の場面でその存在が羨望に変化するでしょう。

支払い、配送

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • -Yahoo!マネー/預金払い
    • -クレジットカードVISA MASTER JCB DINERS AMEX
    • -インターネットバンキング
    • -ジャパンネット銀行支払い
    • -銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
    • -コンビニ支払い

配送方法

  • 送料負担:落札者
  • 発送元:山梨県
  • 海外発送:対応しません
  • 発送方法:
    • ヤマト便
      • 送料全国一律:850円(税込)
        • -北海道:1,200円(税込)
        • -沖縄:1,500円(税込)
        • -離島:1,800円(税込)