すべてのカテゴリ

  • すべて
  • コンピュータ
  • 家電、AV、カメラ
  • 音楽
  • 本、雑誌
  • 映画、ビデオ
  • おもちゃ、ゲーム
  • ホビー、カルチャー
  • アンティーク、コレクション
  • スポーツ、レジャー
  • 自動車、オートバイ
  • ファッション
  • アクセサリー、時計
  • ビューティ、ヘルスケア
  • 食品、飲料
  • 住まい、インテリア
  • ペット、生き物
  • 事務、店舗用品
  • 花、園芸
  • チケット、金券、宿泊予約
  • ベビー用品
  • タレントグッズ
  • コミック、アニメグッズ
  • 不動産
  • チャリティー
  • その他
閉じる

九州北部大水害救援出展名工江頭&HT鳥谷夢コラボ直製[親硬式]軟式革命2個

ストア 新品 Yahoo!かんたん決済

このオークションは終了しています

このオークションの出品者、落札者はログインしてください。

商品の情報

現在の価格
: 

74,000円

(税0円)

残り時間 :  終了 詳細な残り時間
入札件数 :  28 入札履歴

詳細情報

個数
:  2
開始時の価格 :  45,360 円
落札者 :  N*P*9*** 評価:478
e*Z*x*** 評価:23266
開始日時 :  7月 19日(水) 19時 34分
終了日時 :  7月 23日(日) 22時 20分
カレンダーに追加 カレンダーに追加
入札者評価制限 :  総合評価での制限 あり (評価の合計がマイナスの方は入札できません)
悪い評価の割合での制限 あり (悪い評価の割合が多い方は入札できません)
入札者認証制限 :  あり
早期終了 :  なし
自動延長 :  あり
オークションID :  f226137664
商品の状態 :  新品 (新品/未使用江頭師手ならし済み)
返品の可否 :  返品不可
1500460459 1500816008

出品者の情報

出品者 jinseiha12punch ゴールド
評価 728731 - 3)
評価の詳細
支払いについて
・ Yahoo!かんたん決済
・ ジャパンネットバンク
送料、商品の受け取りについて
商品発送元地域 東京都 東京スタヂアム

オークションストアストア

流体力学

営業許可免許:

  1. 1.古物商許可証 [第306660505322号/東京都公安委員会]
10,000円相当のポイントもらえる! 新生Yahoo! JAPANカード誕生

商品画像

小さな画像をクリックすると、下に拡大表示されます。

  • グラブ+バッグ+ボトルでチャリティを!
  • オジースミスをも驚嘆させた氏の製作グラブ
  • 鳥さんも師の捕球理論の忠実な実践で体現!!
  • 驚異的な鳥谷流ドテ加工?!が(本文参照)
  • 九州北部大水害救援出展名工江頭&HT鳥谷夢コラボ直製[親硬式]軟式革命2個_画像5
  • 土手の薄さ、じつにXXmm!!
  • これがひと口の3点セット
  • わずか50個送り出して再生産せず
  • 使用者で悪い意見の出ようがない品
  • 九州北部大水害救援出展名工江頭&HT鳥谷夢コラボ直製[親硬式]軟式革命2個_画像10
グラブ+バッグ+ボトルでチャリティを!

グラブ+バッグ+ボトルでチャリティを!

商品説明

★★★★★★★★本ロットは『①軟式革命グラブ「鳥谷ゲーム用」②グラブ袋+③POWERADE』の「3点が1セットひと口」となります。2セット・ふた口ご用意しました。★★★★★★

早くも2週間が経った『九州北部豪雨大水害』の悲劇。記録的降水量による土砂崩れ・河川氾濫・濁流流木の大水害。二次災害の危険あふれるなか曲芸のような復旧作業。そこへまた炎熱地獄。
素晴らしいことにこの連休には、現地に「一日だけで8500名」ものボランティアが足を泥に潜らせながら活動を始めている。
★★★★★★私たち(有)流体力学と、伝説的名手らに信頼されたグラブの匠=久保田スラッガー。さらにそこに工房を構える『現代の名工』グラブ部門マイスター江頭重利氏。
ともに我々は手を組んで『理想のグラブづくり』という運動を主宰し、約1000個の伝説を送り届けて一応のメッセージを終えた。それら1000個にはいずれも驚くほどのプレミア額を積み上げたほどの指示を受けているが、再度、それらは生産を再開しない。
そうした中、一昨年、この二者(いや、阪神鳥谷氏を加え三者)は再び手を組んで、『鳥谷敬試合用グラブ』を50個だけ限定で作ることに決めた。
それの発売もそっと案内したにもかかわらず、「『50個限定』でなるべく公平に」と、ヤフオクと小社HPに掲げた途端、発売日を遠く控えていたというのに、またたく間に売り切れてしまった。
ところが、世知辛くも嘆かわしいことに、使うどころか配達一週間後には直ちに転売して最低でも3倍以上の値で「商売」した愛知・福岡・千葉の輩を先頭に、『差額』は転売者らの濡れ手でアワとなって消えた。★肩を落とした小社は、残った出荷前のグラブは僅かとはいえ、外へと出さず資料として封印保存していた次第。

もとより、その使い心地からグラブを創った者江頭重利師。師のグラブに学び、より現場感覚を道具へと煮詰めた天才=鳥谷敬選手。彼らふたりの素晴らしいコラボを金儲けの道具ではなく、必死のボールとの格闘の中で受け止めて欲しかった・・・。
ともあれ、そんな「資料用資産」となって保管していたなかから、今回の福岡・大分集中豪雨での被災者を前に、制作者の江頭師も九州出身者という事もあり、せめて最低限の行動を起こすべく、そのなかから2個を供出させて戴く。
なんとも別れが惜しい虎の子のグラブ。
「税込み定価」からご入札スタートをねがって、ご落札金額から差し引いた2個分の全額を報道機関である(TBSの)JNN系列がまとめる募金窓口:『「平成29年九州北部豪雨災害義援金」』三井住友銀行赤坂支店の同口座へ、(正価45,360-(税込み)を上回り、)ご評価下さった金額をそのまますべて同口座へとそのお代金を、オークション終了後に当方が振り込みます。
(前回の熊本地震被災者へのチャリティ金額も掲載中分と併せて、)結果は小社HPトップページ= ryutai.com/ 中ほどに掲載し、ガラス張りでその振込み票の原本をご閲覧願えるように致します。★★★★★★★★★★★★

xvpbvx

 


★★★★★★「軟式革命」を手掛けた名人登場★★★★★★一昨年の春先、わたしたちは『軟式グラブの世界に「最終的な理想グラブ」』を送り出した。その数わずか50個。
それは「博多」で育ち「博多」からプロの名手をはじめとする全国の野球人に対し、究極の獲りごこちをカタチにして訴えてきた、久保田運動具店(スラッガー)が擁するグラブ作りの至宝、現代のグラブマイスター江頭重利氏が責任制作したもの。
なんと、あのうるさ方の広岡達朗氏にNPB史上最高峰の守備力=辻発彦氏らが呼びかけ人となって、経済産業省の厳選する「現代の名工100人」へと江頭師の加盟/顕彰を実現させたほどだった。(写真ご参照)
プロ野球の世界におけるモノ作りで、日本産業界に認めさせた腕はいまだ健在である。
今も『江頭さんの仕事でなければ・・・』と、ありがちな「持参金付きなら試合に使ってやる…」といった、カン違い「守備のメイ手」らは12球団に引きも切らないでゴロゴロいる。
だが、そんな者などはハナから眼中に置かない。我がガンコ者の江頭師ときたら、逆に条件を出す…【持参金など問題外。しかもワタシと面談したうえで】である。
したがって、江頭のワザに惚れた選手らは、わざわざ福岡支店まで直接頼みに来るのだが、カチンときたものの、いざ出来上がってくるのは「ナットクの水準を越えたグラブ」なのだから仕方がない。

従来の運動具業界の流通システムを少々知って戴く必要がある。「最終的な売価」でみたら、(今後も)その値では発売不可能であるはずの¥42000。『江頭師の総監修、手仕事+手慣らしで、硬式対応のグラブ(なのに「軟式」)』・・・と呼び、にもかかわらずこの価格なのである。「高い」のか?「安い」のか?。
小社代表 前野 重雄はスポーツ記者時代、多くのNPB舞台裏取材のなかで、長年多くの名選手らのグラブを手にしてはため息をついてきた。後年、お手伝いした[開運!なんでも鑑定団]では、逆に視聴者の皆さまに多くを教えられ(現在は引退し)たものだ。
そうしたなか、「理想のグラブ」を我々アマ軟式人にも作ってもらえないものか。
『だれだって、「プロのために特別に仕立てられたグラブ」なら、よりベターな守備ができるものなのではないか?』と思っている。うらやましくて仕方がない。
だが確かにそれは「ベターなのである。ベストに近いほど違うものだ。絶対に」とボクは言い切る。
少なくとも軟式プレイヤーすべて、今よりは絶対にベターなプレイが可能となのである。
と大上段にボクがそう言い切ってしまうのは、無理もない。従来の軟式グラブの質は最低のものであるからだ。硬式ならまだ工夫したものもあり、救いもある。だが「軟式」となったら、革選びから各部品までなんの配慮も工夫もなく、あるのは『「軟式」となったら高くとも15,000円以下』というプライスゾーン順守ばかりへと、制作意欲も急降下となる。
いきおい単に安物の革を用いた「グラブのみたいなウツワ」に過ぎないシロモノだからだ。
そこへユーザーが、ボールを繰り返し出し入れするうちに、いかにも「グラブらしき凹み」が生まれ、その内側が「すり鉢状に変形した」革製手袋で野球をしている・・・。
それが一般的な軟式グラブの有りようなのではないか。
取材で訪れたそれについて、某社の『マイスター』氏に理想形を訊くと『今さら軟式グラブなんて・・・』と、『取り組む気になれない』と断られた。
そして訪ねていった福岡の名人江頭重利師は、「軟式選手など眼中になく、有名プロ選手にだけ敬意を表する」ような俗物とは違っていた。
江頭は目が覚めたと言った。
「硬式よりも、軟式球の捕球のほうが(掌中でバウンドするため)より扱いにくい・・・」といった真理につき、ほとんどのグラブ職人らすべてが見て見ぬフリを決め込んできたと、江頭師は率直に認めた。

『獲りにくいグラブをそのままに放置している業界全体は恥ずべきだ』と、逆に「理想の軟球対応グラブをやらせて欲しい」と一歩前に進み出てきた。
『軟式は「硬式の廉価版」という宿命』は昔から引き継がれてきた絶対論理の悪習だった。
江頭ー前野の敷いたレールの上を15年前、ついに『軟式革命』グラブという列車が動き出した。それがアッっという間の2年間走り抜けると、『約1000個の革命』が全国の軟式人へと流布されていった。
そして誰の追随も許さぬまま、その制作活動は幕を閉じる。よく売れた。・・・だったらもっと続ければいいのに。そういう問題ではない。
ここで多くは言わないけれども、多くの品を扱うそのうち、『オレは客だ』などと、代金を1円でも出した事をタテにフリーパスとかざして、バカな横車を押す者が現われるようになった。さらには『スラッガーのラベルの色をピンクにしろ』『グリーンにしろ』モロモロである。ボクも江頭氏も『そうする事でエラーが一つでも減らせるのであれば』、迷いなくそのオーダーには従った。だが、話にならない。ファッションでベターなプレーができるというムキならば、『軟式革命』に頼る方がおかしい。
そんなこんなで、ボクは個人的に性格が弱いせいか(笑)、どんな輩であっても届けられるような「革命」など『奴隷根性』がなくては無理だ・・・だから「革命」をやめた。

★★★★★★『鳥谷グラブ』との出会いの衝撃★★★★★★
鳥谷氏がゴールデングラブを2013季と2014季、(2015季3季)連続して激戦区である「セリーグ遊撃手ナンバーワン守備者」としてタイトルを勝ち得た(通算4度目)。
一昨年オフのことだった。スラッガーのショウルームでのこと。戦地から引き揚げてきたばかりの鳥谷氏のグラブを手に取った途端、小生は言葉を失った、そして感動したのである。
『(こんな加工、ちょっとでも獲りそこなったら手首のホネ、骨折やぞ・・・)』。
業務上、小生は長い間、メジャーやNPBの名手らの歴戦の野球名道具を手にとって拝見してきたが、これほどまでに「自分の身を護るよりも、打球を抑えアウトカウントを稼ぐ」ことに徹した、いわば『自己犠牲グラブ』など見たことがなかった。
とくにアメリカのメジャーでは、絶対にこうした『滅私の奉公(自己利益を棄ててでも、集団への利を図る)』というチョイスはあり得ない。
『無事で選手生命を長くする』ほうを選ぶからだ。いざという時『ファンや家族のために・・・』という言葉はなんとも便利なものである。

瞬時に、その『鳥谷2014実使用グラブ(写真ご参照)』との出会いで、とっくに棄てていた「軟式革命」だったが、それを再び送り出す夢に、もう一度着火させてしまうことに決めた。
『え・・・そらホンマですか?!』久保田さんの若いスタッフがグイと目をむき出した。
それほど「軟式革命」との意欲が薄れていた(理由は後述)小生への素直な反応だったのだろう。
このひと目惚れにはワケがある。このメジャーも使わない(笑)唯一の欠点=「アンコ抜き」そいつは、鳥谷氏のように『プロの硬式野球だから危険』なのである。
だが、もしこれが『軟式ボールが相手ならば安全』ではないか。

最大の特徴であるいわゆる『ドテの薄さたった11ミリ!!!!』という氏の注文点。この部分のチューンアップのおかげで、これが最大の「特長」となった。
なんというフレキシブルな使い心地だろう。ここを江頭加工で薄くすることによる、ウェブから指先の動きへの自由自在な一体感ったらない。本当にあり得ない!
コアなファンであるなら、鳥谷氏が左右や前後にジャンプしながら片腕を精一杯伸ばし、しかも身体をねじりながらグラブの先でむしろ打球を「つまみ獲って」しまうのを目撃したことがあるだろう。
だから阪神ファンは幸せなのだ。普通の野手ならあれは獲れない。掴んだつもりがグラブ先がゆるんでポロリ・・。
トリさんの場合はあれをさり気なくアウトにしてしまう!。その理由のひとつがグラブにある・・・だから彼は江頭師を信奉しているのである。

ともあれそのトリさんの薄ドテ加工も、硬式ではなく我々は「軟式」で良かった~と安堵してもらいたい。
このノウハウこそ『軟式でなければならない最高のグラブ』となるはずだ・・・そこにハッと気付いたから『50個だけの特注』を決めたのである。

ともあれ、小生には子供の頃からの夢があった。記者稼業に転じたあとも右に同じ。それは「憧れのプロへの道具」が、アマ選手にも渡されてもし使われるようになったとする・・・と、その広くなった海の中から「プロ以上のプレイ」をこなしてしまう才能が多くに発掘されて頭をもたげ、驚くほど多くの野球天才が開拓され始めるのかもではないか?という可能性(ロマン?)をずっと抱いていた。そうして行き着いた駅が江頭重利という類いまれな柔軟な発想を持ったベテランマイスターだったのである。これで「50個だけ」が始まった次第。★★★★★★
xvpbvx

 


★★★★★★待ちに待った『鳥谷オーダー型軟式革命』グラブが完成した。
バッチーン!。
小社の仕事場で、配送納品を待ち切れなかった江頭マニアがこの瞬間を待ちかねていた。福岡から着いたばかり段ボールの中の一個を手にした彼は、早速、指を通しグラブ中心目掛け思いっ切り硬球を見舞った。
歓びの声だった。『バッチーーン』「おおお~」「おおうっ!」手もしびれただろうが、『この音はナンだろう』。目を潤ませながら(笑)彼は思わず歓声をあげた。
これぞ江頭師の仕事であり、文字どおりの手ごたえというのだろう。
『通常、阪神鳥谷氏への特注に応えて、この背番号「阪神 1」にだけしつらえ届ける・・・いつものコンセプトグラブ。
これと同じ条件を、今回にかぎり『さらに薄くして、軟式ボールへの対応を主眼』として江頭師に制作してもらったものが本品だ。

江頭師と小生(マエノ)の企画『プロ選手が使っているグラブを、軟式球へも対応するよう改造した「軟式革命」というグラブ』そのものである。

かつて試作段階でのこと。届けられたそいつをさっそく、試験的に(河川敷グラウンドで)実際に外野手に使わせていたそのグラブへ向けて、鋭く強いレフトライナーが襲った時は衝撃的だった。
『パッチィ~~ン』という乾いた高い音が、なんとダイヤモンド上にいる内野手に敵の打者走者にまでとどろいてきたのである。
プロ野球の試合前に、選手らがグラウンドで行なうキャッチボールでボクらが少年時代にハッとした、あの乾いた景気のいい音なのだ。
これには遠いファーストの耳や、敵一塁走者に加え、捕手(=小生)に、までも届いてきたのである。
一瞬、「一体なんだろう」と思ったほど意外な音だったのである。幾人かがハッとした様子でレフトを見やって、その「音の正体」を探っているらしき静かな光景は、ボクの目に強烈なインパクトを与えた。
「軟球なのに」、こうした捕球音をさせるグラブ・・・『(なんだこりゃ、これがプロも尊敬する江頭さんのワザなのか。)』
『(プロは、こんな人にグラブを作らせているのか!)』これは衝撃的だった。『(いいグラブとなると、音ひとつとってもここまで違うのか!!)』・・・
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
それがたった今、この仕事場で響いた乾いた音を分析してみる。
つまりこういう原理なのだ。
★「飛んできたボールを包む」とする★
『@ガサガサのダンボール紙でボールを包む』・・・@『軟らかいフキンでボールを包む』・・・。このどちらにすき間が生じ、どちらがボールと密着する面が多いでしょうか・・・というクイズだ。

江頭師の手になると、捕球面にやってきた「球体」と、それを迎えうった皮革面との間に、無駄なすき間ができない!。そのため、空気が行き場を失って「破裂音」を立てるのである。
たとえば「ガサガサで無骨な手」と、「柔らかな手のひら」。拍手をする場合、同じ力なら「どちらがよい音が出せるか?」すぐにでも結果は判る。(悪い革は概して硬くしなやかさに欠ける。良い高級な革はその逆である。)
だからあのときの軟式野球で、高らかにグラブをプロのような音で鳴かせたのは、まさに打球とボールとのフィット感がそれを生み出したという解答だった。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


氏のプレイで特徴的なのは、走者が塁上にいる場合などとくに「手のひらで獲らず」に、『指4本でつかむ』ようにファーストコンタクトを目指す。そのため、「(手首上の)掌底」が露出するほどグラブを非常に浅くはめて(写真ご参照)低くやって来たボールを指で抑えにかかるのである。(この点はまさに江頭理論の優等生だ)
そのために、スクワランオイルや「唾液」を捕球面に塗りこんで塗りこんでそして塗りこんで、(シーズン後のグラブ)写真のようにまで皮をなじませて、「替えがたき伴侶」にまで高め上げる。皆さんにお届けする新品(本品)の皮革の色調と、シーズン終了後=GG賞受賞後の鳥谷実使用グラブとの風合いの違いをトクとご高覧戴きたい。その『生涯のパートナー』の素質を江頭師が育てたそれを、鳥谷氏が今度は『いい女』へと鍛え、愛し、そして完成させたのである。
xvpbvx

 


★お届けした品のお手入れは:
@最初の段階で「『貴殿の指』とのマッチング」確保のため、「硬球」で『つかむ動作』をしたい場所めがけて、パチンパチンと繰り返し、投げ込みヘコミを作ります。
@30分も要らず、軟球でキャッチボールを開始。手が痛いと悲鳴をあげる場所へと、捕球するボールの中心をその箇所へとグラブを誘導します。
@この際、グラブの背を「そろって前方へお辞儀をするように」折って『イメージとしての壁』を作ってゆきます。
@捕球の際に、空いている右手を「グラブの背に添えてやる」ようにする・・・それだけで、グラブへの収まりが良くなる魔法には驚かされるでしょう。
@もう1時間でも守備練習こなせば、もうそのまま『プレイボール』で構いません。エラーしたらもう貴殿自身のリスクです。
@驚くほどグラブトスがしやすいものです。
@スクワランもいいでしょうが、小社では人間の使う『アトリックスハンドクリーム(ニベアはNG)』をお奨めしています。

★★★★★★本品についての受注や販売は㈱久保田および小社ともに完全終了しております。『問い合わせ』はもはや無益であり、すべて厳にお断りします。★★★★★★★
少ない限定生産数も、蓄財を目指したものではなく、江頭師の技術と鳥谷氏の野球にかける誠実さ。これらを記念碑的に、私たちでも手にできるグラブの理想型を後世に残しておきたいとの使命を感じたためです。 ★★★★★★
*****************************

★★

特製グラブバッグ(色は写真と同様)一袋。オークションは「江頭師サイン入りグラブ一個本体+グラブバッグ+POWERADEドリンクボトル*」で、資料写真およびボール等の撮影小道具は付属しません。★★★★★★今回は「質問」はなさらないで下さい。あくまで『福岡・大分』なのです。「即決」も考慮の外です。*=本ボトルは日本非売品。メジャーやNBAはじめ、オリンピック、FISAワールドカップでのフィールドでおなじみの同じ品、非売品。***********************
(有)流体力学・旭堂 代表 前野 重雄 拝
プロの使う物とは…を探求して小社=(有)流体力学・旭 堂はどこの誰よりも【プロ】を識っています。送料無料










★★★≪入札者拒否&入札取り消し条件≫=
@『評価数が2桁以下』
@『「悪い」評価が10%超または2桁以上』
★@過去に『連絡を欲しい』と売り主に「請求されながら、連絡せず…」
★また「落札者の都合によりキャンセルし…」が連続した等の悪評価を、複数回下されている。(「オークション参加者&私共」にとっては死活問題なのです。)
@『新規ID』(事前にお届けが必要:どうぞ直接ご連絡下さい)
@同業種間で過去・最近「入札取消し等のトラブル」があった場合(この点も深刻に受け止めます。)
:以上の方々のご入札は『入札の取り消し』規定より【入札のご辞退】をします。ご入札は「自動的に削除」となります。

あくまで他のビダー様保護と、トラブルの未然防止のため。ごめんなさい!ご理解を。断腸の想いでの「入札の削除」、お気に入り戴きながらせっかくのご入札を取り消す(涙)・・・削除するこちら側の気持ちも解って下さい!!。★★★


*また『落札』後【24時間ずつ】の間を置き、第二位・・・第三位と、ご入札の権利と責務のバトンタッチを繰り下げて行くのがyahooルールです。

: ★★★★★★■めでたくご落札なされたら■(丁寧語略失礼)『「ジャパンネットバンク」へのお振込み』または、「yahooかんたん決済」(振込み料が無料です!)

******★「落札代金+8%消費税、+送料」が総額。*********
送料は通常、佐川急便=756均一。
(ただし薄いポロシャツや*書籍類など、郵政EXパックで済む場合、360(厚さ30ミリ以内)or 510円=補償付きのいずれかに、
「サイズ制限規定」と照らし合わせ、
1)商品の安全輸送
2)落札者さまへのご節約を第一に、当方より送法の工夫を致します。)
★★★★★★★当方口座へのご入金確認”後”→発送開始。
★★「かんたん決済」ご利用のお方に!
★『かんたん決済』のお手続き完了後、その「おしらせメール」が当方に送信されたのを確認後、荷造り→発送を開始いたします。(同システムの設定上、「小社口座がJNB」のため、お客様の口座もJNBであれば、そのプロセスは最短で手数料も安く完了できます。★「他銀行ご利用は、入金連絡も遅れる」ため、発送も遅れが出ます)★★
「★火曜日は全業務で定休★」停滞ご容赦
●●掲載写真と状態が違った場合除き『ノークレームノーリターン』。



重要:★『ご入札後のキャンセル』に関し『ヤフージャパンの「落札者の取り消し」に関するペナルティ自動設定』に従う。


「(有)流体力学・旭堂」の経営母体、本社創業66周年。(プレミア物蒐集開始は1960年代半ばより)プロとして蒐集物の販売開始は91年より。販売を開始の前年1994年から、翌年に番組が始まった[開運!なんでも鑑定団]への出演が95~06年。その仕事場と現代表=前野 重雄が/検品・鑑定責任者

■■■■ 私どもの商品は性質上特殊なものが多く、誤解なされる前に小社ホームページ www.ryutai.com/ にアクセスして頂きますと、より簡単にご理解賜れる一助と存じております。
■■■■■■■■★僭越ながら当オークションセールスロットの筆者の著作にご関心抱いて下さりましたら:□amazonにあります『和書:前野重雄』でご検索下さい。
■■■■■■■■■■■■ヤフオク! 2017年7月度 出品マスター ゴールド ■■■■■■■■■■■■ ■■■■■

このストアの出品一覧を見る!


Yahoo!かんたん決済がご利用いただけます。

支払いについて

  • 落札代金は先払いとなります。出品者は金額の支払いを確認した後、商品を発送します。
決済方法 Yahoo!かんたん決済  (詳細
     - Yahoo!マネー/預金払い
     - クレジットカード決済   VISA MASTER JCB DINERS AMEX
     - インターネットバンキング  
     - コンビニ支払い
銀行振込
対応できる銀行 ジャパンネットバンク

送料、商品の受け取りについて

送料負担落札者
商品発送元地域東京都 東京スタヂアム
海外発送 対応しません
配送方法 佐川急便送料756円 : 全国一律756円 (税込)
荷物に関する情報
(こん包後のサイズ)
縦、横、高さの合計 : ~70 cm
重さ : ~2 kg