TELEFUNKEN/Siemens V72 Gainトリム&XLRコネクタ付 完全動作品 即決◎API Avalon BAE GML Neve Manley Millennia Pendulum UNIVERSAL AUDIO Yahoo!かんたん決済

  • TELEFUNKEN/Siemens V72 Gainトリム&XLRコネクタ付 完全動作品 即決◎API Avalon BAE GML Neve Manley Millennia Pendulum UNIVERSAL AUDIO_画像1
  • TELEFUNKEN/Siemens V72 Gainトリム&XLRコネクタ付 完全動作品 即決◎API Avalon BAE GML Neve Manley Millennia Pendulum UNIVERSAL AUDIO_画像2
  • TELEFUNKEN/Siemens V72 Gainトリム&XLRコネクタ付 完全動作品 即決◎API Avalon BAE GML Neve Manley Millennia Pendulum UNIVERSAL AUDIO_画像3
  • TELEFUNKEN/Siemens V72 Gainトリム&XLRコネクタ付 完全動作品 即決◎API Avalon BAE GML Neve Manley Millennia Pendulum UNIVERSAL AUDIO_画像4
  • TELEFUNKEN/Siemens V72 Gainトリム&XLRコネクタ付 完全動作品 即決◎API Avalon BAE GML Neve Manley Millennia Pendulum UNIVERSAL AUDIO_画像5
  • TELEFUNKEN/Siemens V72 Gainトリム&XLRコネクタ付 完全動作品 即決◎API Avalon BAE GML Neve Manley Millennia Pendulum UNIVERSAL AUDIO_画像6
  • 状態
    中古
  • 個数
    1
  • 開始日時
    2018.09.23(日)11:58
  • 終了日時
    2018.09.30(日)23:58
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり

商品説明



この他にも出品しておりますので宜しければご覧ください。


商品説明ご覧頂き本当にありがとうございます。
1960年代、Beatlesを初め数多くの伝説的アーティストの音を作り出した真空管プリアンプの伝説的な銘機、
TELEFUNKEN/Siemens V72 ゲイントリム&XLR入出力付 完全動作品を出品致します。

日本語による詳しいV72の解説レビュー・実際のサウンドについてはこちらこちらのサイトをご参照下さい

古今東西のあらゆるマイクプリの中でも、最も歴史的に古く、また音楽的な価値が認められているこれらTelefunkenのマイクプリは、近年中古でもほとんど出物がなくなってきているのはご存知の通りです。

中でもこのV72は、元々のモジュールがゲイン固定であることや、マイクを接続するためのXLRキャノン端子が付いていない事から、どんなに音が良いと分かっていても導入に踏み切れない方が多くいらっしゃいます。

今回出品するV72は、ただでさえ非常に貴重な完全動作品であること。また上記の固定ゲインの問題を解決するボリュームポッドをフロントパネルに増設してあり、背面は12 pin Tuchelコネクトを用いたXLRインプット/アウトプットが付属しております。
つまり、購入したその日からどなたでも伝説的なマイクプリの音を手にすることが出来るのです。(通常は、中古のモジュールをまず海外で探し、入手後はさらにそれを通常使用するための改造や増設を行える、腕の良いテクニカルエンジニアを探す必要があります。)


今回に限り、この貴重な完全動作品のV72を現在価格から8千円引きの値下げ価格にて即決を承ります。
こちらに関するご要望・ご質問等ありましたら、必ず事前に質問欄よりお問い合わせ下さい。


King of MicPreと呼ばれる、本物のAbbeyRoad/EMIサウンドを是非この機会に手に入れて下さい。


■本物のVintage ~Telefunken V72マイクプリについて


今回のTelefunken V72は、数年前にイギリスで最も信頼されているレコーディング機材専門のメンテナンス会社「AML社」から、某著名スタジオの放出品として購入致しました。
その際に、同社でメンテナンスとコンデンサーのリキャップ、マイクプリのGainをフロントパネルから調整できるように可変抵抗の追加改造も行ってもらいました。

ことさら日本では、ビンテージマイクプリと言えばNEVE一辺倒の感がありますが、欧米ではむしろNeumannやTelefunkenのプリの方が希少で、かつ音質の評価も高いのが事実です。
その理由の一つとして、テレフンケンにはニーヴのような「クローン」製品が存在しないからです。

1953年に放送局用マイクプリとして開発された「V72」は、低めのゲイン34db固定であった事と、放送用途を考慮したハイカットフィルタが使用されてた事が、録音機材としてのネックでした。

そこで、当時のEMIやDECCAのスタジオはこのV72をレコーディング向けにフィルターをバイパスさせ、ゲインアップの改良を施して使用していました。その後、同様の改良を施しよりレコーディングに特化させたV76がTelefunkenから発表されたことで、この究極の真空管マイクプリは完成します。

今回出品するV72は、信頼できるテクニシャンによるリキャップ及びモジュール内部に可変タイプのGAINツマミを追加Modしてありますので、マイクや録音するソースを選ばず、どんな録音にも使えるGainで使用出来ます。未改造のV72を過去に購入、使用したことのある方なら、このModがいかに的を得た「使える」改良であるかは、十分にお分かりと思います。

Beatlesデビュー作である「Please Please Me」から「Rubber Soul」まで、このV72がメインに使用されたと言われており、その他にもピンクフロイド、クリフ・リチャード&シャドウズ、ホリーズといった偉大なロック黎明期のアーティストがEMIスタジオにあったこのプリアンプを使用しています。
(ちなみにBeatlesの場合「Revolver」からは後継機となるV76がメインとなったようです。)


■世界最高のエンジニアが愛するサウンド・音質


60年代のヴィンテージ真空管機器というと、どちらかと言えばナローでハイ落ちした「温かみのある音」を想像するかもしれませんが、今回のV72のように適切なリキャップとオリジナルのパーツを兼ね備えた本物のV72のサウンドは、驚くほどハイファイでスピード感のある、まさに「極上」の音です。

ここ数年の真空管アウトボードブームによって、ManleyやTUBE-TECH、Drawmer、D.W Fearn、Summit Audio、Universal Audioといったメーカーから真空管プリが発売されていますが、既に50年近く前から、このV72が真空管マイクプリの「圧倒的な完成品」であった事に驚かれるでしょう。

あらゆるソースに対応できますが、特にVocal録りには「溜息が出るほど」素晴らしいサウンドです。
さすがにSNや歪み特性の面では、GMLやJohn Hardy、Grace Designといった現代のマイクプリに比べて「クリーン」ではありません。
むしろ「現実よりもはるかに大きな音になる」という意味で、海外のトップエンジニア達はこのV72マイクプリの音を「Larger Than Life」と表現しています。

電源を投入し真空管が徐々に暖まってくると、薄っすらと高域に「甘い歪み」が乗ります。
これが音楽的に豊かな倍音特性をボーカルや楽器ソースに付加し、単に「太い」「ガッツのある」という表現ではない、実際よりも面積を感じさせるような、十分な体積感を持った「たっぷりとした音」を作り出すことが出来るのです。

文章表現がなんとも難しいのですが、こうした音になるマイクプリはヴィンテージ、現行品全て合わせてもV72とV76、これしかないと思います。
メインVocalは勿論、リードを録る楽器やベースなど「曲の中で強い存在感を出したい」ソースには、まさに天下一品です。

当時サウンドの再現だけでなく、現代的なPops、Rock、R&B/HIP HOPにも使えるこのマイクプリは、まさに誕生から50年という歳月を経て、今なお世界中のエンジニアに愛されている機材と言えるでしょう。


■状態について


外観については、まさに製造から50年以上が経過している本物のヴィンテージ機器ですので、新品同様とかピカピカといった表現とは全くかけ離れていますが、写真をご覧の通りそもそも外観や傷がどうこう、という機材ではないと思います(笑)。

通常、V72モジュールは+34dbの固定ゲインですので、U47やU67といった「限られたマイク」としかGainのマッチングが取れないのが難点でしたが、このV72はフロントパネルにツマミ式ゲイントリムが付いており、それを使って+10db~約+35dbまでプリアンプのGainを調節することが出来ます。

これにより、ほとんどのコンデンサーマイクとダイナミックマイクでの使用が可能です。さすがにリボンマイクは若干厳しいですが、プリの後段に1176のようなInput/Outputゲインを調節できるコンプを入れれば、微調節も含めて使用することが出来ます。(むしろこのやり方が普通です)

これらのリキャップ、ModはUK AML社が行っていますので、サウンドに対する信頼性は個人的には世界一だと思います。この改良だけでも$600近いコストが掛かっています。

もちろん、オリジナルのTuckelコネクタに接続するXLRキャノンの入出力と電源コードも付属します。
電源はヨーロッパ220Vでの使用になりますので、必ず国内100Vから220Vに昇圧してお使い下さい。
昇圧トランスをお持ちでない方には、簡易用の100V→220V昇圧トランスも別途でお譲りさせて頂きますので、お手元に届いたその日からすぐに使用できます。

当方も過去数十台のV72を所有してきましたが、今回出品させて頂く個体は購入元の出所と現在のモジュール状態も含め、非常に良いものだと思います。
外部塗装の剥がれや傷、経年の汚れはもちろんありますが、現在もトラブルなく本当に素晴らしい音を聴かせてくれます。

正直に言って、V72に関しては製造年代を考えると「100%絶対に故障しない」とは、残念ながら断言出来ません。
メンテや調整が大切な機器ですので、もし万が一の事が起こった場合には、信頼出来る優秀なメンテナンスエンジニアの方をこちらから責任持って紹介させて頂きます。どうぞその点もご安心下さい。


■最後に... ~本当に満足のいく機材とは~


ここまで当方の商品説明文をお読み頂き、本当にありがとうございます。

マイクプリは「定番はあれど万能はなし」という言葉どおり、あらゆるソースを一台で狙った音に録る事は出来ません。
ご存知の通り、例えオールドニーヴの状態のよいプリ(1073や1081等)を持っていても、それらでAvalonやAPI、Dakingの様なアメリカン・サウンド録る事は出来ませんし、逆もまた然りです。

いわゆる「NEVE系」と呼ばれるアウトボードにはAmek、BrentAveril、FOCUSRITE、Portico、Vintechなど何種類ものメーカー製品がありますが、Telefunkenのサウンドに関しては、未だにこういったヴィンテージの真空管機材を手に入れるしかありません。

正直に打ち明けてしまえば、、私は他にも違うメーカーのマイクプリを使用し、出品もしています。
「クリーン系ならこれ」、「ガッツがあるのはこのプリ」と使い分けが当然ありますが、現在手に入るおよそ全てのマイクプリを使用した経験から、最高のマイクプリをひとつだけ選べと言われれば、迷わずTelefunken/Siemensを選びます。

実際の所、例えばコンディションの良いOld NEVEを手に入れる事は日本ではかなり難しく、また運良く見つかっても異常に高価なコストが掛かります。
それに比べれば、Telefunkenは特筆すべきそのサウンドの割に、なぜか日本ではいまだに「過小評価」されたままの割安な機材だと思います。

いずれにせよ、BEHRINGER、DBX、ART Pro、MACKIE、Presonusといった現行のTubeもどき製品とは一線を画す本物の真空管機材の気品と、唯一無二のSoundを生み出す「Magic(魔法)」がこの機材にはあります。

V72をお探しのスタジオには勿論、自宅等で既に既にクリーン系、Neve系のマイクプリをお持ちのミュージシャン、作家の方にとっても新たなバリエーションを持った本当に音の良い真空管マイクプリを追加する際は、このV72が最適な選択になると思います。

こういった歴史的な機材の実力を知る事自体が大変勉強になりますし、単なる懐古趣味ではなく、現代のマイクプリと比較しても大変優れた機器だと自信を持ってお勧めできます。

勿論、余裕資金を潤沢にお持ちであれば、Old Neveやさらに高額のV76sを探す事も可能です。ですが、コストパフォーマンスを重視しながらも、世界中のエンジニアが愛してやまないプリをご希望ならこのTelefunken V72を選ぶことは最も賢く、満足できる選択肢の一つではないでしょうか。


プロ・アマを問わず、多くの方が限られた時間と予算の中で、より良い音楽製作を目指しています。
目指している理想や満足とは何かが違う…そういった悩みは、時に貴重な経験を与えてくれますが、出来るだけコストを抑えた上で、後悔のない最良の機材を、今すぐ手にして頂きたいのです。

既に他の高級マイクプリをお使いの方はもちろん、楽器店で売っているようなアマチュア向け機材からより大きなステップアップを図りたいとお考えの方に、是非この機材の"音"を聴いて、手に入れることでよりハイクオリティな音楽製作を心ゆくまで楽しんでいただければ幸いです。


当たり前の話ですが、オークションでこの機材を手に入れる事が出来るのは、たった一人の方だけです。
もしこのTELEFUNKEN V72を手に入れる事が出来たなら、どれほど簡単に、伝説のマイクプリサウンドを手にする事が出来ると思いますか。


時間は常に有限です。


是非この機会にあなたの耳で、本物のヴィンテージ真空管プリアンプの実力を聴いて、手に入れて下さい。


それではご入札を心よりお待ちしております。
注意事項◎商品到着後7日間以内に致命的な欠陥、機能の不具合などありましたらもちろん返品・返金にてご対応させて頂きます。

◎スタジオ機器整理の為、他にも稀少で、魅力的な音楽機材を多数出品しております。
同時購入にて送料をお安く出来ますので是非下記のマイブースをご覧になって下さい。

ご注意: 次点落札詐欺、出品者成りすまし詐欺が多発しております。
当方は落札者様と必ず取引ナビ、メール等での入金前に事前の連絡を行っております。
またこちらから携帯アドレスでのお取引や、当方本人の名義でない銀行口座の指定は絶対に行いませんのて、くれぐれもそういった詐欺行為にはご注意下さい。
発送詳細■ゆうパック宅急便 (銀行振込手数料のお支払をお願いします)

■ゆうパックでの商品代金引換・送料着払い(安心です!)
※ゆうぱっく代金引換の場合は、着払い送料とは別に代引き手数料のご負担をお願い致します。

支払い、配送

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • -Yahoo!マネー/預金払い
    • -クレジットカードVISA MASTER JCB DINERS AMEX
    • -インターネットバンキング
    • -ジャパンネット銀行支払い
    • -銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
    • -コンビニ支払い

配送方法

  • 送料負担:落札者
  • 発送元:東京都
  • 海外発送:対応しません
  • 発送方法:
    • ゆうパック