『哲学と情操』  神澤惣一郎著  ライブ刊

未使用
  • 個数
    1
  • 開始日時
    2021.05.06(木)21:35
  • 終了日時
    2021.05.13(木)21:35
  • 自動延長
    あり
  • 早期終了
    あり
  • この商品で使えるクーポンがあります

    利用条件を見る
    現在価格
    350円(税 0 円)
    送料
  • 入札

    閉じる

    Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

    Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

    Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

    配送方法と送料(

    閉じる
    への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)
    配送情報の取得に失敗しました

    送料負担:落札者

    発送元:東京都

    発送までの日数:支払い手続きから1~2日で発送

    海外発送:対応しません

  • 出品者情報

    hayato1015mさん
    総合評価: 318
    良い評価 100%
    出品地域:
    東京都

商品説明

内容
 情操は諸価値に対してヴィヴィッドに反応する心であるから、先ず情によって触発される。しかしその情の深化は、観察と思索がなくては絶対にありえないから、情操は感性と知性の綜合である。情操の深化によって、事物の本質やイデーは人間の心に開示されてくる。
 本書は、第一部は、激動する世界情勢の中で、現代の国家社会や人間性の生き方について考察されており、また古今の人物について論じられている。第二部の論文では哲学の根本問題である存在や自我や心と身体等について考察されている。第三部は、北畠親房と徳川家康についての思想的研究である。親房の「神皇正統記」は草深い常陸の戦陣で不利な戦局の中で書かれたものであり、彼の思索は真率であり、緊迫性と一回性と極限性の中にきらめいている。
また徳川家康は、人間批評について辛辣であった福沢諭吉をして「ただに日本国の一人にあらず、世界古今絶倫無比の英雄である」と言わしめた人である。家康の愛読書であった孟子を通して彼の根本思想を究明している。また秀吉死去から関ヶ原大戦に至るまでの険しい政局の中で家康の思想と行動について論述している。
 
商品仕様
  著者    神澤惣一郎
  発行社   ライブ
  発行年月  199228日 初版
  頁数    445
  定価    5000
 
商品状態
  函付き。未使用の新品です。

支払い、配送

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • -PayPayPayPay
    • -クレジットカードYahoo!カード|Visa|Mastercard|JCB|Diners|American Express
    • -PayPay銀行支払い
    • -銀行振込(振込先:PayPay銀行)
    • -コンビニ支払い
    • -Tポイント

配送方法と送料

  • 送料負担:落札者
  • 発送元:東京都
  • 海外発送:対応しません
  • 発送までの日数:支払い手続きから1~2日で発送
  • 送料: