• 永禄2年 新古今和歌集古筆切【和泉式部、清原深養父の和歌】仙台藩・木村寿禎所蔵品 伝来 古文書 写本 古筆 掛軸 公家 歴史 茶道_画像1
  • 永禄2年 新古今和歌集古筆切【和泉式部、清原深養父の和歌】仙台藩・木村寿禎所蔵品 伝来 古文書 写本 古筆 掛軸 公家 歴史 茶道_画像2
  • 永禄2年 新古今和歌集古筆切【和泉式部、清原深養父の和歌】仙台藩・木村寿禎所蔵品 伝来 古文書 写本 古筆 掛軸 公家 歴史 茶道_画像3
  • 永禄2年 新古今和歌集古筆切【和泉式部、清原深養父の和歌】仙台藩・木村寿禎所蔵品 伝来 古文書 写本 古筆 掛軸 公家 歴史 茶道_画像4
  • 永禄2年 新古今和歌集古筆切【和泉式部、清原深養父の和歌】仙台藩・木村寿禎所蔵品 伝来 古文書 写本 古筆 掛軸 公家 歴史 茶道_画像5
  • 永禄2年 新古今和歌集古筆切【和泉式部、清原深養父の和歌】仙台藩・木村寿禎所蔵品 伝来 古文書 写本 古筆 掛軸 公家 歴史 茶道_画像6
  • 永禄2年 新古今和歌集古筆切【和泉式部、清原深養父の和歌】仙台藩・木村寿禎所蔵品 伝来 古文書 写本 古筆 掛軸 公家 歴史 茶道_画像7
  • 永禄2年 新古今和歌集古筆切【和泉式部、清原深養父の和歌】仙台藩・木村寿禎所蔵品 伝来 古文書 写本 古筆 掛軸 公家 歴史 茶道_画像8
  • 永禄2年 新古今和歌集古筆切【和泉式部、清原深養父の和歌】仙台藩・木村寿禎所蔵品 伝来 古文書 写本 古筆 掛軸 公家 歴史 茶道_画像9

永禄2年 新古今和歌集古筆切【和泉式部、清原深養父の和歌】仙台藩・木村寿禎所蔵品 伝来 古文書 写本 古筆 掛軸 公家 歴史 茶道

匿名配送
  • 現在
    8,000円(税 0 円)

    4人が登録

    送料
    配送方法
    Yahoo!オークション初めての方はログインすると
    (例)価格2,000円
    クーポン利用で

    1,000

    で落札のチャンス!

    いくらで落札できるか確認しよう!

    ログインする
  • 入札

    閉じる

    Yahoo! JAPAN IDがあればすぐできる!!

    Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)

    Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

    配送方法と送料(

    閉じる
    への送料をチェック(※離島は追加送料の場合あり)

    ログインするとYahoo! JAPAN IDに登録中の地域を表示できます。

    この画面で地域を変更しても保存されません。

    配送情報の取得に失敗しました
    送料負担
    落札者
    配送情報
    発送元
    宮城県
    発送開始
    支払い手続きから3~7日で発送
    海外発送
    対応しません
  • 出品者

    室町古美術さん

    100%
    100%
    総合評価: 26
    発送元の地域:
    宮城県
    スピード発送
    この出品者は平均24時間以内に発送しています詳細
  • 商品情報

    カテゴリ
    状態 傷や汚れあり
    個数 1
    返品 返品不可
    自動延長 あり
    早期終了 あり
    入札者評価制限 あり
    入札者認証制限 なし
    開始価格 8,000 円(税 0 円)
    開始日時 2024.07.21(日)00:47
    終了日時 2024.07.27(土)22:40
    オークションID c1133624473
  • 違反商品の申告

商品説明

永禄2年(1559年)に書かれた「新古今和歌集」を出品いたします。
京都の公家の筆跡と似ておりますが、古筆切と一緒に保管されていた花押が誰のものか特定できませんでした。そのため伝承筆者不詳としております。
古筆切が書かれた年号は奥書より判断しております。
古筆上部の落款は、仙台藩の藩医「木村寿禎」のもので、過去に木村寿禎が所蔵したときに押印されました。  



<古筆の状態について>
400年以上前のものですので、虫食い・焼け・黒ずみがございます。古筆切(断簡)は、厚紙に貼付されております。


<古筆の来歴について>
出品している古筆は、江戸時代に仙台藩伊達家に医師として仕えていた木村寿禎が収集し、所蔵していたものです。
所蔵されていたものの多くは、京都の公家(近衛家、鷹司家、九条家、大炊御門家)が書いた古文書でした。
伊達綱村(仙台藩第4代藩主)が近衛基熈を通じて公家の茶道具や古文書を入手したり、京都の公家の娘が伊達家当主に嫁いだ際に嫁入り道具の一つとして古文書を持参したため、仙台藩では公家が書いた書物を多数所蔵しておりました。

その後、一部の古文書は伊達家から仙台藩医の木村寿禎に渡り、木村家で代々受け継がれております。その中から出品しております。


<サイズ>
古筆:縦24.7㎝、横16.5㎝
厚紙:縦29.7㎝、横21㎝


<送付方法等>
・送料は落札者様のご負担で、ゆうパケットポストにて発送いたします。
・古筆はA4サイズのファイルに入れた状態で梱包いたします。
・読み下し文と現代語訳もお付けいたします。

※古筆は、ご使用の端末によって色合いが実物と異なって表示される場合がございます。
※長期保管品となりますので、ご理解いただける方にお願いいたします。


<読み下し文>
忠盛朝臣、かれかれに成(なり)て後、いかゝおも(思)ひけん、 「久しくをとつれぬことをうらめしくや」なとい(言)ひて侍けれは、返事に
前中納言教盛母
ならはねは人のと(訪)はぬもつらからてくやしきに袖はぬ(濡)れけれ(和歌番号1399)

題しらす   皇嘉門院尾張
嘆かしなおも(思)へは人につらかりし此(この)世なからのむく(報)い也(なり)けり(和歌番号1400)

和泉式部
いかにしていかに此(この)世にありへ(経)はかしはしも物をおも(思)はさるへき(和歌番号1401)

深養父
うれしくは忘るゝことも有(ある)なましつらきそなか(長)き形見也(なり)ける(和歌番号1402)


<現代語訳>
忠盛朝臣が、遠ざかりがちになってのち、どのように思ったのでしょうか、「久しく訪れないことを恨めしく思っていることであろうか」などといってよこしましたので、返事に      前中納言教盛母
慣れないので、あなたが訪れてくださらないのも心苦しく思うことはなくて、わたしの身のほどがくやしいので、袖は涙で濡れることです。(和歌番号1399)

題知らず   皇嘉門院尾張
嘆くまいよ。考えてみると、今、人がわたしに薄情であるのは、わたしが人に薄情であった現世のままでの報いなのだ。(和歌番号1400)

和泉式部
どのような方法で、どのようなぐあいにこの世に生きて過ごすならば、しばらくももの思いをしないでいることができるのであろうか。(和歌番号1401)

深養父
あの人の情が深くてうれしいならば、あの人を忘れることもあるにちがいないのに。薄情であることが、長く忘れない思い出の種であることだ。(和歌番号1402)

支払い、配送

支払い方法

  • Yahoo!かんたん決済
    • PayPay残高等
    • PayPayクレジット
    • クレジットカード
      • PayPayカード
      • Visa
      • Mastercard
      • JCB
      • Diners
      • American Express
    • PayPay銀行支払い
    • 銀行振込(振込先:PayPay銀行)
    • コンビニ支払い

配送方法と送料

送料負担
落札者
配送情報
発送元
宮城県
発送開始
支払い手続きから3~7日で発送
海外発送
対応しません
送料